旅する人のニュースサイト From VALVANE にようこそ!
どんな国を、旅してみたいですか…? From VALVANEでは、海外旅行をされる方がもっと旅を楽しめるよう、旅の情報を集めるお手伝いをしたいと思います。

旅を楽しむために、大切なこと…。
海外旅行を楽しむためには、もちろん観光地の見どころや宿泊施設、航空チケットについての情報も大切ですが、From VALVANEでは何より「安全であること」が大切であると考えています。 トルコ、カボチャの種取りを手伝う姉弟。安心出来てこそ、旅は楽しめるものですからね。そしてその上で、「その国、その地域の歴史や文化、習慣について」もっと理解を深めることが出来たら…。旅はもっと楽しくなると思いませんか?
そのためにFrom VALVANEでは、旅行先の安全性やお国柄などが良く現れていると思われるニュースを中心に、ピックアップしていきます。

          人気ブログランキングへ

・ Wikipedia「バクラヴァ」にて、紹介されています。
・ カナダ、バンクーバーの日本語情報雑誌「Oops!」にて、紹介されました。
  http://www.oopsweb.com/2007/focus/new/1b1.htm (ウェブ版)

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- | --:-- | スポンサー広告
最期は「アイルランドの土」に埋めて…
人生の最期は「母国、アイルランドの土に骨を埋めたい」――
こんな願いを叶えようと、アイルランドの起業家2人組、パット・バーク(27)とアラン・ジェンキンズ(65)がアイルランド系アメリカ人を相手に始めた、新しい葬送ビジネスがヒットしているらしいです。

アメリカに住むアイルランド人に、祖国アイルランドの土を…。

    アイルランド、イニシュモア島
                     写真は過去ログ「ナンニモナイ・・(1)」より

今から1世紀以上前、大勢のアイルランド人が飢饉、貧困、失業のためにやむを得ず祖国を捨て、アメリカに移住を果たしました。その大部分が北アメリカに住みつき、現在ではおよそ4000万人のアメリカ人が、自分のルーツはアイルランドにあると主張しています。

そんな在米アイルランド人の会合に出席して、ジェンキンズさんはこの「アイルランドの土をアメリカに運んで販売する」ビジネスを思いついたそうです。
「私は、アイルランド人2世、3世、4世たちが、棺の上に一握りのアイルランドの土を置きたがっていることを発見しました」

もちろん、アイルランドのものかどうかに関わらず、土をアメリカに輸出するには、口蹄疫などの病気や虫などが完全に除去されていなければいけません。そこでバークさんは、なんと!土がアメリカの厳しい輸入規制を通るよう、土の処理法に関する「特許」まで取得しました。

そしてそんな努力も実り…、 「公式」アイルランドの土の第一便、100万ドル(およそ1億1700万円)相当は、無事ニューヨークに運び込まれました。この土は0.75ポンドあたり15ドル(およそ1762円)で販売されるとのことです。

彼らの新しいビジネスは、とあるニューヨークの高齢ビジネスマンの苦悩も、あっさり取り払いました。長年、実際に暮らしたマンハッタンと、祖国アイルランド…、そのどちらで永眠するのか…? それは、10万ドル分の土を注文することで解決しました。

「アイルランドの土に埋まることに決めました。

                ……マンハッタンで」


                              よかったね・・ 両方の願いが叶うことになって・・・ 



なお、このアイルランドの土をアメリカに輸出・販売している「オフィシャル・アイリッシュ・ダート」は、収益の80%をアイルランドおよびアメリカのチャリティに寄付することを約束しています。。



新・葬送ビジネス「アイルランドの土」販売
アイルランドの起業家2人組が、「母国の土に骨を埋めたい」
アイルランド系アメリカ人を相手に土を販売するビジネス
www.excite.co.jp/News/odd/00081162160134.html
2006.11.02 | 12:07 | 旅人でなくても気になるニュース | Comment (4) Trackback (0)
<<ネパールで流行の謎の病気、「脳マラリア」と判明! | ホーム | 巨大かぼちゃの移動>>
コメント
こんにちは。
面白い話ですが、海外にいる私としてはわからなくもない気持でありますね。
by:ま・ここっと | URL | 2006.11.02 18:09 [編集] |
ま・ここっとさんへ
そうですね。海外で暮らす方でしたら、誰もが1度は考える問題だと思います。
日本人だって、国際結婚された方以外にも、昔ブラジルとかに移住していった
方たちがいるのですから、こんなサービスがあってもいいですね。
by:valvane | URL | 2006.11.02 19:49 [編集] |
やっぱりルーツって皆大事なんですね。元々お墓とかにこだわらない自分には、なんとなくぴんと来ないのですが、海外にいる人にとって、故郷って本当に大事なんですねぇ・・・。
by:Priscilla Queen of the Desert | URL | 2006.11.02 20:28 [編集] |
Priscilla Queen of the Desert さんへ
なんだか他人事みたいに言われていますが、Priscilla Queen of the Desert
さんは、あまり気にされない性質なんですね。
その方が気楽でいいと思いますが、まぁ、1日でホームシックに罹るほどではない
にしても、やっぱり最期となると、故郷のことが思い出されるのだと思います。
私も外国住まいを始めたら、たぶんそうでしょうね。。 i-266
by:valvane | URL | 2006.11.02 21:03 [編集] |














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://valvane.blog17.fc2.com/tb.php/526-65c843f2
| ホーム |

  • SEO
  • loading
  • From VALVANE
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。