旅する人のニュースサイト From VALVANE にようこそ!
どんな国を、旅してみたいですか…? From VALVANEでは、海外旅行をされる方がもっと旅を楽しめるよう、旅の情報を集めるお手伝いをしたいと思います。

旅を楽しむために、大切なこと…。
海外旅行を楽しむためには、もちろん観光地の見どころや宿泊施設、航空チケットについての情報も大切ですが、From VALVANEでは何より「安全であること」が大切であると考えています。 トルコ、カボチャの種取りを手伝う姉弟。安心出来てこそ、旅は楽しめるものですからね。そしてその上で、「その国、その地域の歴史や文化、習慣について」もっと理解を深めることが出来たら…。旅はもっと楽しくなると思いませんか?
そのためにFrom VALVANEでは、旅行先の安全性やお国柄などが良く現れていると思われるニュースを中心に、ピックアップしていきます。

          人気ブログランキングへ

・ Wikipedia「バクラヴァ」にて、紹介されています。
・ カナダ、バンクーバーの日本語情報雑誌「Oops!」にて、紹介されました。
  http://www.oopsweb.com/2007/focus/new/1b1.htm (ウェブ版)

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- | --:-- | スポンサー広告
反プーチン派のジャーナリスト、相次いで殺害される
今月7日、、プーチン政権への批判で知られるロシアのジャーナリスト、アンナ・ポリトコフスカヤ氏が、自宅アパートの建物内で射殺されているのが見つかりました。エレベーターから降りる際に殺害されたようで、エレベーター内で、ピストルと弾丸4発を発見したとのことです。


プーチン政権批判で知られるロシアのジャーナリスト、アンナ・ポリトコフスカヤ氏が射殺されているのが見つかった。by ロイター10月7日、プーチン政権批判で知られるロシアのジャーナリスト、アンナ・ポリトコフスカヤ氏が射殺されているのが見つかった。
写真は2002年10月、米ニューヨークで開かれた国際女性メディア財団の表彰式に出席したポリトコフスカヤ氏。 by ロイター

12日夜には日本でも追悼集会が開かれ、「事件はロシア一国の問題ではなく、民主主義の基礎をなす自由な言論活動への重大な挑戦であり、世界的な問題だ」との声明が読み上げられた。参加者は献花などしてポリトコフスカヤさんの非業の死を悼んだ。 by 時事通信 

この殺害されたポリトコフスカヤ氏ですが、ロシア南部チェチェン共和国などでのプーチン政権による人権侵害(ロシア連邦軍による住民虐待)を取材し、数々の賞を受賞モスクワ劇場占拠事件では、チェチェン独立派武装勢力の犯人グループとロシア当局の交渉を仲介するなど国際的な評価も高い人物で、そのためか以前にも、北オセチア学校占拠事件を取材するために乗った航空機内で紅茶を飲んで意識不明になった(毒殺未遂?)ことがありました。

そんな恐ろしい過去があったわけですが…、更に今は、ポリトコフスカヤ氏が勤める独立系ノーバヤ・ガゼタ紙の新聞社のムラトフ編集長によると、
「チェチェン問題の記事を近く掲載する予定」
になっていたとか… 

そんなこともあって、副編集長は、「職業上の理由で殺されたのではないか。他に動機は考えられない」と言っているのですが…、そりゃあそうでしょうねぇ…
ロシアでは今回のポリトコフスカヤ氏の件以外にも、ジャーナリストの殺害事件が90年代から続発している)とのことで、…恐すぎます;;


…って書いて終わりにしようと思っていたのですが、

タス通信重役、自宅で刺殺   

「ロシアのタス通信は16日、同社経営担当役員、アナトーリ・ウォローニン氏(55)が同日、モスクワ市内の自宅アパートの部屋で刺殺されたと報じた。同氏の運転手が発見し、遺体には多くの刃物傷があったという。(略)」 (毎日新聞)


プーチニズム 報道されないロシアの現実
アンナ・ポリトコフスカヤ 鍛原 多惠子
NHK出版
売り上げランキング: 3,373
おすすめ度の平均: 5
5 現在進行形のジェノサイドの一つ
5 旧KGBと旧ノーメンクラツーラと新旧マフィアの支配体制:汚職と賄賂の非現実的な現実世界





see also
 ・ 暴走する露民族主義、アムネスティが警鐘
 ・ ロシアで『市民密告法』が復活

プーチン政権批判で知られるロシアのジャーナリスト、射殺される
ロシア警察によると、プーチン政権への批判で知られるロシ
アのジャーナリスト、アンナ・ポリトコフスカヤ氏が
headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20061008-00000296-reu-int
ロシア:反プーチンの著名女性記者、自宅アパートで射殺
ロシアのチェチェン紛争問題でプーチン政権の弾圧策を批判
してきた著名な女性記者、アンナ・ポリトコフスカヤさん 
www.mainichi-msn.co.jp/today/news/20061008k0000m030123000c.html
<ロシア>タス通信重役、自宅で刺殺
ロシアのタス通信は16日、同社経営担当役員、アナトーリ・
ウォローニン氏(55)が同日、モスクワ市内の自宅アパート
www.excite.co.jp/News/world/20061016234500/20061017M30.161.html
2006.10.17 | 21:32 | 旅人でなくても気になるニュース | Comment (6) Trackback (0)
<<韓国でニセ招集メールが出回る | ホーム | Minutes(BlogPet)>>
コメント
先月ロシアに行ったときも、改革派の銀行マンが暗殺されたってニュースが流れてました。急激な経済発展に対してシステムも人も追い付いていないといった感じでしょうか。
観光ビザ発給条件ももっと簡単にしてくれたら、もっと安く旅ができるようになって、もっと日本の個人旅行者も行くんだろうなと思います。
by:toshiki | URL | 2006.10.18 23:50 [編集] |
toshikiさんへ
え? 先月って…、ロシア行かれていたんですか。
全然気づいていませんでした;; i-229
それにしても、toshikiさんは東欧が似合う方なんですね~ って、
理由はないですが、なぜか勝手に思っています。
ポーランドとかの写真が、すごく印象に残ったからでしょうか…。
ロシアのビザ発給条件って、今も招待状が必要という事ですか?
それは面倒ですよね~!
ロシアもいろんな西洋資本の店が進出しているみたいで、だいぶ
変わったのかなというイメージがあるのですが、…まだまだなんでしょうか?
私もいつかは行ってみたいのですが(バイカル湖が見たい♪)。

by:valvane | URL | 2006.10.19 01:36 [編集] |
やっぱり怖い...
ですね、ロシア><
やっぱ元あれの長官は駄目ですな...。ロシアンマフィアかなんかに
頼んだのではなかろうかと勘ぐってしまいます。ロシア人のかつての
同僚からロシアのいろいろな嫌な情報を聞いているので、こういう
話を聞くと、やっぱ怖い国だロシアだって思います...。
フィンランドはロシアの隣だった(((( ;゜Д゜)))ガクガクブルブル ((((
by:まーらいおん | URL | 2006.10.19 19:58 [編集] |
まーらいおんさんへ
はい、元アレの長官殿が大統領なんてやっているんですから、恐いです。
もう、何でもアリなんでしょうね。。
まーらいおんさん、お仕事はほどほどにして、頑張りすぎないでくださいね。
あんまり優秀だと、秘密都市に拉致&幽閉されますよ~;;

by:valvane | URL | 2006.10.19 21:00 [編集] |
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
by: | | 2006.10.23 14:14 [編集] |
ないしょコメントさんへ
>ここがなんとなく一番かな?

はは…;; 「言論弾圧同士」ですね;; i-229
でも…? そんな守秘義務に触れるようなこと、書かれていましたっけ??
様子などは書かれていましたが、それだって個人等を特定できるようには
なっていませんでしたし、そんな、ものすごく詳しく書かれていたわけじゃないですし…e-263 
それなのに、それらはともかく、関係ないお料理の話やらルビーちゃんの話やら、
映画の話まで【削除ぉっ!!】ですか?!
それ、ちょっと無茶すぎ…。 i-230
そんなの、そこまで削除する必要ないですよ。ほっとけば~?i-179 i-1
って、…もう削除されちゃったんですね。もったいない!
そこは閉めるにしても、関係ない記事は新しいブログに移植しちゃうテもあったのに。。
また再開される日を、お待ちしていますね。

by:valvane | URL | 2006.10.25 09:54 [編集] |














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://valvane.blog17.fc2.com/tb.php/503-c3445951
| ホーム |

  • SEO
  • loading
  • From VALVANE
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。