旅する人のニュースサイト From VALVANE にようこそ!
どんな国を、旅してみたいですか…? From VALVANEでは、海外旅行をされる方がもっと旅を楽しめるよう、旅の情報を集めるお手伝いをしたいと思います。

旅を楽しむために、大切なこと…。
海外旅行を楽しむためには、もちろん観光地の見どころや宿泊施設、航空チケットについての情報も大切ですが、From VALVANEでは何より「安全であること」が大切であると考えています。 トルコ、カボチャの種取りを手伝う姉弟。安心出来てこそ、旅は楽しめるものですからね。そしてその上で、「その国、その地域の歴史や文化、習慣について」もっと理解を深めることが出来たら…。旅はもっと楽しくなると思いませんか?
そのためにFrom VALVANEでは、旅行先の安全性やお国柄などが良く現れていると思われるニュースを中心に、ピックアップしていきます。

          人気ブログランキングへ

・ Wikipedia「バクラヴァ」にて、紹介されています。
・ カナダ、バンクーバーの日本語情報雑誌「Oops!」にて、紹介されました。
  http://www.oopsweb.com/2007/focus/new/1b1.htm (ウェブ版)

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- | --:-- | スポンサー広告
英国軍の「ビリー少佐」降格処分に
御年6歳になられます、英国はロイヤル・ウェールズ連隊のマスコット、ビリー少佐ですが、今月行われた女王の誕生日を記念するパレードに於ける失態の責任を問われ、降格処分となることが決定しました。

  Mascot demoted for acting the goat on parade 
有能なるビリー少佐は、その才を買われ、生後わずか6ヶ月にて、英国軍ロイヤル・ウェールズ連隊のマスコットに就任し、ランス伍長の官位を賜ったのを初めとして、公式の官位を持っていました。

しかしながら女王の誕生日を記念するパレードに於いて、彼はあろうことか、飛び跳ねまわって整列すら出来ませんでした。
そして更に、ビリー少佐は外交官と軍の高級幹部の前で命令に従うのを拒否し、恥をさらしたのです…

よって、ビリー少佐はフュージリア兵 (兵卒)に格下げとなって
   降格が決まったビリー元少佐   しまいました。。
  


それでも、低いとは言え、正式に「官位」 が認められているんですね~
そして「降格」になる前は、 「少佐」 と。

いったい、何がどうなっているんだか。 
まるで 枕草子 の世界でございます…。

『枕草子』と猫、と言えば、まず思い浮かぶのが『命婦のおとど』(命部のおとど、命婦の大臣等の表記も)。一条天皇の愛猫である。また、日本の文献史上に登場する猫の名前としては最古の名前でもある。
この猫、五位の爵位を授かって、専用の乳母(もちろん人間)をあてがわれ、それは大切に育てられていた。
命婦のおとどが推定生後半年くらいのときに、『枕草子』に書かれた事件がおこった。 『うへに候ふ御猫は』の段に書かれた有名な事件である。

その日、命婦のおとどは、縁先でひなたぼっこしながら寝ていた。縁側の日だまりで昼寝する猫、今も変わらぬ猫の至高のいっとき。が、当時の高貴な女性は他人に姿を見せないことになっていた。いやしくも天皇のご寵愛ふかき貴婦人(猫だけど)が人目につく縁側で寝るなんてはしたない。乳母の馬命婦が「お行儀が悪い。こちらへいらっしゃい」と呼ぶが、猫は動かない。当然だ。ひなたぼっこ中の猫が来るものですか。乳母はふざけて、「翁まろ、どこにいるの。命婦のおとどに噛みついておやり」と言った。翁まろとは犬の名である。バカ正直な犬は本気にして猫に飛びかかる。猫は驚いて室内に逃れ天皇のふところへ飛び込んだ。天皇は立腹した。「翁まろを打ち据えて犬島に島流しにしてしまえ。乳母も取り代えよう」。犬の翁まろはかわいそうに男達に打たれて島流しにされてしまった。
                          「猫とネコふたつの本棚」より、一部抜粋



関連エントリー:
英国軍のマスコット山羊が名誉を回復
イスラエルの軍用ラマ

英国軍のマスコット「ヤギ少佐」が暴れて降格
イギリス軍のマスコットを務めた6歳のヤギが、パレードの最中に
高官の目の前でふざけて降格
www.excite.co.jp
Mascot demoted for acting the goat on parade
The six-year-old mascot for a British army battalion
has been demoted in disgrace
go.reuters.com
清少納言「枕草子」
『枕草子』と猫、と言えば、まず思い浮かぶのが『命婦のおとど』。
一条天皇の愛猫
www5d.biglobe.ne.jp
2006.06.27 | 12:49 | 世界の動物・植物ニュース | Comment (5) Trackback (0)
<<青蔵鉄道、7/1開通 | ホーム | 「上司の愚痴」募集します by 米労働団体>>
コメント
こんばんは。
なんとまぁ。
やぎさんに官位が…
たしかにりっぱな角ですが…

おとなしくしてなかったことを責められても、やぎさんには酷な気がします。
by:fumifumi | URL | 2006.06.27 21:45 [編集] |
fumifumiさんへ

こんばんわ。ビリー元少佐、おとなしそうに見えるんですけどね、
やっぱり楽しげなパレードじゃあ、じっとしていられなかった
と言うことでしょうか?

でもマスコットだし、またそのうち、適当な理由をつけて昇進すると
思いますよ~。  …たぶん。

by:valvane | URL | 2006.06.27 23:20 [編集] |
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
by: | | 2006.06.28 06:47 [編集] |
カワイイ~
ワタシもヤギ、ペットに欲しいです!いいなぁ、テーコクさまって。

それにしても理由が笑えますね。「命令に従わなかったため」。一応、軍人(軍山羊?)ですからね、上司の命令には従わなくては・・・。ああ、笑える~!
by:princessruby | URL | 2006.06.28 07:13 [編集] |
コメントありがとうございます♪

■ ないしょコメントさんへ

へ~! イギリスって、先日亡くなった「ダウニング街10番地の御猫様」以外にも、
官僚猫さまがいらっしゃるのですか?
って、聞いたことがあるような気もするし、ないような気もするし…??
どなたか、お話をご存知の方がいないでしょうかね♪i-101
でも、イギリスって、こういうの好きなんですね~! 和めていいですが。

■ princessrubyさんへ

あはは…! 山羊とは言え、一応「公式の官位」を持つ「軍山羊」(?)ですからね。
式典ではバシッと決めていただかなくては…!
とは言え、…山羊ですからねぇ。そんな簡単に、言うことを聞くとは限らず♪i-235

by:valvane | URL | 2006.06.28 10:38 [編集] |














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://valvane.blog17.fc2.com/tb.php/377-4727733e
| ホーム |

  • SEO
  • loading
  • From VALVANE
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。