旅する人のニュースサイト From VALVANE にようこそ!
どんな国を、旅してみたいですか…? From VALVANEでは、海外旅行をされる方がもっと旅を楽しめるよう、旅の情報を集めるお手伝いをしたいと思います。

旅を楽しむために、大切なこと…。
海外旅行を楽しむためには、もちろん観光地の見どころや宿泊施設、航空チケットについての情報も大切ですが、From VALVANEでは何より「安全であること」が大切であると考えています。 トルコ、カボチャの種取りを手伝う姉弟。安心出来てこそ、旅は楽しめるものですからね。そしてその上で、「その国、その地域の歴史や文化、習慣について」もっと理解を深めることが出来たら…。旅はもっと楽しくなると思いませんか?
そのためにFrom VALVANEでは、旅行先の安全性やお国柄などが良く現れていると思われるニュースを中心に、ピックアップしていきます。

          人気ブログランキングへ

・ Wikipedia「バクラヴァ」にて、紹介されています。
・ カナダ、バンクーバーの日本語情報雑誌「Oops!」にて、紹介されました。
  http://www.oopsweb.com/2007/focus/new/1b1.htm (ウェブ版)

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- | --:-- | スポンサー広告
中国、ヨウスコウカワイルカが絶滅
ヨウスコウカワイルカを調べる調査員ら=1997年当時 by CNNヨウスコウカワイルカ、

絶滅――。

また1つ、地球上から生き物が姿を消してしまいました。今回絶滅を宣言されたのは、中国、揚子江に生息する、ヨウスコウカワイルカ。揚子江には2000万年前から生息していたと言われていますが、その歴史は今年、2006年で途切れてしまいました。。 (写真はヨウスコウカワイルカを調べる調査員、1997年当時 by CNN)

ヨウスコウカワイルカは、1980年代には約400頭の個体が確認されていましたが、1997年の調査時に確認できた個体数は、わずか13頭に激減。地元の漁師は、2004年にヨウスコウカワイルカの姿を見たと主張していましたが、生息は不明でした。

そこで今年、中国と海外の科学者30人が6週間をかけ、揚子江を1000kmにわたって調査を実施しました。しかしその結果は、1頭も確認することができなかったのです。

調査隊によると、調査では見つからなかったものの、ヨウスコウカワイルカが揚子江で生息している可能性はまだあります。しかしそれは、ヨウスコウカワイルカが種として存続することができるだけの数ではないため、絶滅宣言に至ったとのことです。

なお、ヨウスコウカワイルカが絶滅に至った原因ですが、調査隊は乱獲と揚子江の水上交通量の増加を挙げています。目がほとんど見えないヨウスコウカワイルカは、超音波を利用して水中で生活していますが、ボートのエンジン音でこの超音波が干渉を受け、エサの摂取に悪影響を与えたと言うのです。

「乱獲」に「エンジン音」…、どちらも人間が原因なんですね。。




中国・揚子江のヨウスコウカワイルカが絶滅
中国の揚子江に生息しているヨウスコウカワイルカが事実上、絶
滅したと、調査を行っていた中国と海外の共同調査隊が
www.cnn.co.jp
2006.12.16 | 22:38 | 世界の動物・植物ニュース | Comment (6) Trackback (1)
<<イランに女性のためのタクシー会社が出来ます | ホーム | オーストラリア、砂漠観光の拠点宿が閉店>>
コメント
非常に・・・
残念な話ですね。
結果論ですが、1997年の時点で保護活動に入ればもう少し事情が変わっていたのかも知れないですよね。
これからはこういうことがないように、
願いたいですね♪
by:Beijinglotus | URL | 2006.12.17 23:48 [編集] |
Beijinglotusさんへ
残念ながら、1997年の時点で、もう13頭にまで減っていたとのことですので、その時では既に遅かったでしょう。せめて400頭いたという、1980年代に保護されていればと思いますが、その頃ではとても、保護活動なんて考えは起きなかったでしょう。今だからこそ、希少動物の保護に動いたわけですが…
「親孝行したいと思ったときには、親はいず」状態ですね。。

スナメリもまた、その1980年代のヨウスコウカワイルカ並に減っているといいます。せめてスナメリだけでも、絶滅することがないよう、手厚く保護されればと思います。
by:valvane | URL | 2006.12.18 01:37 [編集] |
日本も他人ごとではないですよね
今日ニュースでみたのですが、捕獲されたツキノワグマの9割が殺されているそうですね。理由は 人間に危害を与えるから・・・。

このままではヨウスコウカワイルカみたいなことになってしまうのでは?
by:プリシラ | URL | 2006.12.18 15:37 [編集] |
プリシラさんへ
日本人も、簡単に殺しすぎますよね。住宅地に出てきたからって、彼らをそうしたのは、人間の方なのに。
そのうちツキノワグマも姿を消してしまうのではないかと、心配になります。
by:valvane | URL | 2006.12.18 16:28 [編集] |
失礼いたします。
> 管理人様

最近、当方のRSSリーダーが不調で、ようやく今日復帰しました。それで来訪したのですが、数日前の記事である、この一件。拙僧も重大な関心を寄せました。まさに、最後に御指摘になっている、人間の所業によって、イルカが絶滅というのは悲しい話です。今少し、人間以外の生物への目も持っていただきたいですね。確か、中国には「老荘思想」という素晴らしい伝統があったはずですから。
by:tenjin95 | URL | 2006.12.19 14:40 [編集] |
tenjin95さんへ
度々お越しくださいまして、ありがとうございます。
確かヨウスコウカワイルカは、稀少な淡水性のイルカであったと思いますが、それがもう姿を見れなくなってしまったとは、とても悲しいです。
日本でもメダカを始め、いくつもの種が絶滅の危機にさらされていますが、このようなことにならないよう、環境問題をもっと真摯に考えたいですね。
by:valvane | URL | 2006.12.19 21:15 [編集] |














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://valvane.blog17.fc2.com/tb.php/569-284b63ff
淡水イルカのヨウスコウイルカが絶滅?
ヨウスコウイルカ絶滅か 大規模調査でも見つからず(共同通信) - goo ニュースかつて、ニホンオオカミが絶滅したように、トキが絶滅したように、中国でも固有の種の絶滅が起こったようです。中国の長江(揚子江)だけに生息する珍しい淡水イルカのヨウスコウカワイルカ(バ

つらつら日暮らし | 2006.12.19 |

| ホーム |

  • SEO
  • loading
  • From VALVANE
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。