旅する人のニュースサイト From VALVANE にようこそ!
どんな国を、旅してみたいですか…? From VALVANEでは、海外旅行をされる方がもっと旅を楽しめるよう、旅の情報を集めるお手伝いをしたいと思います。

旅を楽しむために、大切なこと…。
海外旅行を楽しむためには、もちろん観光地の見どころや宿泊施設、航空チケットについての情報も大切ですが、From VALVANEでは何より「安全であること」が大切であると考えています。 トルコ、カボチャの種取りを手伝う姉弟。安心出来てこそ、旅は楽しめるものですからね。そしてその上で、「その国、その地域の歴史や文化、習慣について」もっと理解を深めることが出来たら…。旅はもっと楽しくなると思いませんか?
そのためにFrom VALVANEでは、旅行先の安全性やお国柄などが良く現れていると思われるニュースを中心に、ピックアップしていきます。

          人気ブログランキングへ

・ Wikipedia「バクラヴァ」にて、紹介されています。
・ カナダ、バンクーバーの日本語情報雑誌「Oops!」にて、紹介されました。
  http://www.oopsweb.com/2007/focus/new/1b1.htm (ウェブ版)

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- | --:-- | スポンサー広告
自然の脅威
「ハリケーンでニューオーリンズの町が沈んだ」ことから、なんとなく連想で思い出しました。
今日はまた、トルコからです。なんて言う島だったか、忘れてしまいましたが;; f(^_^;)
(ケコワ島だったとわかりました。ありがとうございました!)

泊まった島で手漕ぎボートを借りて、目的の小島に接近…。
水はご覧のとおり、すごく透き通っていて、恐いくらいです。
その海の中に、何かありますね。

地震で沈んだ村1

もう少しわかりやすそうなのを…

地震で沈んだ村2

これらが何だか、わかりました? (^_^)
そう、【石造りの家】の跡です。
ここ、かつては人が住んでいたのですが、今はもう誰も住んでいません。
いつ頃だったのか、、昔、大地震があって、その時の地殻変動で沈んでしまったそうです。

アトランティスではありませんが、地震で村が沈むということが、本当にあるんだな…と
驚きました。

地震で沈んだ村3

ちなみに、ここへの交通機関はありません。。
トルコ南西部の町から、私が泊まった島までの、【公共の交通機関】はないんです。
そこに住んでいる人が自分で所有している船か、ツアー会社の日帰りツアー用の船だけです。
私はツアー会社と交渉して、日帰りツアーで寄るこの島で途中下船し、翌日やって来る
船で拾ってもらえるようにしましたが。

泊まった島からこの小島までも、船は出ていません。
だから、手漕ぎボートをレンタル。(^_^;)

そして、言っておかなければならない、重大なことですが、
「これらの写真、すべて【望遠で】撮っています。」
実はここ、おもしろ半分でやってきて、「貴重な歴史の跡」を壊していく輩がいるそうで、
そのため「接近を禁止」されているのです。
「潜る」ことも禁止なので、ひそかに狙っていた水中写真を撮る計画も、泡となって消えました。。
監視のために、ライフル持ったお兄さんが配備されているそうですので、くれぐれもご注意を。


【追記】
ここに来たいがために参加した「日帰りツアー」ですが、それはツアー専用の船で近くの島々
を回って帰ってくる…というものでした。
「途中何ヶ所か、泳げるところに寄りますので、水着を着込んでおいてくださいね~♪」と言って
いたので、ビーチに寄ってくれるんだな…と思っていたのですが、…違った!!(>_<)
小さな島と島の間に停泊したと思うと、「さ、どぉぞ~♪」(^o^)/
え? こんなところで?? ビーチじゃないの~?!
…と、うろたえる私を尻目に、他の参加者さんみんな、ドッボ~ン!!
…飛び込んでおりました。(-_-;)
実は、泳ぎは大の苦手な私。。 溺れることはないですが、限りなく「泳げない」に近いです。
ビーチでのんびり、適当に時間を潰して…と思っていた私には、どびっくりでした。
ただでさえ泳げるとは言いがたいレベルなのに、ここは足が着かないところ。
しかも水がきれいすぎて…底がはっきり見える!(T_T)
たぶん、、水深は7mくらい。それが底まではっきり見えるものだから、恐さ倍増です。
なかなか飛び込めずにいた私ですが、、そこはさすがツアー会社さん。バナナボートを用意して
いました。
このままじっとしていてももったいないですし、何人かといっしょに、バナナボートに乗りました。
何度かカーブを曲がりそこねて、海に放り出されましたが、楽しかったです。(^_^;)

トルコ、海の中に建つ家   旅猫写真館




2005.09.07 | 07:35 | valvane流、旅の思い出話 | Comment (4) Trackback (1)
<<善玉ウィルス? | ホーム | 9月になりましたね… (BlogPet)>>
コメント
その島の名前は・・・
初めまして~フランスのマココットさんのところから来ました。

偶然トルコのエントリーを拝見し、「あっ、ここへ私も行ったことがある!」って思いました。その島は、「ケコーバ」という名前だったような記憶があります。

当時トルコ在住の日本女性と一緒に行き、船をチャーターして見に行きましたが、まさに
↑の画像のような光景でした。
by:ミネママ | URL | 2005.09.11 01:55 [編集] |
ミネママさんへ
いらっしゃいませ♪ 情報、どうもありがとうございました!
そう、ここは「ケコワ(kekova)」ですv-237
http://www.jp-tr.com/icerik/travel/antalya/ant_oren.html

ミネママさんも、ケコワにいらっしゃったんですね。
あまり日本人で行く方は少ないと思っていましたが、そこはさすが、トルコ在住のお友達が
ご存知だったんですね。v-411
あの辺りのきれいさは、格別ですもんね~!
またよろしかったら、そのときのこと教えてくださいね♪
by:ガナッシュ | URL | 2005.09.11 03:33 [編集] |
こんにちは!
ここ行ってみたかったんですe-265
短期滞在の私にはナカナカ行く機会がなく・・・
いいなぁ~。行ったんですねぇ~~。

それにしても綺麗ですねv-353
潜って、中から見てみたい!!・・・けど近づけないんですね。残念e-263
by:SuuSuu | URL | 2005.09.11 16:09 [編集] |
SuuSuuさんへ
SuuSuuさんも、ここをご存知だったんですね!
なぁんだ、意外と知っている方多いのかもしれませんね。(ここで会った方は、日本人なんて
みかけない、と言ってたけど。)
よかったですよ~! e-266 最高♪
ぜひまた行ける機会がありましたら、行ってみてくださいね。v-411

泊まれるところはない、と言われていますが、…私、普通に泊まれたし??
でも、泊まれるところはそこ1軒だけのようでしたので、やはりそういう意味でも、あんまり
メジャーにはなって欲しくなかったりして?!v-403

水中遺跡と言えば、、水中遺跡と言えるのかどうかわかりませんが、パムッカレ(トルコ)
の石灰棚の「上」地区にあるモーテルもおすすめですよ~e-266e-266
「モーテル」とは(通常とは違う意味で)名ばかりの、どう見ても「ホテル」(やや高め)ですが。
聞いたことがあるかと思いますが、このホテルのウリは、【遺跡プール】です♪
水がもっと、普通にきれいだったらなぁ;; というケチは付きますが、ここも素晴らしかったですよ。v-415

(このプールもかな~り深いので、泳ぎが苦手な私にはちょっと恐かったですが;;)
(と、こうやって宣伝しておいて…ですが、私はこのモーテルには泊まっておりませんです。
えへ♪v-397
by:ガナッシュ | URL | 2005.09.11 21:14 [編集] |














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://valvane.blog17.fc2.com/tb.php/49-41a7f0f8
トルコ、海の中に建つ家
初めから海の中に建っていたわけじゃない。

旅猫写真館 | 2007.01.13 |

| ホーム |

  • SEO
  • loading
  • From VALVANE
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。