旅する人のニュースサイト From VALVANE にようこそ!
どんな国を、旅してみたいですか…? From VALVANEでは、海外旅行をされる方がもっと旅を楽しめるよう、旅の情報を集めるお手伝いをしたいと思います。

旅を楽しむために、大切なこと…。
海外旅行を楽しむためには、もちろん観光地の見どころや宿泊施設、航空チケットについての情報も大切ですが、From VALVANEでは何より「安全であること」が大切であると考えています。 トルコ、カボチャの種取りを手伝う姉弟。安心出来てこそ、旅は楽しめるものですからね。そしてその上で、「その国、その地域の歴史や文化、習慣について」もっと理解を深めることが出来たら…。旅はもっと楽しくなると思いませんか?
そのためにFrom VALVANEでは、旅行先の安全性やお国柄などが良く現れていると思われるニュースを中心に、ピックアップしていきます。

          人気ブログランキングへ

・ Wikipedia「バクラヴァ」にて、紹介されています。
・ カナダ、バンクーバーの日本語情報雑誌「Oops!」にて、紹介されました。
  http://www.oopsweb.com/2007/focus/new/1b1.htm (ウェブ版)

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- | --:-- | スポンサー広告
警察をレンタルしよう?!
セルビア・モンテネグロ(モンテネグロは、住民投票により独立が決定している。)のセルビア政府は、8月から警官や、警察が保有する馬、警察犬、ヘリコプターなどを一般人、企業に「貸し出す」制度を始めました。警察の、「新たな財政手段 」とのことです。


                セルビアの警察官 by ロイター

官報で公表された値段表によると、現金輸送やイベント警備などに警官1人を借りた場合、料金は1時間で300ディナール(約522円)。
その他、警察馬 は1日2400ディナール、警察犬 は1日1800ディナール、ヘリコプターは(タイプによって価格差があるものの)1時間あたり4万5000ディナール(約7万8300円)~でレンタル出来るようになります。(上限14万ディナール)

さてさてさて、、 これってどうなんでしょう 

「警官をレンタル」、なかなか良いかもしれません。

1時間が300ディナール、約522円と言うことは、5時間で2610円。日本からの旅行者にとっては、出せない金額ではありません。半日ツアーくらいの金額でしょうか? だったら、、 ガイド代わりに雇って、ガイドしてもらうのも手かもしれません。警官ならではの融通が利いたり、おもしろい話が聞けるかもしれません。もし宿などで同行者を募ることが出来たら、パトカーもレンタルしちゃいましょう♪ 2人以上で使うなら、タクシーやレンタカーよりも安いかもしれません。しかも、渋滞知らず…  

まぁ、それは置いておいても、まじめな話、本当に良いかもしれません。と言うのも、このセルビアと言うところ、あまり治安状態が良いとは言えないようですので。。

●コソボ
    :「渡航の延期をおすすめします。」(滞在者のうち、事情の許す
     方については退避をおすすめします。)(継続)
●コソボ東部隣接地域(メドベジャ、ブヤノバツ、プレシェボ)
    :「渡航の是非を検討してください。」(継続:一部地域変更)

1.概況
(1) セルビア・モンテネグロでは、モンテネグロの独立により、セルビア共和国とモンテネグロ共和国へと体制が変更されておりますが、両共和国とも、治安状況に影響は見受けられません。ただし、現在、国連の暫定統治下にあるコソボにおいては、アルバニア系住民がセルビア共和国からの独立を目指しており、中には過激な行動に出る者もおります。

(2) コソボにおいてはセルビア系、アルバニア系両住民間の対立は解消されておらず、散発的に事件が発生するなど不安定な状態が続いており、何らかの事件に巻き込まれる可能性も否定できません。

(3) 現在、コソボの将来の地位に関する政治プロセスが国連主導の下で行われていますが、政治プロセスの進捗状況により治安状況が変化することも否定できません。また、アルバニア系住民の中には即時かつ無条件独立を主張し過激な行動に出る者もおり、民兵組織の存在も確認されていますので、今後の情勢には十分注意が必要です。

                         「海外安全ホームページ(外務省)」より 


渡航情報が出ているのは、コソボ自治州に関してのみですが、1ヶ所でも「延期勧告」が出ている地方がある国と言うのは、やはり治安の悪さが心配です。渡航計画がある方は、どうぞお気をつけて。



警察のレンタルサービス、セルビアでスタート
護衛を頼みたい、または、週末にヘリコプターを用意してほ
しい、などと考えているセルビア国民は今後、それらを
www.excite.co.jp/News/odd/00081155433497.html
警官、犬、ヘリ、何でも貸します——セルビア警察
セルビア・モンテネグロのセルビア政府は8月から、同国警
官、警察が保持する馬、犬、ヘリコプターなどを一般人
www.cnn.co.jp/fringe/CNN200608120011.html
2006.08.15 | 12:41 | 旅人として気になるニュース | Comment (6) Trackback (0)
<<なぜ小泉参拝批判と結びつける? | ホーム | 北京オリンピックの競技ロゴマーク発表>>
コメント
「おい、待てってばっ!」

「ちょっと離してよ!」

「なんで俺の話を聞いてくれねーんだよ!」

「聞くも何も、じゃあ部屋に居たあの女は誰よ!」

「だから、あれは会社の。。。


こんばんはmです。
夏の終わりを告げるラマダンが始まりました。
セルビアいいねー、逆にガイドにもなりそうっすね。
スペインでこの制度をやって欲しいと心から思うよ。

その値段で

おつかれっす
by:m | URL | 2006.08.16 00:40 [編集] |
mさんへ
今日も旅先からですか? いつもありがとうございますi-178
セルビアの警官レンタル、「この値段で」ってのがポイントですね。
その値段で、他の国でもやってくれたらいいのに。i-278

by:valvane | URL | 2006.08.16 00:54 [編集] |
日本なら
申し込めば誰でもタダでレンタルできますよ。
by:ゴッホ | URL | 2007.03.07 00:08 [編集] |
ゴッホさんへ
花火大会とか、人気アーティストのライブでもない限り、日本の警察はレンタル出来ないのでは…?
by:valvane | URL | 2007.03.07 01:22 [編集] |
公安は
出来るんだなぁ~それが!
誰かに狙われてる時に思い出して下さい。
by:ゴッホ | URL | 2007.03.07 02:21 [編集] |
ゴッホさんへ
桶川の事件の時は、全然動かなかったですね。
by:valvane | URL | 2007.03.08 03:34 [編集] |














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://valvane.blog17.fc2.com/tb.php/431-46bd8aee
| ホーム |

  • SEO
  • loading
  • From VALVANE
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。