旅する人のニュースサイト From VALVANE にようこそ!
どんな国を、旅してみたいですか…? From VALVANEでは、海外旅行をされる方がもっと旅を楽しめるよう、旅の情報を集めるお手伝いをしたいと思います。

旅を楽しむために、大切なこと…。
海外旅行を楽しむためには、もちろん観光地の見どころや宿泊施設、航空チケットについての情報も大切ですが、From VALVANEでは何より「安全であること」が大切であると考えています。 トルコ、カボチャの種取りを手伝う姉弟。安心出来てこそ、旅は楽しめるものですからね。そしてその上で、「その国、その地域の歴史や文化、習慣について」もっと理解を深めることが出来たら…。旅はもっと楽しくなると思いませんか?
そのためにFrom VALVANEでは、旅行先の安全性やお国柄などが良く現れていると思われるニュースを中心に、ピックアップしていきます。

          人気ブログランキングへ

・ Wikipedia「バクラヴァ」にて、紹介されています。
・ カナダ、バンクーバーの日本語情報雑誌「Oops!」にて、紹介されました。
  http://www.oopsweb.com/2007/focus/new/1b1.htm (ウェブ版)

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- | --:-- | スポンサー広告
イランに女性のためのタクシー会社が出来ます
イランのテヘランでは、女性客を対象とした、運転手が全て女性のタクシー会社が営業を開始する by ロイターイランの首都テヘランにて、画期的なタクシー会社が設立されることになりました。それは『女性のための』タクシー会社。お客が女性限定であるのはもちろん、タクシードライバーも全て女性のタクシー会社です。(photo by ロイター)

ご存知のように、イランはイスラム教の国ですが、そのイスラム教の規則によって、男性と女性はいつも別々に分けられています。それは家庭やモスク(イスラム教の礼拝所)でも同じ。男性と女性は、バスなどの公共の交通機関でも、別々の車両を利用します。しかし、多くの都市を走っている相乗りタクシーでは、女性と男性はしばしばやむを得ず狭苦しい車にいっしょに押しこまれているため、多くのイラン人女性が困惑し、ストレスを感じているそうです。そのための、女性による女性のためのタクシー会社設立。
ムスリマ(女性イスラム教徒)はもちろん、1人旅の女性にも重宝しそうです。

なお、余談ですが、このタクシー会社「婦人安全交通」に勤めるタクシードライバーは全て既婚で、制服を着用するとのことです。また、テヘランではこの「婦人安全交通」が初めてですが、地方都市では既に数年前から、似たようなタクシー会社が出来ているそうです。

【追記】 なお、同じくイスラム教国のサウジアラビアでは、女性の運転は禁じられています。


テヘランでロリータを読む
アーザル ナフィーシー Azar Nafisi
市川 恵里
白水社
イスラーム革命後のイラン、大学を追われたひとりの女性知識人は、
「ロリータ」「グレート・ギャツビー」などの禁じられた小説を読む、女性
だけの読書会を開く。監視社会の恐怖のなか、精神の自由を求めた
衝撃の回想録。(Amazon)


see also.. 「インターネットの敵」13ヶ国
        欧米人観光客を誘致したら報奨金
        預言者ムハンマドのバラ


女性のみのタクシー会社、テヘランで営業開始
イラン・テヘランに、女性のみのタクシー会社が設立される。異性
と車に同乗することを不快に感じる女性客

運転免許不携帯で罰金を科されたサウジアラビア女性
女性が車を運転するのが禁止されているサウジアラビアで、運転
免許の不携帯で罰金の支払いを命じられた女性がいる。
2006.12.17 | 09:49 | 旅人として気になるニュース | Comment (2) Trackback (0)
<<パリに路面電車が復活 | ホーム | 中国、ヨウスコウカワイルカが絶滅>>
コメント
画期的♪
ちょっと気になったのですがドライバーさんの制服は黒い服の下に着ているのでしょうか?
少しでも過ごしやすい環境になってよかったですね。より良い社会に向けてがんばってる女性たちに拍手☆
by:Beijinglotus | URL | 2006.12.17 23:53 [編集] |
Beijinglotusさんへ
制服…。
これはたぶん、参考写真だと思います。地方都市では似たようなサービスが既に始まっているところもあるとのことですので、そちらではないでしょうか。
それにしても、女性が気軽に利用しやすい環境が整ってきたことは、良かったとおもいます。サウジアラビアなど、一部の国では女性の運転自体が認められていませんから。
by:valvane | URL | 2006.12.18 02:11 [編集] |














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://valvane.blog17.fc2.com/tb.php/570-b88d33ab
| ホーム |

  • SEO
  • loading
  • From VALVANE
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。