旅する人のニュースサイト From VALVANE にようこそ!
どんな国を、旅してみたいですか…? From VALVANEでは、海外旅行をされる方がもっと旅を楽しめるよう、旅の情報を集めるお手伝いをしたいと思います。

旅を楽しむために、大切なこと…。
海外旅行を楽しむためには、もちろん観光地の見どころや宿泊施設、航空チケットについての情報も大切ですが、From VALVANEでは何より「安全であること」が大切であると考えています。 トルコ、カボチャの種取りを手伝う姉弟。安心出来てこそ、旅は楽しめるものですからね。そしてその上で、「その国、その地域の歴史や文化、習慣について」もっと理解を深めることが出来たら…。旅はもっと楽しくなると思いませんか?
そのためにFrom VALVANEでは、旅行先の安全性やお国柄などが良く現れていると思われるニュースを中心に、ピックアップしていきます。

          人気ブログランキングへ

・ Wikipedia「バクラヴァ」にて、紹介されています。
・ カナダ、バンクーバーの日本語情報雑誌「Oops!」にて、紹介されました。
  http://www.oopsweb.com/2007/focus/new/1b1.htm (ウェブ版)

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- | --:-- | スポンサー広告
タイのクーデター、国王が承認
タイのクーデターを主導し、首相代行となったソンティ陸軍司令官 by CNNタイでクーデターが起きたと聞いたときは、驚きました。タイには至って平和なイメージがあったのですが、実はこのクーデターの原因となった【タクシン首相】と言う人、けっこうあくどいことをしていたんですねぇ…。  ← よく知らなかったヒト 

やれ「クーデター」だ、「渡航の延期を勧告します」だと聞いていたときは、これからどうなるんだろうと思いましたが、…バンコク市内は、わりと落ち着いている様子?                          タイのクーデターを主導し、首相代行となった
                                            ソンティ陸軍司令官 by CNN


20日にはプミポン国王 が、無血クーデターを主導したイスラム教徒のソンティ陸軍司令官と面会し、その後のテレビで声明を発表、今回のクーデターとソンティ司令官を承認したことを明らかにしました。 


クーデター後、道路を封鎖するタイ兵士ら by CNN市民の方も、タイの首都バンコク市内では20日午後、陸軍本部前に約500人が集まり、「タクシンは出て行け」とシュプレヒコールを叫びながら軍への支持を表明。兵士に花を渡す姿も、多く見られたようです。まだ戒厳令が敷かれたままになっているなど、ピリピリムードではあるようですが、首相代行となったソンティ司令官は、早期の文民政権復帰と1年以内の総選挙実施を約束しており、タイが落ち着きを取り戻すのは、そう遠くないことのようです。タイにはプーケット島やバリ島と言った、日本人にも人気の観光地がたくさんありますし、ちょっと安心と言ったところでしょうか。

ところで、元首相で現失業者タクシン首相とは、どんな人だったのでしょう…?

陸軍がクーデターに踏み切った背景には、タクシン政権の金権体質や首相の強権手法への反発がある。

今年1月には、一族が支配する通信会社による733億バーツ(約2300億円)の不正株取引疑惑が明らかになるなど批判が高まり、首相に辞任を求める大規模デモがバンコクで頻繁に行われるようになった。

また、11月にやり直し総選挙が行われた場合、首相陣営が地方票を集め勝利する公算が大きく、「憲法を超越した権力を持った人物が立憲政治に混乱を起こしている」と、君主制批判とも取れる発言を繰り返している首相を放置できないとする意見が広がっていた。  (読売新聞)


現在、アメリカやオーストラリア、日本、ニュージーランド、マレーシアなどが「クーデターが起きたことは残念。政治的なことは選挙で解決すべきだった。」と、クーデターを非難しています。しかし、権力者が金やコネで票を集めることが出来る状態だとしたら…? もう選挙では変えられません。だからこそ、自身も大変なのに、国民はクーデターを支持し、国王も承認したのだと思います。



タイクーデター、国王が承認 選挙は1年以内
タイのプミポン国王は20日、19日夜に無血クーデターを
主導したイスラム教徒のソンティ陸軍司令官と面会した。
www.cnn.co.jp/world/CNN200609210003.html
タイのタクシン政権崩壊、金権に強い批判
タクシン首相(57)の進退を巡り、政治危機が続いていた
タイで19日に起きたクーデターで、陸軍スポークスマン
www.yomiuri.co.jp/world/news/20060920i107.htm?from=main1
2006.09.21 | 22:28 | 旅人として気になるニュース | Comment (4) Trackback (0)
<<泥棒撃退グッズ | ホーム | 兵馬俑の陶器の軍隊に新兵が入隊>>
コメント
私もびっくり
私もこのクーデターにはびっくりしました。
タイってそういうものとは縁がない国だと思っていましたから。。。
でも腐敗した政治を止めるには致し方なかったのかもしれませんね。
いつも平和的に出来ればそれに越したことはありませんが、
valvaneさんのおっしゃるように選挙の結果が変えられないとしたら。。。
今後のタイの動きに注目ですね。
by:まーらいおん | URL | 2006.09.22 06:07 [編集] |
まーらいおんさんへ
市民生活は、ほぼ元通りに戻ったみたいですね。(早い!)
クーデターに対する反応は、北部と南部で別れているようですが、
概ね良好のようです。
このまま、無事に次回総選挙まで行ってくれると良いのですが。i-179

by:valvane | URL | 2006.09.23 02:55 [編集] |
なるほど・・・
タイのクーデターの裏側にはそういう事情があったのですか~。
クーデターと聞いて「えっ!なんと物騒な・・・」と思ったんですが、国民の皆から支持されている国王が承認して全てがすぐに沈静化し、追い出された首相も笑いながらコメントを出すという状況がなんだか信じられませんでした。
ニュースを見ても(まあ海外ネタに関してはいつもそうだけれど)全く理解できなかったのにvalvaneさんのブログで全て納得♪
ありがとうございました!!
日本もこういう無血クーデターはありえるのかな・・・・?
by:バリエ | URL | 2006.09.23 23:14 [編集] |
バリエさんへ
私は1つ理解できないことがあると、延々と立ち止まって考え込んでしまう
タイプなもので、、 こんなブログになってしまうんですね。
こんなものでも役に立ってくれれば、うれしいです。

by:valvane | URL | 2006.09.24 22:16 [編集] |














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://valvane.blog17.fc2.com/tb.php/478-2641c5e4
| ホーム |

  • SEO
  • loading
  • From VALVANE
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。