旅する人のニュースサイト From VALVANE にようこそ!
どんな国を、旅してみたいですか…? From VALVANEでは、海外旅行をされる方がもっと旅を楽しめるよう、旅の情報を集めるお手伝いをしたいと思います。

旅を楽しむために、大切なこと…。
海外旅行を楽しむためには、もちろん観光地の見どころや宿泊施設、航空チケットについての情報も大切ですが、From VALVANEでは何より「安全であること」が大切であると考えています。 トルコ、カボチャの種取りを手伝う姉弟。安心出来てこそ、旅は楽しめるものですからね。そしてその上で、「その国、その地域の歴史や文化、習慣について」もっと理解を深めることが出来たら…。旅はもっと楽しくなると思いませんか?
そのためにFrom VALVANEでは、旅行先の安全性やお国柄などが良く現れていると思われるニュースを中心に、ピックアップしていきます。

          人気ブログランキングへ

・ Wikipedia「バクラヴァ」にて、紹介されています。
・ カナダ、バンクーバーの日本語情報雑誌「Oops!」にて、紹介されました。
  http://www.oopsweb.com/2007/focus/new/1b1.htm (ウェブ版)

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- | --:-- | スポンサー広告
「鬼ごっこ」を禁じて子供は成長するのか?
怪我をされたら困るから、“鬼ごっこ”は禁止――。

子供が学校で怪我をしたら、それは学校の責任なのか、それとも親の責任なのか…? 怪我に限らずいろいろなことで、日本でもしばしば、同様の議論が起きています。が、その度にうんざりさせられるばかり…。誰のせいということではなく、もっと子供の「成長したい」という本能的な気持ちを大事にしてあげることの方が大事なんじゃないかと、常々思っています。

そんな、アメリカのニュース。マサチューセッツ州アトルボロ市内にあるウィレット小学校は、児童が休み時間に監督者がいない場所で、鬼ごっこやタッチフットボールなど身体接触がある遊びをすることを禁止することにしました。


おにごっこするものよっといで
開 仁志著
明治図書出版 (2002.5)
通常2-3日以内に発送します。
友達を追いかけたり、逆に追いかけられるダイナミックさを
そのままに、現代風にアレンジし、今の子供達のイメージ
にできるだけ近づけて作った新作鬼ごっこ集。リサイクル
おに、なぞなぞ探偵、プールおに等作品多数。



万が一児童が負傷した場合、学校側の責任が問われるから…というのが理由ですが、先生の監督なしには“鬼ごっこ”すら出来ない学校なんて…。こんな学校が、楽しいでしょうか? 

こうした【鬼ごっこ禁止】は、ワイオミング州シャイアンやワシントン州スポーケン、カリフォルニア州チャールストンでも広がっていて、「子供の生活が、細かいところまで管理されるのは不幸なこと。子供は鬼ごっこなどを通じて社会性を身につける。」との感想を漏らす保護者もいる一方で、「子供の怪我が少なくなる。」として、こうした遊びの禁止を歓迎している保護者もいるとのことです。こうした辺りも、日本とアメリカ…、まったく同じように悩んでいると言えますが、これを読まれたあなたは、どう思われたでしょうか…?


…ちなみに、少々話がずれますが、すっかり不正ソフトウェアとして、現代に定着してしまった「トロイの木馬」。本来はギリシア神話のトロイア戦争において、ギリシャ勢がトロイ(トルコの1都市)を陥落させる決め手となった装置ですが、トルコのトロイ遺跡にて、そのレプリカが展示されています。ところで、このレプリカ…、検索してみるとレプリカの木馬から顔を出した写真を掲載しているサイトも多いという事は、今は再びOKになったのかもしれませんが、「乗り込み禁止」になって観光客をがっかりさせたことがありました。

理由は「危ないから」、…と言うか、「また訴えられると困るから」。

…日本人観光ツアー御一行様が、トロイ遺跡を見学にやって来ましたが、その際におじいちゃんが足を滑らし、木馬に登るはしごから落ちてしまいました。幸い、おじいちゃんは足の骨を折った(?)だけで済んだのですが、…とは言え、特に高齢者が足の骨を折るなんて、一大事! おじいちゃんは保険に加入していたので、保険金が支払われましたが、保険会社は当然のごとく、トロイ遺跡を管理しているところを訴えました。そんなわけで、トロイ遺跡を管理している側は賠償に応じましたが、…ここで問題発生。
トルコの物価と日本の物価は、あまりに違いすぎた… 

結局どのように折り合いを付けたのかまでは知りませんが、この1件が理由となって、トロイの木馬(のレプリカ)に登ることは禁止されてしまいました。。 おじいちゃんは悪くないし、保険会社が請求するのも当然だと思いますが、…なんか悲しいです。今はまた、登れるようになっているんでしょうか? ご存知の方がいらっしゃいましたら、ご一報を。 



米マサチューセッツ州の小学校、鬼ごっこ禁止
米ボストン南方のマサチューセッツ州アトルボロ市内にあるウィ
レット小学校は、児童が休み時間に
www.cnn.co.jp
2006.10.20 | 13:59 | 旅人でなくても気になるニュース | Comment (3) Trackback (0)
<<インドで「ピンク色の町」計画 | ホーム | 介助犬、飼い主を助けるも猫を救出中に死亡>>
コメント
開で大きい

開で大きい

子供とかします
Ricottaが、開で広い学校とか追いかけられる
開で広いマサチューセッツなど追いかけられる
Ricottaは、広い日本をイメージすればよかった?
by:BlogPetのRicotta | URL | 2006.10.21 15:01 [編集] |
お久しぶりです☆
少し落ち着いたのでまた遊びに来ました!
私も小学校1年のとき学校の滑り台から落ちて足の骨にヒビが入ったことが・・i-229。でも滑り台を「滑り台」として遊んでいたわけではなかったので・・・・自業自得。。
確かに痛かったし、先生や親に迷惑をかけましたけど、自分のせいだと分っていたし、
今となってみれば一つの武勇伝??みたいな・・i-230

心配なのは分りますが、何もかもを監視したからといって、根本的な解決にはならないような・・・。怪我するときは見張ってても怪我しますし・・・・。
それならば自由に遊ばせてあげたほうが、子供のためだと思うんですけどね~
by:chinatsu | URL | 2006.10.22 04:34 [編集] |
chinatsuさんへ
こんにちわ。コンサートは、盛況だったようですね。
おめでとうございます!

ところでchinatsuさんも、なかなかやんちゃ姫だったんですね~。
こういう私も、古井戸の側に生えている大きな椿の木から飛び降りる遊び
なんて、やっていましたが。i-277
井戸と言っても、長年に渡って椿の落ち葉が積もり積もっていますので、
深さは2mくらいしかないんです。しかも石組みだから、簡単によじ登れる…と。

子供って、(自分のことですが)親が見ていないところでいろんなことをして
いますけど、けっこうその中で学ぶことも多いと思うんですよね。
だから私も、むやみやたらと禁止するのは好きじゃないです。i-235

by:valvane | URL | 2006.10.22 13:00 [編集] |














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://valvane.blog17.fc2.com/tb.php/506-05e6e11d
| ホーム |

  • SEO
  • loading
  • From VALVANE
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。