旅する人のニュースサイト From VALVANE にようこそ!
どんな国を、旅してみたいですか…? From VALVANEでは、海外旅行をされる方がもっと旅を楽しめるよう、旅の情報を集めるお手伝いをしたいと思います。

旅を楽しむために、大切なこと…。
海外旅行を楽しむためには、もちろん観光地の見どころや宿泊施設、航空チケットについての情報も大切ですが、From VALVANEでは何より「安全であること」が大切であると考えています。 トルコ、カボチャの種取りを手伝う姉弟。安心出来てこそ、旅は楽しめるものですからね。そしてその上で、「その国、その地域の歴史や文化、習慣について」もっと理解を深めることが出来たら…。旅はもっと楽しくなると思いませんか?
そのためにFrom VALVANEでは、旅行先の安全性やお国柄などが良く現れていると思われるニュースを中心に、ピックアップしていきます。

          人気ブログランキングへ

・ Wikipedia「バクラヴァ」にて、紹介されています。
・ カナダ、バンクーバーの日本語情報雑誌「Oops!」にて、紹介されました。
  http://www.oopsweb.com/2007/focus/new/1b1.htm (ウェブ版)

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- | --:-- | スポンサー広告
米スターバックスに商標登録妨害容疑
日本でも人気のコーヒーチェーン、「スターバックス」が、今批判の矢面に立たされているそうです。いわく、「エチオピア産コーヒー豆の登録商標申請を妨害している」…と。そうスターバックスを批判しているのは、世界の貧困撲滅を目指すイギリスのNGO組織、オックスファムです。

米スターバックス、登録商標申請を妨害か?! by CNNそのオックスファムによると、

…エチオピアは世界でも有数のコーヒー豆の産地として知られているが、特にシダモ(Sidamo)地方の豆とハラル(Harar)地方の豆は知名度が高く、本来ならエチオピア側は、商標権だけで約5000万ポンド(約112億円)は得られるはずだった。それなのに、この「シダモ」と「ハラル」の登録商標申請を、スターバックスが米国特許商標庁と米国コーヒー協会に圧力をかけて妨害。このため、コーヒー豆生産者らは、より低い価格で取引を強いられている。
                     photo by CNN
とのことです。

当然ながら、スターバックス側は妨害を否定。米国コーヒー協会もスターバックスを擁護し、そのような事実はないとしています。…が、実のところはどうなんでしょう?

エチオピア政府の考え方としては、
「国内で生産される優良なコーヒー豆に、シダモ(Sidamo)、ハラー(Harar)、イルガチェフ(Yirgacheffe)といった商標をつけ、これらの豆の流通を管理し、生産者に対しては、小売り価格中に含まれる「商標権使用料」が支払われるという仕組みを採用。」

それに対して、スターバックスなどアメリカのコーヒーメーカー各社は、
「商標ではなく、(「ボルドーワイン」や「フロリダオレンジ」のように)その土地の銘柄としてコーヒー豆を販売する方が、エチオピアにとっても利益を享受できる」
「その方が、法的に制限のある商標登録よりもはるかに効果的である」

…と言う考え。

どうも一方的に「スターバックスが悪い」ということではなく、エチオピア政府の考え方と、スターバックスを含む米国のコーヒーメーカー各社が加盟する全米コーヒー協会の考え方そのものが違っていて、つまり、、 「スターバックスなどはエチオピアからコーヒー豆を輸入しているものの、支払いについては全く合意を見ていない」ということのようです
私のような者からしてみれば、価格交渉も終わっていない物が輸出入され、世界中で飲まれているなんて、不思議な感じがします。


ちょっとした、「コーヒーブレイク」な話題でした。




米スタバ、エチオピア産コーヒー豆名の登録商標申請を妨害か
米コーヒーチェーン大手のスターバックスが、アフリカ・エ
チオピア産のコーヒー豆の登録商標申請を妨害している 
www.cnn.co.jp
スターバックスに、エチオピア産コーヒー豆の「商標出願」妨害疑惑
開発途上国とのフェアトレード(公正な貿易)を標榜する米コー
ヒーチェーン大手スターバックスに、エチオピア産
www.afpbb.com
2006.10.31 | 20:14 | 世界のちょいネタニュース | Comment (4) Trackback (0)
<<ギリシャが「ウゾ」を勝ち取った! | ホーム | きのう(BlogPet)>>
コメント
大好きな♪
スターバックスのニュースだけに気になりますね。
スタバはコーヒー生産地に対して社会貢献することを
公開しているので信じたいのですが、難しいことになると
大企業なりに優秀な弁護士たちが出ることになるんでしょうね。
エチオピアのコーヒー豆生産者にとっていい方法が取られるといいですね☆
by:Beijinglotus | URL | 2006.10.31 21:36 [編集] |
Beijinglotusさんへ
エチオピアが言うように、商標登録する方が実入りが良い(農家により多く
渡るようになる)のか、アメリカ企業たちが言うように、ただ「銘柄」として
売るほうが法的縛りが少なくて良いのか…
難しいですね。i-227

普通に(?)穿った物の見方をするなら、「大企業が得をしようとしているんじゃ
ないか??」と思えなくもないですが、
…より世界の流通事情に詳しいのも、エチオピア政府じゃなくて、たぶん
アメリカ企業の方でしょうから、本当に「銘柄」止まりにする方がいいのかも
しれません。
なんにせよ、Beijinglotusさんも言われるように、より農家のためになる
方向に向かって行ってくれると良いですね。i-236
by:valvane | URL | 2006.10.31 22:02 [編集] |
ビジネスサイドから物を見ると、アメリカ側の方が利益の出方が均等なんですよね。

農作物だけに、出来不出来があって、万が一、このうちの一つが不出来だった場合、この種類の豆を生産している地域は収入が下がる、という事態になりますが、エチオピアとした場合、全ての豆をミックスして販売すると共に、その中に特別のものがあれば、それだけを強調して販売も可。一般的な均等な収益の見込みと共に、その年に出来のよいものだけをクローズアップして売ることで、更なる利益増加を見込めるのですね。

スターバックスなどの大企業により地域保護をしてもらったコーヒーを飲んだ方が、搾取された農家産のコーヒー豆を使った地元のカフェでコーヒーを飲むより、地域貢献になる・・・という意見もありますね。
by:Priscilla Queen of the Desert | URL | 2006.11.01 12:24 [編集] |
Priscilla Queen of the Desertさんへ
詳しい説明、ありがとうございます!
なるほど、スターバックスなど、アメリカの企業が仕様としているやり方の方が、
利益が均等に出て、農家のためになると考えられるんですね。
by:valvane | URL | 2006.11.01 13:19 [編集] |














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://valvane.blog17.fc2.com/tb.php/523-b1dcf036
| ホーム |

  • SEO
  • loading
  • From VALVANE
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。