旅する人のニュースサイト From VALVANE にようこそ!
どんな国を、旅してみたいですか…? From VALVANEでは、海外旅行をされる方がもっと旅を楽しめるよう、旅の情報を集めるお手伝いをしたいと思います。

旅を楽しむために、大切なこと…。
海外旅行を楽しむためには、もちろん観光地の見どころや宿泊施設、航空チケットについての情報も大切ですが、From VALVANEでは何より「安全であること」が大切であると考えています。 トルコ、カボチャの種取りを手伝う姉弟。安心出来てこそ、旅は楽しめるものですからね。そしてその上で、「その国、その地域の歴史や文化、習慣について」もっと理解を深めることが出来たら…。旅はもっと楽しくなると思いませんか?
そのためにFrom VALVANEでは、旅行先の安全性やお国柄などが良く現れていると思われるニュースを中心に、ピックアップしていきます。

          人気ブログランキングへ

・ Wikipedia「バクラヴァ」にて、紹介されています。
・ カナダ、バンクーバーの日本語情報雑誌「Oops!」にて、紹介されました。
  http://www.oopsweb.com/2007/focus/new/1b1.htm (ウェブ版)

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- | --:-- | スポンサー広告
デング熱による死者が急増、インド
先日、建て直しを計ろうとしているアウランガバードについて書いたばかりのインドですが、ひょっとすると“武装集団よりも恐いもの”に襲われるかもしれません インド保健省が23日明らかにしたところによると、インドでは22日までに、デングウィルスを持つに刺されて感染するデング熱で、少なくとも125人が死亡し、患者数は7100人に上っているとのことです。


            担架で運ばれるデング熱患者 by 時事
               担架で運ばれるデング熱患者 by 時事

特にニューデリーとその周辺州で酷く、患者数は2051人と、これまでで最悪となっているとのことですが、更に気をつけないといけないのが、同じく蚊が感染を媒介するチクングンヤ熱で、こちらの患者数も1665人に達しています。

…が、世界保健機関(WHO)のウェブサイトでは、もっとすごい話

「世界保健機関(WHO)のウェブサイトには、チクングンヤ熱の疑いのある患者は

 125万人以上 …との報告がインドから寄せられている。」


インド旅行を計画されている方は、お気を付けて…。 



デング熱で少なくとも125人が死亡=インド
インド保健省が23日明らかにしたところによると、同国では
22日までに、デングウイルスを持つ蚊に刺されて
www.excite.co.jp/News/world/20061023170650/JijiAfp_AFP009228.html
デング熱
今年は蚊の異常多量発生が指摘されおり、デング熱等が大
流行することが懸念されています。在インド日本国大使館
www1.odn.ne.jp/sendai-keneki/t_dengue.html
天然成分利用の「防虫シャツ」、パラグアイで開発
南米パラグアイで、シャツ製造企業を経営する若い起業家
が、伝染病を媒介する可能性のある蚊などに対し
www.cnn.co.jp/fringe/CNN200610190017.html
2006.10.23 | 23:57 | 旅人として気になるニュース | Comment (1) Trackback (0)
<<女性の海水浴を禁止、ソマリア | ホーム | インドで「ピンク色の町」計画>>
コメント
承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
by: | | 2010.07.21 03:49 [編集] |














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://valvane.blog17.fc2.com/tb.php/509-f80f6e6e
| ホーム |

  • SEO
  • loading
  • From VALVANE
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。