旅する人のニュースサイト From VALVANE にようこそ!
どんな国を、旅してみたいですか…? From VALVANEでは、海外旅行をされる方がもっと旅を楽しめるよう、旅の情報を集めるお手伝いをしたいと思います。

旅を楽しむために、大切なこと…。
海外旅行を楽しむためには、もちろん観光地の見どころや宿泊施設、航空チケットについての情報も大切ですが、From VALVANEでは何より「安全であること」が大切であると考えています。 トルコ、カボチャの種取りを手伝う姉弟。安心出来てこそ、旅は楽しめるものですからね。そしてその上で、「その国、その地域の歴史や文化、習慣について」もっと理解を深めることが出来たら…。旅はもっと楽しくなると思いませんか?
そのためにFrom VALVANEでは、旅行先の安全性やお国柄などが良く現れていると思われるニュースを中心に、ピックアップしていきます。

          人気ブログランキングへ

・ Wikipedia「バクラヴァ」にて、紹介されています。
・ カナダ、バンクーバーの日本語情報雑誌「Oops!」にて、紹介されました。
  http://www.oopsweb.com/2007/focus/new/1b1.htm (ウェブ版)

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- | --:-- | スポンサー広告
サン・マロ Saint Malo
モン・サン・ミシェルを後にした私が向かったのは、すぐ近くの町、サン・マロ。なぜって、モン・サン・ミシェルの島内にも宿泊する場所はあるにはあるけど…、(土地の限られた)観光地のど真ん中に安い宿があるわけがなく、どこもホテルばかりで、それは対岸の町ポントルソンも同じ。まして、「行き当たりばったりバックパッカー、もちろん予約なし! 」と来れば、、モン・サン・ミシェルに宿泊なんて、無理でしょう。

そんな訳で泊まった、サン・マロ。ただの、「ユースホステルがある港町」でございます。「何か少しくらいは、おもしろいこと、ないのー?」と、午後の出発予定を前に、サン・マロの町を散策。防波堤にて、遠くに「お城のようなもの」を発見しました。

たいしたものじゃなさそうだったけど、ちょっと気になる。ひまだし。。 そう思って、渡し舟みたいなものが出ていないかと探し回りましたが、出ていません。船は全部、お仕事仕様のものばかり。ちなみにこの時、波は防波堤の壁のすぐ間近でざっぷんざっぷん 言っていました。船なしには、とても渡れませ~ん

ところが…? 
早めのお昼ご飯を食べて、もう1度見に行ってみたら、

道、つながっているしー!



…なんだか、脱力でございます。。

      サン・マロ 1
                   サン・マロの防波堤から。人が小さく見える…。


これが、その「お城」に見えていた「砦」。  写り悪いですが…

      サン・マロ 2


まさか、あんな間近まで迫っていた波が、こんなにきれいに引いて地続きになるなんて…、思いもよりませんでした。しかし思い返せば、ここはモン・サン・ミシェルと同じ湾内。砂が堆積してしまったモン・サン・ミシェルと違って、ここは埋もれていません。中世に巡礼者を飲み込んだ激しい潮の満ち引きは、今も健在なのでした…。

そう、本当に健在でした。

もう、ただただ驚き感動した私は、その日の予定をすっぽかして楽しんでいたのですが、夕方(と言うにはずっと早い時間ですが)、いっしょに渡ってきた人たちが、潮が満ち始めていることに気がつきました。それでハッと我に返って、、みんなで陸を目指して一目散!

ちょ・・っと、ヤバかったです。 私たちが走っている(!)間にも、足元には海が迫ってきて、次々と潮溜まりがつながって大きくなっていきます。  道は1段盛り上がった、石畳の道だったので大丈夫でしたが、本当に焦りました     (干満の差が、15mだもんなぁ;;)

石畳でよかった。これがモン・サン・ミシェルみたいに、砂地だったら…。




      サン・マロ 3
          防波堤の、下へ降りる階段で。この写真に写っている部分は全て、波の下になる。
            壁に生えている緑のものは、海草。




モン・サン・ミシェルを孤島に戻せ
モン・サン・ミシェル…。今や日本人にもお馴染みの、フランス
の大人気観光地ですね。私が初めて訪れた時、モン・サン・ 
valvane.blog17.fc2.com/blog-entry-371.html
2006.07.05 | 17:02 | valvane流、旅の思い出話 | Comment (10) Trackback (0)
<<ミサイル発射実験を受け、北朝鮮の危険情報を2段階引き上げ | ホーム | ウィリー・ウォンカ経営のチョコレート工場、アムステルダムに進出>>
コメント
こんにちは。

サンマロは恐怖体験でしたね。私たち家族もサンマロで宿泊したので懐かしく記事を読まさせていただきました。たしか城壁に囲まれた有名な街だったということで宿泊に選んだ記憶があります。でもvalvaneさんのような恐怖体験ができる場所とは夢にも思いませんでした(笑)
by:サンカンタンの達人 | URL | 2006.07.06 20:47 [編集] |
サンカンタンの達人さんへ

サンカンタンの達人さんも、サン・マロに行かれたんですね。
あら? でも、ここへは渡られなかったんですか? つまんな~い!
サン・マロでは、中世の巡礼者たちの苦難を追体験(?)出来て、
おもしろかった(?)ですよ♪
次はサンカンタンの達人さんも、ぜひ♪v-7

by:valvane | URL | 2006.07.07 00:25 [編集] |
こんばんわ。midorinも昨年モンサンミッシェルへ行きました^^そう、なぜかそこから遠いところに宿泊した思い出が。そこから夜のモンサンミッシェルを眺めました。美しい夜景でしたね~^^*
by:Midorin | URL | 2006.07.07 22:17 [編集] |
Midorinさんへ

いらっしゃいませ。コメントありがとうございます。
Midorinさんも、モン・サン・ミシェルに行かれたんですね。
だけど、なぜか他の場所に泊まった記憶があるぞ~?と。i-278
夜景見られたんですか。いいですね~♪
私はモン・サン・ミシェルの夜景を見た覚えはありません。
そこそこ遠かったから、見えなかったと思いますし。
夜景が見れたと言うことは、きっと泊まられたのはポントルソンですね。


by:valvane | URL | 2006.07.07 23:20 [編集] |
やはりここは行かねばならぬ~
先月、モンサンミシェル近くまで行きながら、あまりの疲労に動けなかった
まーらいおんでございます。

サンマロの潮の満ち引きは恐怖体験ですね....。
モンサンミシェルのように砂浜だったら、ちょっと深いところがあったらと
思うと恐ろしい次第であります....。

しかし、宿はモンサンミシェルのみならず、ポントルソンも高いんですねえ。
レンヌからはバスが限られているし、これもモンサンミシェルに行かなかった
理由の一つであります。

もう少しだけアクセスがよかったらいいのになあ。
やっぱレンタカーが便利なんでしょうね。
by:まーらいおん | URL | 2006.07.08 03:32 [編集] |
まーらいおんさんへ
先月の出張は、お疲れ様でした。かなりハードだったみたいですね。
まーらいおんさんの報告レポートを見ていても、観光部分がほとんどなかった。。

サン・マロは、本当に焦りましたよ;;i-230
陸に着く頃には、もう足元で波がちゃぷちゃぷ言い出していましたからね。
ほんと、モンサンミシェルみたいな砂地でなくて、よかったです。
あそこの砂地は、かなり凶悪みたいですからね。ただ足元を取られて歩きにくい
だけじゃなく、「流砂」になっているところもあって、そんなところに足を突っ込んで
しまったら、抜け出せなくなってしまうらしいです。
しかも「流砂」のところは、ご丁寧にも表面には砂が浮かんでいるとかで、他の
普通のところと見分けがつきにくくなっているのだとか…。
(モンサンミシェルのエントリーで紹介した本、『古い骨』に登場する老人も、
この流砂にやられたのでした。。i-241

アクセスは、やっぱりセオリー通りに電車でポントルソン(終着)まで行って、そこで
待ち受けている連絡バスに乗り換えるのが一番スムーズでしょうか。
レンヌからの行き方はよく分からないのですが、ポントルソンからのバスも本数は
そんなになかったです。でもその辺はあっちもわかっているみたいで、、
ちゃんと電車が到着するのを待ってくれています。
もちろん、ご自分で運転されるのに越したことはないと思いますが。

宿も中級以上で良いなら、モンサンミシェル内、あるいはモンサンミシェルに近い
辺りでも見つかると思います。ぜひ機会がありましたら、行ってみてください。
で、時間がありましたらサン・マロで「うっぎゃ~体験」も。。 i-278

by:valvane | URL | 2006.07.09 02:29 [編集] |
サン・マロのユース
はじめまして、こんばんは。
実は、思い切りまして来週末モン・サン・ミッシェルに行くことにしました。
知り合いにTGVのチケットは予約してもらったのですが、見てみると週末。
これは泊まるところ予約してかないと大変かもと思い、少し焦っています。
サン・マロかレンヌに泊まった方がいいとアドバイスしてもらい、サン・マロで一泊しようと思っています。学生で経済的に厳しいので、ユースに泊まりたいと思っているのですが、なかなかサン・マロの情報が見つからなくて、メールさせて頂きました。
「サン・マロはユースホステルがあるただの港町」と書かれていたので、よろしければそこの場所や値段、連絡先などを教えてもらいたいのですがよろしくお願いします。
by:yaiza | URL | 2006.07.15 18:09 [編集] |
yaizaさんへ

いらっしゃいませ。わぁ、来週モン・サン・ミシェルに行かれるんですね。
残念ながら私が行ったのは何年も前で、今現在のことはわかりません。
また、ほとんどのものを実家に置いてきてしまっているのですe-263

でも、泊まれそうなところは見つかりましたよ♪
http://www.hostelworld.com/index.php  で、France、St Malo
と入れて、予約したい日付などを入れれば、「Au Bon Accueil」(オ・ボン・
アクスイユ)というところが出てきました。
ちなみに、22日前後はまだ、少し空きがありましたよ♪ 13ユーロ/泊です。
後はもう、行ってから人に聞くしかないですね~;;
詳しい行き方は、書いてなかったので。i-229

…と言うことでよかったでしょうか?

最後に、ここが私が泊まったところと同じかどうかわかりませんが、もし同じ
だったらと言うことで書きますね。

ここには「食堂がある」とありますが、私が行った所は食事の提供はありません
でした。そこで外に食べに行くことにしたのですが、付近にはほとんど店がありません。
サン・マロの町とも離れているので、仕方なく1軒のピザ屋に入ったのですが、
そんなにおいしくなかったです。
念のため、少しモン・サン・ミシェルまたはサン・マロで買って行くことを勧めます。

by:valvane | URL | 2006.07.15 20:10 [編集] |
ありがとうございます
さっそく調べてみました!
ただ、ユースだからやっぱり不便な所にあるような感じですね。。
一人旅なので、13×3ユーロということで、それでも安いような、でもそこまでの交通費とか考えると便利な所に泊まるべきかなーと悩んでしまいます。土日なので、そろそろ見つけないとと焦りつつ、時間ばかりが過ぎて行きます。

情報ありがとうございました。
また、何かあったらよろしくお願いします☆
by:yaiza | URL | 2006.07.16 20:24 [編集] |
yaizaさんへ
交通費と言っても、、サン・マロから市バスが出ていたと思いますし、そう高くはないですよ。
普通のシャンブルドット(民宿)や安ホテルに泊まると、この3倍はしますから、やっぱり安いと思います。
それより、早く決めないと空きがなくなっちゃいますよ~;;

by:valvane | URL | 2006.07.17 08:21 [編集] |














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://valvane.blog17.fc2.com/tb.php/386-1a5018e1
| ホーム |

  • SEO
  • loading
  • From VALVANE
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。