旅する人のニュースサイト From VALVANE にようこそ!
どんな国を、旅してみたいですか…? From VALVANEでは、海外旅行をされる方がもっと旅を楽しめるよう、旅の情報を集めるお手伝いをしたいと思います。

旅を楽しむために、大切なこと…。
海外旅行を楽しむためには、もちろん観光地の見どころや宿泊施設、航空チケットについての情報も大切ですが、From VALVANEでは何より「安全であること」が大切であると考えています。 トルコ、カボチャの種取りを手伝う姉弟。安心出来てこそ、旅は楽しめるものですからね。そしてその上で、「その国、その地域の歴史や文化、習慣について」もっと理解を深めることが出来たら…。旅はもっと楽しくなると思いませんか?
そのためにFrom VALVANEでは、旅行先の安全性やお国柄などが良く現れていると思われるニュースを中心に、ピックアップしていきます。

          人気ブログランキングへ

・ Wikipedia「バクラヴァ」にて、紹介されています。
・ カナダ、バンクーバーの日本語情報雑誌「Oops!」にて、紹介されました。
  http://www.oopsweb.com/2007/focus/new/1b1.htm (ウェブ版)

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- | --:-- | スポンサー広告
イラクの現状は「内戦」、中東は内戦多発の危機
イラク開戦と旧フセイン政権打倒から3年以上が経過しましたが、イラクでは未だにイスラム教の宗教対立から来るテロが横行し、混沌とした日々が続いています。そうした中、「外国の軍隊がいると、それを口実に市民が攻撃の標的にされる。」としてイラク政府は外国の軍隊の撤退を求め、日本の自衛隊も撤退しました。しかしアメリカ軍は… アメリカ軍としてもイラクの警察業務はイラク警察に引き継がせるべく、自立にむけた訓練を急いでいるものの、警官やその家族らを狙った武装勢力の攻撃は後を絶たず、撤退するに撤退出来ない状態です。

「米軍からの支援がありながら、多くの警官が殺害されているのが現状だ。米軍が今撤退したら、警察は崩壊してしまうだろう…


Lonely Planet Jordan (Lonely Planet Jordan)
Bradley Mayhew
Lonely Planet
売り上げランキング: 15269



現在のイラク警察の実情・・
  ※ イラク人警官を狙う武装勢力も多いため、パトロール中は素性が知れぬよう、黒い布で覆面する。夏には、毎日
     1人の割合で警官が死亡した時期もあった。
   ※ 死亡者の身元や死因を組織的に調べ、記録する仕組みは存在しない。殺人事件の捜査が行われたことはほと
     んどなく、容疑者の逮捕も「報復を招く」との理由から、ほとんど執行されない。


こんな状況であることから、国連のアナン事務総長は27日、米ニューヨーク市内の国連本部で記者団に対し、イラクが内戦状態に近いとの認識を示しました。しかしその前日、26日にヨルダンのアブドラ国王が米ABCテレビに語ったところによれば
「中東地域がイラク、レバノン、パレスチナで、同時に三つの内戦の危機に直面している。」 …と、、その「計り知れない危機」の回避には、パレスチナ問題への早急な取り組み強化が不可欠だ、とのことです。


1つの地域で、同時に3つもの内戦が起きたら、、どうなるのでしょう



死の恐怖と隣り合わせの日々——イラク警官
パトロール中は素性が知れぬよう、黒い布で覆面する。眠る
場所は駅の構内、妻と過ごすのは月にわずか数時間――。
www.cnn.co.jp/world/CNN200611280002.html
「イラクはほぼ内戦状態」と国連事務総長
アナン国連事務総長は27日、米ニューヨーク市内の国連本
部で記者団に対し、イラクが内戦状態に近いとの認識を
www.cnn.co.jp/world/CNN200611280006.html
<ヨルダン>アブドラ国王指摘「同時に三つの内戦危機」
ヨルダンのアブドラ国王は26日、米ABCテレビとの会見で、
中東地域がイラク、レバノン、パレスチナで同時に三つの
www.excite.co.jp/News/world/20061127102800/20061127E30.015.html
2006.11.29 | 14:59 | 世界のちょいネタニュース | Comment (4) Trackback (0)
<<エッフェル塔に“六つ星”シェフ | ホーム | 卵黄が赤いアヒルの卵は発ガン物質が豊富>>
コメント
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
by: | | 2006.11.29 21:47 [編集] |
ないしょコメントさんへ
イラク戦争にしても、いえ、もっとその前のアメリカ同時多発テロにしても、
陰謀論はいくらでもあります。しかし、それらはいずれも推測の域を出るもの
ではなく、確かなところは何もありません。
よってこのブログでは、陰謀論までは取り上げないことにしています。
by:valvane | URL | 2006.11.30 04:28 [編集] |
平和をもたらす という名目で始めたのはいいけれど、うまく行かなくなって撤退。
撤退する側は 大金を使った、被害をかえって被った、などと 文句言ってもいいのですが、残されてかきまわされた側にしたら 生活はますます不安定、毎日何が起こるかわからない、で 踏んだり蹴ったりですよね。その責任は誰が取るんでしょうね・・・。

平和をうたうのはいいけれど、始めたことは最後まで責任とろうよ、って 某国の大統領さんに直訴したいくらいです。知人は中東史を大学院で学び、旅行したりしていたので、この現状には心を痛めております。かの地の人たちは 貧しいながらも皆親切だったそうですし、留学生(当然お金持ちや良家の人々だから、というのはあるかもしれませんが)で会った人たちも 心優しい人が多かったように思います。日本もこの戦争に加担したので、 なんとか政情安定に手を貸してあげられたらいいんですけれど・・・。
by:プリシラ | URL | 2006.11.30 11:24 [編集] |
プリシラさんへ
その通りですね。自分の欲望の赴くままに、(戦争反対の声は決して小さい
ものではなかったのに)戦争を始めて、
すぐに片が付くから…と言っておいて、早や3年。
米軍に死者はそんなに出ないだろう…と言っておいて、あれだけの死者。
気が付いてみれば撤退するに撤退できない状態になって、アメリカの国民
からは非難の嵐。
ブッシュさんは、何を得たのでしょう…??
迷惑するのは、生活をかき回されるだけかき回されて、何の保障も未来も
希望ももらえない人たちです。
この戦争は、イラクの人々にも、アメリカ人にも、その他中東地域全体としても
ただただ迷惑なだけでしたね。

by:valvane | URL | 2006.11.30 12:15 [編集] |














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://valvane.blog17.fc2.com/tb.php/550-3eca8ff7
| ホーム |

  • SEO
  • loading
  • From VALVANE
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。