旅する人のニュースサイト From VALVANE にようこそ!
どんな国を、旅してみたいですか…? From VALVANEでは、海外旅行をされる方がもっと旅を楽しめるよう、旅の情報を集めるお手伝いをしたいと思います。

旅を楽しむために、大切なこと…。
海外旅行を楽しむためには、もちろん観光地の見どころや宿泊施設、航空チケットについての情報も大切ですが、From VALVANEでは何より「安全であること」が大切であると考えています。 トルコ、カボチャの種取りを手伝う姉弟。安心出来てこそ、旅は楽しめるものですからね。そしてその上で、「その国、その地域の歴史や文化、習慣について」もっと理解を深めることが出来たら…。旅はもっと楽しくなると思いませんか?
そのためにFrom VALVANEでは、旅行先の安全性やお国柄などが良く現れていると思われるニュースを中心に、ピックアップしていきます。

          人気ブログランキングへ

・ Wikipedia「バクラヴァ」にて、紹介されています。
・ カナダ、バンクーバーの日本語情報雑誌「Oops!」にて、紹介されました。
  http://www.oopsweb.com/2007/focus/new/1b1.htm (ウェブ版)

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- | --:-- | スポンサー広告
「フライド・コーラ」新たなる肥満食
新しいファーストフード、「フライド・コーラ」。 
それは、この秋の見本市で初めてお目見えする、アメリカの新しいファーストフード。このお菓子の登場は、アメリカのガソリン消費量、しいては二酸化炭素の排出量を更に増加させるかもしれません。

「フライド・コーラ」の発案者は、アベル・ゴンザレスさん(36)。試行錯誤の上にたどり着いた、この「フライド・コーラ」の作り方は、以下の通り…。
まず、コカ・コーラのシロップにストロベリー・シロップを混ぜ、そこにイチゴを加えた生地を丸めて揚げ、ピンポン玉サイズのドーナツのようにする。それをカップに盛り、コカ・コーラシロップホイップクリーム、シナモンシュガーでトッピング。そして、最後にてっぺんにチェリーを飾って、出来上がり…と。


               フライド・コーラ by ロイター


…うぷ 

誰が食べるんですか、こんなの。。

でも、、

「ゴンザレスさんは、テキサス・ステートフェアで2軒のスタンドを出し、ひとつ4ドル50セント(約532円)のフライド・コーラを24日間で3万5000個も売り上げた。そして「最もクリエイティブな」新作フード賞を受賞した。」


んですよね。。
う~ん、信じられないです~  さすが、アメリカ人… 

ただし、健康に気遣うみなさんはご注意を。「私たちは砂糖を大幅に減らそうとしています。カロリーは比較的少なくなりますが、それでもすごく、すごく甘いです」とゴンザレスさんは言っていますが、「カロリー情報は提示していない」という事が示すものは…


                  【肥満】


の恐れあり、かと思われます。
これが、アメリカ政府を震え上がらせる脅威にならないといいのですがね~。と言うのも、この「フライド・コーラ」のニュースとほぼ同時に、「1960年以降のガソリン消費量の増加の一因に、アメリカ人の肥満が進んでいることがある」、との研究結果が発表されたからです。

発表された論文によると、1960年と比べ、アメリカ人の体重増加によって現在は、毎年9億3800万ガロン(約36億リットル)ものガソリンを余分に消費しているそうです。まだ「体重増加とガソリン消費の増大の関係を裏付ける、具体的な数字は明らかにされていない」とのことですが、重いものを運ぶには、それなりのエネルギーが要るということは、私にも分かります。アメリカ人よ、「フライド・コーラ」は新たな脅威ですぞ…

                                    ダイエットは地球を救う?! 



米国発の新ファーストフード「フライド・コーラ」
今秋、新しいファーストフード「フライド・コーラ」が米国のス
テートフェア(見本市)にお目見えする。
www.excite.co.jp
ガソリン消費増、米国人の肥満が一因と 米研究者
イリノイ大学アーバナシャンペーン校とバージニアコモンウエル
ス大学(VCU)は、1960年以降のガソリン消費
www.cnn.co.jp
2006.10.30 | 19:49 | 世界のおもしろニュース | Comment (4) Trackback (1)
<<きのう(BlogPet) | ホーム | 赤いギネスビール、「ギネス・レッド」誕生>>
コメント
フライド・ダイエット・コーラ
という発想に、彼らのすばらしさを感じました。
by:あーるさん | URL | 2006.10.31 19:15 [編集] |
あーるさんさんへ
マク○ナルドじゃないですけど、これを食べて痩せられるのかどうか、
いや、痩せるところまで行かなくても、太ることはないのか、
実験してみて欲しいですね。
誰かやらないでしょうかね、アメリカ人!
by:valvane | URL | 2006.10.31 20:30 [編集] |
う~むsupersize meみたいですね。
肥満は摂取カロリー>消費カロリーなんですが、甘味も癖になるそうなので、徐々に減らせばいいんでしょうが、こうやって甘味ばかりにこだわってるから痩せないんだわ!とか 勝手に想像しちゃいました。
by:Priscilla Queen of the Desert | URL | 2006.11.01 12:37 [編集] |
Priscilla Queen of the Desert さんへ
私はアメリカに長く暮らせば、痩せられそうです。
だって日本みたいにおいしいお菓子がなくて、どれもこれも甘すぎて
食べられないですもん。i-241

でも、あの甘~~~いのが好き!って方が多い国が、アメリカですが、
あの国の人たちが甘党をやめる気は、さらさらないようですね。
例えそのため、ジェットコースターの座席にお尻をねじり込めなくなった
としても、甘党は辞めない、と。i-232
by:valvane | URL | 2006.11.01 13:33 [編集] |














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://valvane.blog17.fc2.com/tb.php/521-f7cdb2da
コーラを5000リットル飲んだ女が、訴え勝訴
コーラを5000リットル飲んだせいで病気になった! と、コカコーラ相手に訴えた、ロシア人の女性いる(^^; しかも、一応ソレ、勝訴してるんですよ( ̄ω ̄;)!!ロシア人女性によると、キャンペーン賞品を当てたい事もあって、5年間にわたって1日3リ

わくわくスタイル.com | 2006.11.28 |

| ホーム |

  • SEO
  • loading
  • From VALVANE
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。