旅する人のニュースサイト From VALVANE にようこそ!
どんな国を、旅してみたいですか…? From VALVANEでは、海外旅行をされる方がもっと旅を楽しめるよう、旅の情報を集めるお手伝いをしたいと思います。

旅を楽しむために、大切なこと…。
海外旅行を楽しむためには、もちろん観光地の見どころや宿泊施設、航空チケットについての情報も大切ですが、From VALVANEでは何より「安全であること」が大切であると考えています。 トルコ、カボチャの種取りを手伝う姉弟。安心出来てこそ、旅は楽しめるものですからね。そしてその上で、「その国、その地域の歴史や文化、習慣について」もっと理解を深めることが出来たら…。旅はもっと楽しくなると思いませんか?
そのためにFrom VALVANEでは、旅行先の安全性やお国柄などが良く現れていると思われるニュースを中心に、ピックアップしていきます。

          人気ブログランキングへ

・ Wikipedia「バクラヴァ」にて、紹介されています。
・ カナダ、バンクーバーの日本語情報雑誌「Oops!」にて、紹介されました。
  http://www.oopsweb.com/2007/focus/new/1b1.htm (ウェブ版)

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- | --:-- | スポンサー広告
ニューデリーの警備猿
インドの車内警備猿インド、ニューデリーでは、警備員ならぬ“警備猿”が活躍中――。

本当か嘘か、信じがたいようですが、本当にニューデリーの地下鉄では猿が雇われているそうです。事の発端は今年6月、地下鉄チャウリ・バザール駅で猿が1匹車両に入り込み、乗客を睨み、威嚇して怖がらせたことから。(なお、このときの“ならず猿”は、3駅先のシビルラインズ駅で「下車」した。 ) そこでニューデリー首都圏鉄道は、「二度とそのような事態が起こってはならない。」と、「警備猿」を雇うに至ったのです。

雇っている猿の種類は、ラングール。生後3カ月から「警戒」などの特別訓練を受けたオナガザル科のラングールで、性質の悪い仲間が出没する路線で車内に目を光らせる任務に就いています。 しかしこれがなかなか効果的で(?)、ラングールの用心棒が登場してからは、一切、近付いていないとか…。ちなみにラングールの警備代は6900ルピー(約1万7250円)ですが、猿ではなく飼育者に支払われているとか。警備業は1種の派遣業だから、と言うことなのでしょうか? その後ちゃんと、猿たちにお給料は支給されているんですよね … 

なお、警備猿は、国会議事堂や政府関係施設でも雇われています。




車内警備の「サル」登場 仲間の乱入、乗客威嚇受け
野生ともみられるサルが列車内に乱入、乗客を脅かすなどの
事態に困惑していたニューデリー首都圏鉄道が、「警備」
www.cnn.co.jp/fringe/CNN200608030028.html
サルをもってサルを制す
泥棒を捕まえるのには泥棒が必要というけど、インド・デリ
ーの地下鉄は、車両に乗り込んで乗客に悪さをするサルを
www.excite.co.jp/News/odd/00081154638203.html
2006.08.13 | 11:20 | 世界の動物・植物ニュース | Comment (2) Trackback (0)
<<13kgの巨猫が捨てられた(BlogPet) | ホーム | 英航空機爆破テロ発覚で空港大混雑>>
コメント
さすが、インド
真剣にこんなことするなんて・・・。余裕があるのか、単に変なのか?
インド人って奥深いですね。
こんなことで奥深い、と評されて、インド人としては不本意でしょうけれど。
by:princessruby | URL | 2006.08.14 21:32 [編集] |
princessrubyさんへ
インド、奥深いですよ~! 古代文明発祥の地ですしね。
これもウパニシャット哲学やらインド占星術やらの知識を駆使した結果、
…なのかもしれません?! なんて。i-235

by:valvane | URL | 2006.08.14 22:48 [編集] |














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://valvane.blog17.fc2.com/tb.php/427-eed41958
| ホーム |

  • SEO
  • loading
  • From VALVANE
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。