旅する人のニュースサイト From VALVANE にようこそ!
どんな国を、旅してみたいですか…? From VALVANEでは、海外旅行をされる方がもっと旅を楽しめるよう、旅の情報を集めるお手伝いをしたいと思います。

旅を楽しむために、大切なこと…。
海外旅行を楽しむためには、もちろん観光地の見どころや宿泊施設、航空チケットについての情報も大切ですが、From VALVANEでは何より「安全であること」が大切であると考えています。 トルコ、カボチャの種取りを手伝う姉弟。安心出来てこそ、旅は楽しめるものですからね。そしてその上で、「その国、その地域の歴史や文化、習慣について」もっと理解を深めることが出来たら…。旅はもっと楽しくなると思いませんか?
そのためにFrom VALVANEでは、旅行先の安全性やお国柄などが良く現れていると思われるニュースを中心に、ピックアップしていきます。

          人気ブログランキングへ

・ Wikipedia「バクラヴァ」にて、紹介されています。
・ カナダ、バンクーバーの日本語情報雑誌「Oops!」にて、紹介されました。
  http://www.oopsweb.com/2007/focus/new/1b1.htm (ウェブ版)

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- | --:-- | スポンサー広告
狂犬病で日本人死亡、フィリピンで犬に咬まれる
フィリピン滞在中に犬に手を咬まれた男性が、狂犬病を発症し重体」…とのニュースが流れた後、1日も経たずして、それは「狂犬病発病の60歳代男性が死亡」のニュースに取って代わられました。狂犬病は日本では長らく発生しておらず、36年ぶりとのことですが、お気の毒です。ニュースによると男性が犬に咬まれたのは、8月末。その後11月になって帰国し、9日頃に発症したそうですが、その間何も手を打たれなかったのが悔やまれます。

狂犬病は、ワクチンで防げる病気です。
例え狂犬病に罹った犬に咬まれても、すぐに治療を開始すれば発症を防げます。
でも…
狂犬病発症してしまうと、 

     ほぼ100%死亡します…!!


日本では見られなくなった狂犬病ですが、世界の視点で見ると狂犬病を一掃出来た国は珍しく、狂犬病はまだまだ、世界中で発生しています。犬以外の動物からも、狂犬病は感染することがあります。動物に咬まれた場合は、狂犬病のことも念頭に置いて受診しましょう!


ヒトの狂犬病―忘れられた死の病
高山 直秀
時空出版
売り上げランキング: 34234
現在の日本ではみられないが、世界の大部分の地域で発生している
ヒトの狂犬病の現状を、症例を中心に記述。狂犬病の疫学的特徴、
症状、ワクチン接種での予防等を簡潔にまとめ、海外旅行者による
輸入狂犬病
や、ペット等の輸入動物による発生の可能性を示し、
とるべき対策を提言。(Amazon)


狂犬病の話題が出ましたので、ついでに、狂犬病が伝染病による死亡原因のトップになったと言う中国について、まとめておきます。

中国の狂犬病に関するニュースが入ってきたのは、今年の8月上旬。詳しいことは「狂犬病予防で5万匹の犬を撲殺」にまとめてありますが、約360人が犬に咬まれ、うち3人が狂犬病で死亡した、中国・雲南省牟定県で大々的な犬狩りが行われ、わずか5日間で5万匹の犬が狂犬病予防の名目で撲殺されました。中には散歩中に、飼い主の目の前で愛犬を殺されたケースもあったそうです。




そして10月、雲南省を始めとした中国全土での狂犬病の被害の拡大を受けて、首都の北京市でも狂犬病撲滅キャンペーンを開始。犬の登録や狂犬病の予防接種の徹底を図ることになりました。これって、日本では既に当たり前になっていることですが、中国では長年ペット飼育が認められなかったこともあり、ペット飼育に関して遅れていたんですね…。

ところが11月、狂犬病撲滅キャンペーンも第2段階に入り、更に規制が厳しくなると、不満が溢れてきました。それはそうでしょう。中国政府は犬にまで「1人っ子政策」を打ち出してきたのですから…! それまで何も規制がなかったところに、10月になって突然、「規定の期間内に登録しなければならない」「体高35センチ以上の大型犬を飼ってはならない」「一家に1匹までしか犬を飼ってはいけない」と言われ、11月からは違反が見つかると、即没収! しかも、強制収容された犬が「大量に殺処分されている」と報じられては、不安の極致です。

そして11月11日、北京で2000人もの愛犬家による大規模デモが発生…! 「命を尊重せよ、犬の虐殺反対」。こんな標語を掲げた市民約2000人が、中国北京市の北京動物園に集まり、政府が進める狂犬病対策に抗議しました。しかしこれに対して、公安当局は「不法集会」として近くの道路を封鎖、取材していた記者を含む10人以上を連行しました。なお、このデモを報じたのは香港の各紙であり、北京では主要メディアが愛犬家によるデモを黙殺、市民の大半はデモがあったことすら知らないとのことです。


PS
北京市内でデモがあった後、(強制収容された犬が「大量に殺処分されている」と言うのは)「デマだ」との北京市公安当局による声明が報じられました。ただし、北京市公安当局は同時にこうも言っています。「収容犬は7日の間に里親が見つからない場合、国際慣例に従い処分している。」


see also・・
狂犬病予防で5万匹の犬を撲殺
規則違反者は、犬を没収します!
2006.11.18 | 15:22 | 旅人として気になるニュース | Comment (11) Trackback (8)
<<オーストリア、勘違いの多さに嫌気がして国名変更 | ホーム | 中国、ミャオ族のお祭りでは「闘豚」が人気>>
コメント
こめんとありがとうございます
こんばんは。

ご来訪いただきありがとうございます。狂犬病の恐ろしさ、このニュースで改めて認識しました。
中国での状況は読んだことがありましたが。

リンク設定、こちらからもさせていただきました。
今後ともどうぞよろしくお願いいたします。
by:BBR | URL | 2006.11.20 01:30 [編集] |
BBRさんへ
狂犬病は日本では発生しなくなって久しいため、ともすると忘れちゃって
いますからね~。それも恐いところの1つですね。

リンクしていただきまして、ありがとうございました。
こちらこそ、よろしくお願いいたします。
by:valvane | URL | 2006.11.20 03:03 [編集] |
コメントありがとうございます
> 管理人様

コメントありがとうございました。
本当に、恐ろしい病気です。海外では、場所によっては他にも恐ろしい伝染病などがあるでしょうから、知識をもって対処したいですね。

それから、相互リンクのお申し出、ありがとうございます。
当方でもリンクいたしました。よろしくお願いいたします。
by:tenjin95 | URL | 2006.11.20 06:44 [編集] |
リンク設置ありがとうございました
>valvaneさん

>相互リンクしませんか?
コメントありがとうございました。また当ブログへのリンクを設置していただきましたこと、感謝いたします。

早速当方にも『旅する人のニュースサイト』様へのリンクを設置させていただきましたので、ご確認下さい。

今後とも宜しくお願いします。
m(_ _)m
by:只今 | URL | 2006.11.20 08:08 [編集] |
コメントありがとうございます♪
■ tenjin95さんへ

コメント及びリンク、ありがとうございます。こちらこそ、よろしくお願いします。

>他にも恐ろしい伝染病

ありますよ…。よかったら、こちらへどうぞ。i-229

http://valvane.blog17.fc2.com/blog-entry-153.html
http://valvane.blog17.fc2.com/blog-entry-154.html


■ 只今さんへ

リンクありがとうございました。これからもよろしくお願いします。
by:valvane | URL | 2006.11.20 12:00 [編集] |
こんにちわ!
怖い病気があるものですよね。

中国を見ていると、病気より怖いのは、実は人間なのかな、などとも考えてしまいました。
飼い主の前で、飼い犬を撲殺とかひどい話がありますからね・・・。

中国は、ネット規制、情報統制、なんとも厳しい国のようですね。
by:YAN-C | URL | 2006.11.20 13:20 [編集] |
YAN-C さんへ
普段は思い切り忘れかけていますが、中国の共産国家としての側面が
見えたときは、なんとも空恐ろしいものを感じます。

by:valvane | URL | 2006.11.20 20:00 [編集] |
狂犬病
はじめまして。
狂犬病は、いろいろな動物が保持しており、世界中でまだまだ多くの人が亡くなっていることは本当に恐ろしいですね。
多くの人に狂犬病の理解が深まってほしいと思っています。
TBさせて頂きました。
by:frauyamada | URL | 2006.12.05 03:55 [編集] |
frauyamadaさんへ
こんにちわ。コメントとトラックバックを頂き、ありがとうございます。
(frauが付いているのに、「さんへ」で良かったでしょうか…?) i-101

狂犬病は恐いですね。このエントリーを書いた後、医学生(?)の研修で外国(アジア)の病院に行ったときの報告なるものをネットで見つけて読んだのですが、そこでは「咬まれた」ということで狂犬病の予防接種にやってくる人で溢れていた…とか、痙攣が始まった人が、その日のうちに亡くなるのを見た…とか、書いてありました。
どれだけ予防が大切か、、ですよね。

それに、frauyamadaさんがおっしゃる通り、狂犬病は犬だけが持っている病気ではなく、あらゆる哺乳類が感染する恐れがあるものなので、その辺の誤解もされないように、国がしっかり啓蒙していって欲しいですね。
by:valvane | URL | 2006.12.05 04:56 [編集] |
日本にも
山奥に行けば野犬が沢山いますからねー。山菜取りに行った時はお尻に気をつけて。
by:ゴッホ | URL | 2007.03.06 23:41 [編集] |
ゴッホさんへ
そう言えば、もう何年もワラビ採りに行ってないです。。
by:valvane | URL | 2007.03.07 01:00 [編集] |














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://valvane.blog17.fc2.com/tb.php/542-76218b92
京都の男性が狂犬病発症
京都の男性が狂犬病発症 比で感染、1970年以来 厚生労働省は16日、京都市内の60代の男性が狂犬病を発症し、意識不明の重体になっていると発表した。男性は8月、フィリピンで犬に手をかまれて感染、11月1

DANGER | 2006.11.19 |

[狂犬病]感染すると大変なことに
日本ではワクチンが行き渡っていますが、そうでない国もあるようです。[狂犬病]比で犬にかまれ、京都の男性重体 36年ぶり発症(ライブドア・ニュース)(元ニュースはこちら)(記事引用)厚生労働省は16日、京都市の60歳代の男性がフィリピンで犬に...

BBRの雑記帳 | 2006.11.20 |

男性が狂犬病発症 比で感染
京都の男性が狂犬病発症 比で感染、1970年以来(共同通信) - goo ニュース昨夜TVを見ていたら京都の男性が狂犬病で重体だと報道していたどうやらフィリピンで犬に噛まれた為らしい{/hiyoko_thunder/}日本では1970年以来というから爺の子供達は日本で犬に噛まれて

王様の耳はロバの耳 | 2006.11.20 |

狂犬病発病で死亡
狂犬病発病の60歳代男性が死亡、フィリピンで感染(読売新聞) - goo ニュース京都市は17日、フィリピンで8月末に犬にかまれて狂犬病を発病し、意識不明の重体だった同市内の60歳代の男性が同日未明に死亡した、と発表した。 同市などによると、男性は今月1日に帰国し

おつまみ抱き茗荷 | 2006.11.20 |

狂犬病 国内で発病
日本で、狂犬病の発病が確認されました。36年ぶりということです。60歳代の男性がフィリピンで犬に噛まれ、日本に帰国後に発症しました。かまれた直後にワクチンを接種すれば、発病の予防はできたようですが、狂犬病だとは思わなかったようです。8月末ににフィ

SUKIなこと | 2006.11.20 |

狂犬病の恐怖
フィリピンで犬に噛まれた男性が、帰国後狂犬病を発症し、重態に陥っているとのこと。日本人の発症は、1970年にネパールで感染した男性以来36年ぶりとのこと。日本での感染例は1956年以来なく、遠い存在となっていますが

MAC`S GADGET ANNEX | 2006.11.20 |

バンビの救出&狂犬病
今朝、主人とマックスが散歩中、イバラにからまって身動きできずにいるバンビを発見。のんきに歩いていたマックスが、急にその場に座り込み、どうにも動かなくなったので、一心に見つめる方に目を向けると、かわいそうなバンビがいたそうです。救出しようにもイバラの茂みが

プリンストンに暮らす | 2006.12.05 |

フィリピンから帰国した男性が狂犬病を発症 by YouTube
フィリピンから帰国の男性狂犬病発症 by YouTube すっかり、春ですね。ペットを飼っている方にとっては、予防接種のシーズンが始まりました。...

お気に入りYouTube! | 2008.04.12 |

| ホーム |

  • SEO
  • loading
  • From VALVANE
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。