旅する人のニュースサイト From VALVANE にようこそ!
どんな国を、旅してみたいですか…? From VALVANEでは、海外旅行をされる方がもっと旅を楽しめるよう、旅の情報を集めるお手伝いをしたいと思います。

旅を楽しむために、大切なこと…。
海外旅行を楽しむためには、もちろん観光地の見どころや宿泊施設、航空チケットについての情報も大切ですが、From VALVANEでは何より「安全であること」が大切であると考えています。 トルコ、カボチャの種取りを手伝う姉弟。安心出来てこそ、旅は楽しめるものですからね。そしてその上で、「その国、その地域の歴史や文化、習慣について」もっと理解を深めることが出来たら…。旅はもっと楽しくなると思いませんか?
そのためにFrom VALVANEでは、旅行先の安全性やお国柄などが良く現れていると思われるニュースを中心に、ピックアップしていきます。

          人気ブログランキングへ

・ Wikipedia「バクラヴァ」にて、紹介されています。
・ カナダ、バンクーバーの日本語情報雑誌「Oops!」にて、紹介されました。
  http://www.oopsweb.com/2007/focus/new/1b1.htm (ウェブ版)

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- | --:-- | スポンサー広告
「カンガルー」とは
カンガルー

カンガルーはフクロネズミ目(有袋類)カンガルー科に属する動物の総称である。オーストラリア大陸、タスマニア島、ニューギニア島に生息している。いずれも現代に生きるカンガルーたちは草食であるが、クイーンズランド北西部で発掘された化石は、およそ2000万年前、カンガルーは“肉食”であったことを物語っている。


カンガルー1. 現代のカンガルー

大型のカンガルー属と、ワラビーと呼ばれる一群の小型のカンガルーとに分類され、体重0.5kg程度のものから、100kgに達するアカカンガルーまで、さまざまなサイズの種がある。さらに、ワラルーと呼ばれる中型のものもいる。

西洋人がカンガルーを指して「あの動物は何と言うのか」と訊いたところ、現地人は(外国語では何を言いたいのか)「わからない」という意味で「カンガルー」と答え、これがこの動物の通称となった、という有名な逸話は、中学の英語の教科書にも載ったことがあるが、俗説である。「カンガルー kangaroo」は、もともと、カンガルーを指した現地語 gangurru が変化したものであると考えられる。なお、オーストラリア周辺には多くの種族が住むため、すべての種族がカンガルーのことをこう呼ぶわけではない。

なお、カンガルーは後肢が発達しており、これで跳躍することによって、四肢を使うよりも少ないエネルギー消費で、高速移動ができる。大型種であるアカカンガルーは、跳躍により時速45kmほどのスピードを出すことができるが、バックは出来ない。       (本文、写真共にウィキペディアより)

また、話題を呼んだカンガルー肉の愛称は、australus に決まった。
                                        princessrubyさん、Thanks!

1-1 派生語

「Socceroo」(サッカルー)
サッカルー
サッカー、オーストラリア代表チームのニックネーム。オーストラリアでは、ほとんどの競技における代表チームに愛称がつけられているが、オーストラリアの動物や産出物などに由来するものが多い。そこでカンガルーの出番になったと思われるが、、「カンガルーズ」は、既にラグビーのリーグ代表につけられていた。そこで考え出されたのが、「Socceroo(サッカルー)」。オーストラリアでは、カンガルーのことをいちいち「カンガルー」とは言わず、「ルー」と縮めて言う。そこで、“サッカー”をする“ルー”で良いのでは…?ということになった模様。。
     (本文は「オーストラリア代表チームの謎」、写真は「Socceroos go down fighting」 より)
2. 古代のカンガルー

現在のオーストラリアには温血性の肉食動物は数が少なく、極めてまれだが、それは過去2000万年に渡る不安定な気候と質の悪い土壌のためと考えられてきた。つまり、植物が充分に繁茂出来なかった結果、肉食動物の餌になる草食動物の身体の大きさと個体数までもが制限され、ひいては大型の肉食動物も、進化するに必要なだけの個体が繁栄出来なかったということだ。しかしこの説は今、最近の化石の発見によって見直しを迫られている。


肉食カンガルー???


クイーンズランド北西部の発掘現場にて、ニューサウスウェールズ大学の研究チームは約20種の化石を発見したが、その中にカンガルーの化石も含まれていた。しかしその発掘現場で見つかったカンガルーの化石には「草食ではない強力な牙」があり、それで骨をかみ砕き、肉をひき裂いていたとみられる。
また前肢が長く、現在のカンガルーのように跳ねるのではなく、馬のようにギャロップしていたカンガルーの化石も見つかった。
                    (本文、写真共に「牙を持つ肉食カンガルーの化石、見つかる」より)


3.類似語

「CANGAROO(カンガルー)」

Collaboration of Australia and Nippon (Japan) for a GAmma Ray Observatory in the Outback を省略した造語で、 ガンマ線天体物理学のための国際協力実験。天体からの超高エネルギーガンマ線を、南半球のオーストラリア/ウーメラに設置した大気チェレンコフ望遠鏡を用いて観測し、天体における高エネルギー現象の研究を行なっている。   (CANGAROOホームページ より)



“肉食”カンガルー?!
オーストラリアで、びっくりする化石が発見されました。約2000
万年前頃に生息していたとみられるこのカンガルー
valvane.blog17.fc2.com/blog-entry-394.html
2006.07.18 | 20:10 | 世界のちょいネタニュース | Comment (2) Trackback (0)
<<利益の上がる成長業種、「サンタ業」 | ホーム | 最古の農作物はイチジクか>>
コメント
ワラビーちゃん、かわいいですよ~!野生のワラビーを見たのですが、おもちゃみたいなぬいぐるみみたいな・・・。持って帰りたぁ~い!と動物好きな人なら絶対思います!

でも、肉食カンガルーはやっぱりどう考えても怖いですよね。襲われたくない!絶対!でも走るのものすごくはやそうなので、追いつかれる?ジュラシックパーク、オーストラリア版を是非!
by:princessruby | URL | 2006.07.19 10:10 [編集] |
prinncessrubyさんへ
私もワラビーちゃん、お持ち帰りしたいです~♪i-233
princessrubyさん、日本に一時帰国されることがありましたら、ぜひ!
…と言いたいところですが、ダメなんですよね。確か。。

こんなワラビーちゃんが水をかぶったとたん凶暴になっちゃったりしたら、、
こんな映画、ありましたよね。i-182
ジュラシック、オーストラリア版が出来たら、、 それにはprincessruby
さんも出演しているんでしょうか? i-278

by:valvane | URL | 2006.07.19 22:47 [編集] |














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://valvane.blog17.fc2.com/tb.php/399-1a4d838b
| ホーム |

  • SEO
  • loading
  • From VALVANE
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。