旅する人のニュースサイト From VALVANE にようこそ!
どんな国を、旅してみたいですか…? From VALVANEでは、海外旅行をされる方がもっと旅を楽しめるよう、旅の情報を集めるお手伝いをしたいと思います。

旅を楽しむために、大切なこと…。
海外旅行を楽しむためには、もちろん観光地の見どころや宿泊施設、航空チケットについての情報も大切ですが、From VALVANEでは何より「安全であること」が大切であると考えています。 トルコ、カボチャの種取りを手伝う姉弟。安心出来てこそ、旅は楽しめるものですからね。そしてその上で、「その国、その地域の歴史や文化、習慣について」もっと理解を深めることが出来たら…。旅はもっと楽しくなると思いませんか?
そのためにFrom VALVANEでは、旅行先の安全性やお国柄などが良く現れていると思われるニュースを中心に、ピックアップしていきます。

          人気ブログランキングへ

・ Wikipedia「バクラヴァ」にて、紹介されています。
・ カナダ、バンクーバーの日本語情報雑誌「Oops!」にて、紹介されました。
  http://www.oopsweb.com/2007/focus/new/1b1.htm (ウェブ版)

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- | --:-- | スポンサー広告
社会主義体験はいかが?
16年前、このままずっと続くのかと思われた東西ドイツを隔てる壁が壊され、東ドイツは終焉を迎えました。それから16年、壊された「ベルリンの壁」の欠片を記念に持ち去る人や、観光客相手に売る人のおかげで(?)、今や外国人が探し求める「ベルリンの壁」は残りわずか。社会主義時代の悪夢から逃れたいとの旧東ドイツ市民の思いから、東の象徴が次々と消えゆく中、東ドイツの生活を紹介する初の「東ドイツ博物館」が7月、ベルリンにオープンしました。しかも「東ドイツの時代を総合的に体験できる首都唯一の場所」として人気上昇中で、7月の開館後わずか3週間で、入館者数が1万人に達したとのことです。     

             ベルリンの東ドイツ博物館
           東ドイツ博物館内の1室。東ドイツ時代の典型的なリビングルームを再現したもの。
             ニュースサイトのスライドショーページにリンクしています。


なお、東ドイツ博物館「DDR Museum」の「DDR」とは、「German Democratic Republic(ドイツ民主主義共和国)」のドイツ語名称の略です。

DDR-Museum Berlin
Opening hours                 Anna-Louisa-Karsch-Str. 9, D-10178 Berlin
Monday - Sunday 10am till 8pm       Phone: +49 (0)30/847 123 73-0
Saturday 10 am till 10 pm           Fax: +49 (0)30/847 123 73-9
                            post@ddr-museum.de


【追記】 ハンガリーとルーマニアにも、素敵な博物館・素敵なホテルがあります。

・ 「恐怖の館」 よーなぽとinハンガリー より
    ハンガリーの共産主義時代の、恐怖政治に関する歴史についての博物館。
・ 「ホテルから見る歴史」 ルーマニアに行こう!Let's go to Romania! より
    首都ブカレスト中心にある、インターコンチネンタルホテル。 実は、チャクセスク時代
    (1965-89)に各国要人が宿泊、もちろん監視の目が隅々まで… のホテルだったのです。




社会主義体験はいかが ベルリンに初の東独博物館
16年前に消滅した東ドイツの生活を紹介する初の「東ドイ
ツ博物館」が7月、ベルリンにオープンし、東の時代を
news.goo.ne.jp/news/kyodo/kokusai/20060809/20060809a3720.html
Museum Offers 'Ostalgic' Look at East Germany
Berlin already has no shortage of landmarks to the
former Communist East Germany. There's the tourist
service.spiegel.de/cache/international/0,1518,427579,00.html
2006.08.14 | 16:04 | 世界の観光地・遺跡ニュース | Comment (4) Trackback (1)
<<北京オリンピックの競技ロゴマーク発表 | ホーム | 13kgの巨猫が捨てられた(BlogPet)>>
コメント
な・・・・なにこのステキな施設は!!
もしかして、一部屋一部屋に盗聴器がしかけてるとか??
そして共産主義に反したら憲兵とか来てさらわれたりとか、511キンダーハイムあったりとか?三日三晩くらいなら監禁されてみたいです。
by:あんぬ | URL | 2006.08.15 08:08 [編集] |
あんぬさんへ
反応してくださいまして、ありがとうございます。
実は今回、少々手抜きでございまして… あまりきちんと英文ニュースや
博物館のサイトは読んでおりません。i-229
ざっと流し読んだだけですので、どうだったか覚えていないのですが、
盗聴器くらいはあったと思います。
と、いろんな方に協力・提供してもらった、社会主義時代のおもちゃの
コレクションもご自慢のようでした。
まだ出来立ての博物館ですので、内容はさほどでもないようですが、これから
どんどん充実していくものと思われます。ベルリンに行かれた際は、ぜひ! i-278
ご報告お待ちしております。

by:valvane | URL | 2006.08.15 10:01 [編集] |
これはいってみたいですね。
TBありがとうございます!
東ベルリンの様子、わたしも小説や人から聞いたり
実際ドイツでも私はいつもベルリンばかりいっているので(+ポツダム)
ここはぜひ次に行ってみたいと思います!
by:go2rumania | URL | 2006.08.15 15:00 [編集] |
go2rumaniaさんへ
ベルリン、そんなによく行かれるんですか。
それじゃあ、なおさら次回行かれる時は、ぜひ!
レポートお待ちしています♪ e-277

by:valvane | URL | 2006.08.15 15:20 [編集] |














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://valvane.blog17.fc2.com/tb.php/429-55c063e9
-
管理人の承認後に表示されます

| 2013.12.19 |

| ホーム |

  • SEO
  • loading
  • From VALVANE
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。