旅する人のニュースサイト From VALVANE にようこそ!
どんな国を、旅してみたいですか…? From VALVANEでは、海外旅行をされる方がもっと旅を楽しめるよう、旅の情報を集めるお手伝いをしたいと思います。

旅を楽しむために、大切なこと…。
海外旅行を楽しむためには、もちろん観光地の見どころや宿泊施設、航空チケットについての情報も大切ですが、From VALVANEでは何より「安全であること」が大切であると考えています。 トルコ、カボチャの種取りを手伝う姉弟。安心出来てこそ、旅は楽しめるものですからね。そしてその上で、「その国、その地域の歴史や文化、習慣について」もっと理解を深めることが出来たら…。旅はもっと楽しくなると思いませんか?
そのためにFrom VALVANEでは、旅行先の安全性やお国柄などが良く現れていると思われるニュースを中心に、ピックアップしていきます。

          人気ブログランキングへ

・ Wikipedia「バクラヴァ」にて、紹介されています。
・ カナダ、バンクーバーの日本語情報雑誌「Oops!」にて、紹介されました。
  http://www.oopsweb.com/2007/focus/new/1b1.htm (ウェブ版)

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- | --:-- | スポンサー広告
パスポートも持たずにザルツブルクに行った話
いろんな国を旅して回るのが好きな私ですが、旅の道中にはいろいろなことがあります。なにしろ、どこもかしこも見たこともない、経験したこともないことばかりですから、旅の思い出はハプニングの宝庫です。その中でもオーストリアのザルツブルクに行ったことは、なかなか忘れられない思い出となっています。だって、パスポートもガイドブックも持たずに行ったのですから…。

あ、これはその時の、ホーエンザルツブルク城です。 

ホーエンザルツブルク城 1



それはドイツ、ミュンヘンに滞在中のこと…。私はフランスの語学学校で知り合った日本人の女の子と、休暇旅行中でした。そしてこのときはミュンヘンを中心に、ミュンヘンから日帰りでノイシュバンシュタイン城に行こうとしていました。そう、あの白鳥城として日本人にも大人気の、“ノイシュバンシュタイン城に”行こうとしていたのです。

私たちは前日のうちにトーマスクック(電車の時刻表ね)でノイシュバンシュタイン城に行くべく、電車の時刻を確かめ、その日もしっかり、余裕を持って駅のホームに着きました。すぐに電光掲示板を、確認。トーマスクックに出ていた時刻、行き先…、合っています。その電車に間違いありません! 私たちは、意気揚々と乗り込みました。
今日は、ノイシュバンシュタイン城に行くので~す!

…しかし? 電車が走り始めて30分。ちょっとした疑惑が…。
たぶん、ですが、ノイシュバンシュタイン城に行く道中は、私の聞きかじり情報に間違いがなければ、「緑の丘」をえんえんと見続けることになるはず…。
あら? なんか、違います?? いえ、そんなことないはずなんですけど~ 


ホーエンザルツブルク城 2

 

それだけでは確信が持てませんので、トーマスクックを開きました。トーマスクックを見れば、大まかにどんな駅を通過していくか、どの駅で停車するか、載っていますから。でも私たちが乗っていた電車はインターシティ(だったと思う)なので、なかなか停車しません。窓の外をあっという間に通り過ぎていくホームの駅名を読むのは至難の業で…、事の次第が判明したのは、出発から1時間あまり経ってからのこと。
予感は大当たり! 電車は違う方向へ向かっていましたー!! 


どうも、同じ駅同じ時刻に、同じホームの両端っこから、行き先の違う2本の電車が出ていたみたいです。。 
どーしよー と頭を抱え込んだ私たちでしたが、既に予定の出発時間から1時間半。戻るにしても、1時間半かかります。合計3時間のロスですね。
それは痛い…! と思った私が、ふとひらめいて… トーマスクックで確かめると、、
行き先、 「ザルツブルク」   ← 町自体が世界遺産

 
お? いいんじゃないの? 
ザルツブルクならどんな見どころがあるかくらい、知ってるし♪
 

幸いにも、私たちは2人ともユーレイルパスを使っていましたので、切符のことなら何も問題ありません。どんなに長距離乗ろうと、予定と行き先が違っていようと、国を超えようと…! 

後はパスポートの問題だけですが…、今日は国境を越える予定ではありませんでしたので 、ユースホステルに預けっぱなしです。持っていません。でも…、
なんとかなるもんですねぇ!

ドキドキしながら通り過ぎた国境の駅では、何もなく…、大丈夫なのかとほっとしたのも束の間、到着したザルツブルクの駅では、しっかりパスポートの提示を求められました。だけど恐る恐る、本当はこちらに来る予定ではなかったこと、電車を間違えたらしいこと、時間がもったいないので、そのままこちらに来たこと、パスポートはユースホステルに預けっぱなしであること…と伝えると、呆れた様子でしたが、まぁ、いいや…と、通してくれました。帰りには声掛けてくれたら、通してあげるよ、と。

そんなわけで予定外でしたが、「ザルツブルク観光」楽しんで参りました

                           おわり♪

ホーエンザルツブルク城 3


                   ホーエンザルツブルク城からの眺め



2006.09.01 | 15:34 | valvane流、旅の思い出話 | Comment (2) Trackback (0)
<<漁夫の利(オーストラリアの場合) | ホーム | ルイ・ヴィトン、世界遺産をレンタル>>
コメント
それは大変でしたね( ̄- ̄;
おいらもミュンヘンからノイシュバンシュタイン城に行きましたが、確かに電車の止まっているホームは、前後に分かれていたような....。チェコとかでもたまにありましたね( ̄- ̄;
しかし、ザルツブルグ観光できて不幸中の幸い!?(笑)
これが、プラハ行きだったりしたら(昼中は直行はなかったと思いますが)パスポート必ずいりましたもんね。実際に、ドイツからチェコに入るときに、パスポートをホテルに忘れただかというイギリス人がいて、やっぱり戻らさせられていました(^-^ ;)
by:まーらいおん | URL | 2006.09.01 21:55 [編集] |
まーらいおんさんへ
まーらいおんさんも、ミュンヘンからノイシュバンシュタイン城に行かれたんですね!
私もこの翌日に、改めて行ってきました~♪

本当に、プラハ行きだったらどうしようもなかったですね。あちらはハッキリと「ビザ」
が要りますもんね;; i-229
そのまんますぐ行っても入国させてもらえるかどうか怪しいのに、パスポートなし
じゃあ… 無理ですね、絶対。
(短期滞在なら)ビザの要らない、オーストリアで良かったです~!
融通を利かせてくれたおじさんにも、感謝!!

by:valvane | URL | 2006.09.01 23:21 [編集] |














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://valvane.blog17.fc2.com/tb.php/451-bb0547ac
| ホーム |

  • SEO
  • loading
  • From VALVANE
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。