旅する人のニュースサイト From VALVANE にようこそ!
どんな国を、旅してみたいですか…? From VALVANEでは、海外旅行をされる方がもっと旅を楽しめるよう、旅の情報を集めるお手伝いをしたいと思います。

旅を楽しむために、大切なこと…。
海外旅行を楽しむためには、もちろん観光地の見どころや宿泊施設、航空チケットについての情報も大切ですが、From VALVANEでは何より「安全であること」が大切であると考えています。 トルコ、カボチャの種取りを手伝う姉弟。安心出来てこそ、旅は楽しめるものですからね。そしてその上で、「その国、その地域の歴史や文化、習慣について」もっと理解を深めることが出来たら…。旅はもっと楽しくなると思いませんか?
そのためにFrom VALVANEでは、旅行先の安全性やお国柄などが良く現れていると思われるニュースを中心に、ピックアップしていきます。

          人気ブログランキングへ

・ Wikipedia「バクラヴァ」にて、紹介されています。
・ カナダ、バンクーバーの日本語情報雑誌「Oops!」にて、紹介されました。
  http://www.oopsweb.com/2007/focus/new/1b1.htm (ウェブ版)

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- | --:-- | スポンサー広告
キシリトール、犬には危険
犬を飼われているみなさん、愛犬にどんなおやつをあげていますか? 今って犬用のケーキやクッキーまであって、更に犬向けアイスクリームショップまで出来るほどの「I LOVE 」な世の中ですが、だからこそ気になるニュースを見つけてしまいました。。

「甘味料キシリトール、犬には危険」――。


HAND MADE DOGおやつ本―手作りで楽しむ愛犬のおやつと小もの
尾崎 ゆみ 新関 仁
雄鶏社
売り上げランキング: 46,814
おすすめ度の平均: 4.55
5 超カワイイ!
4 犬も飼い主もHAPPY
5 簡単で安全!



犬でも人間でも、大量の糖分を取ると体に良くないのはわかりきったことですが、だから気を遣って、愛犬のおやつには砂糖入りのものではなく、キシリトール入りのおやつをあげている方もいるかもしれません。でも、それは止めた方が良さそうです。と言うのも、キシリトールは犬の肝臓に障害を起こす可能性があるとわかったからです。

これを発表したのは、米獣医学協会(AVMA)。米獣医学協会によると、犬はキシリトールを少量でも摂取すると大量のインシュリンを放出し、その結果血糖値が下がり、命に危険が生じるとのことです…  
それも、ほんのわずかな量で!
報告書を共同執筆したグワルトニー・ブラント氏によると、更なる研究が必要ということではありますが、「体重10キロの犬が1グラムキシリトールを消費した場合でも治療が必要になる」と言っていますので、…キシリトールは控えた方がいいかもしれません。。

   ※ ここで問題になっているのは、「犬にとってのキシリトール」です。人間にとっての話では
      ありませんので、念のため…。



甘味料キシリトール、犬には危険
シュガーレスの菓子類に広く使用されている人工甘味料
キシリトールが、犬の肝臓に障害を起こす可能性が
today.reuters.co.jp/news/
2006.10.01 | 15:57 | 世界の動物・植物ニュース | Comment (0) Trackback (0)
<<売春や密輸も「国内総生産」のうち? | ホーム | どっちの方がスゴイ? DVD摘発犬 VS 携帯電話摘発犬>>
コメント














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://valvane.blog17.fc2.com/tb.php/487-d929ad4f
| ホーム |

  • SEO
  • loading
  • From VALVANE
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。