旅する人のニュースサイト From VALVANE にようこそ!
どんな国を、旅してみたいですか…? From VALVANEでは、海外旅行をされる方がもっと旅を楽しめるよう、旅の情報を集めるお手伝いをしたいと思います。

旅を楽しむために、大切なこと…。
海外旅行を楽しむためには、もちろん観光地の見どころや宿泊施設、航空チケットについての情報も大切ですが、From VALVANEでは何より「安全であること」が大切であると考えています。 トルコ、カボチャの種取りを手伝う姉弟。安心出来てこそ、旅は楽しめるものですからね。そしてその上で、「その国、その地域の歴史や文化、習慣について」もっと理解を深めることが出来たら…。旅はもっと楽しくなると思いませんか?
そのためにFrom VALVANEでは、旅行先の安全性やお国柄などが良く現れていると思われるニュースを中心に、ピックアップしていきます。

          人気ブログランキングへ

・ Wikipedia「バクラヴァ」にて、紹介されています。
・ カナダ、バンクーバーの日本語情報雑誌「Oops!」にて、紹介されました。
  http://www.oopsweb.com/2007/focus/new/1b1.htm (ウェブ版)

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- | --:-- | スポンサー広告
モン・サン・ミシェルを孤島に戻せ
モン・サン・ミシェル…。今や日本人にもお馴染みの、フランスの大人気観光地ですね。私が初めて訪れた時、モン・サン・ミシェルは既に「フランスNo.1」の観光地として知られていましたが、それでも日本人には、まだほとんど知られていませんでした。でも今は、毎年大勢の日本人が訪れます。何と言ったって『世界遺産』ですしね♪ 

      モン・サン・ミシェル1
       2011年には、この道路と駐車場も取り壊して、モン・サン・ミシェルは元の姿に戻るんですね♪


その世界遺産、「モン・サン・ミシェルとその湾」ですが、元々はサン・マロ湾に浮かぶ孤島でした。…と言うか、正確には「半分」孤島でした。そう、この辺りはヨーロッパでも潮の満ち引きの差が激しいところで、つまり世界遺産に登録されている名称「モン・サン・ミシェルとその湾」が示す通り、潮が満ちているときは「島」だけど、潮が引くと陸と「地続き」になるんですね。だから巡礼者は、この地続きになる時間を見計らって、モン・サン・ミシェルに渡っていたのです。 ですが、今は利便性を考えて1877年に作られた道路によって常に陸続きになりました。

だけど便利になったのは良いのですが、、 建設された道路によって、モン・サン・ミシェル周辺の潮の流れがせき止められてしまい、100年間で2mもの砂が堆積してしまいました。そしてそれは今も続いていて、幻想的な景観が失われつつあります。

…と、これがモン・サン・ミシェルの現況なのですが、このモン・サン・ミシェルを、130年ぶりに元の「孤島」に戻す工事が始まりました… 

工事はまず、2008年までにモンサンミシェルのある湾に注ぐクエノン川にダムを築き、大量の堆積(たいせき)物を取り除く。その後、島と結ぶ約1キロの橋の建設に着手。一方で島から2・5キロメートル離れた地点に駐車場を整備。11年初めまでに島への車の乗り入れを禁じ、シャトル便を走らせる。
工事中も観光に支障はないという。         (by 2006/06/17 西日本新聞)

現在の道路を壊して歩道橋に替え、本来の潮流を復活させるとともに、大量の砂を取り除く。2011年には堤防道路脇の駐車場を取り壊すため、観光客や巡礼者らはフェリーで島に入ることになる。      (by 2006/6/20 読売新聞)


      モン・サン・ミシェル2
           かつては陸地から約4km離れていたモン・サン・ミシェルも、現在は砂の堆積で
              数十メートルの距離しかないという…。



ちなみに、この世界遺産、「モン・サン・ミシェルとその干潟」ですが、元々はサン・マロ湾に浮かぶ孤島でした。そこに大天使ミカエルの、「この地に礼拝堂を建てよ」とのお告げを受けた司教オベールが、礼拝堂を建てたのが始まりなのですが…、実はこのサン・マロ湾というところは、ヨーロッパでも潮の干満の差が激しいことで超・有名なところで、、 おかげでかつては、多くの巡礼者が潮に飲まれて命を落としていました。

どういうことかと言うと、なんとモン・サン・ミシェルが浮かぶこの辺りは、満潮の時と干潮の時で、海面の高さが15m(以上)も違うんです…
そしてそれだけの差があると言うことは…、潮が満ちるスピードが速い 

そのため島へと続く道路の入口には、それが必要なくなった今でも潮の干満時刻を示した表があり、満潮時には浜に降りないように警告されています。今はすっかり砂で埋もれてしまって、そんなことはないのだろうと思いますが、旅行される方はくれぐれもご注意くださいね~

・・・> サン・マロの思い出
・・・> 晴れの日のモン・サン・ミシェル by Lierさん


古い骨
アーロン エルキンズ Aaron Elkins 青木 久恵
早川書房 (2005/01)
売り上げランキング: 184,289
おすすめ度の平均: 3.5
5 モン・サン・ミシェルのスケルトン探偵,
モン・サン・ミシェルの干潟で、地主の老人が潮に飲まれて
亡くなるところから事件が始まる、探偵小説。石造りの修道
院や、モン・サン・ミシェル名物の巨大オムレツも話の小道
具として登場するので、旅行前に読むことをお勧め♪




仏のモンサンミシェル 130年ぶり元の孤島に
世界遺産にも指定され、年間300万人以上が訪れるフランス
北西海岸の巡礼地モンサンミシェルを
headlines.yahoo.co.jp
仏の「海上の修道院」取り戻せ…砂の除去開始
フランスの世界遺産・モンサンミシェルの本来の景観を取り戻す
ため、仏政府は今月から、小島と陸地の間に堆積
headlines.yahoo.co.jp
世界遺産|第400回 モン・サン・ミシェルとその湾
聖ミカエルの山=モン・サン・ミシェル。岩山の頂は、聖堂や回廊、
広間などがひしめく「天空の神の国」。
www.tbs.co.jp
サン・マロ Saint Malo
モン・サン・ミシェルを後にした私が向かったのは、すぐ近くの
町、サン・マロ。なぜって、モン・サン・ミシェル
valvane.blog17.fc2.com
2006.06.21 | 19:42 | 世界の観光地・遺跡ニュース | Comment (12) Trackback (2)
<<凶暴猫ルイス、自宅軟禁を命ぜられる | ホーム | 英国王立美術館、「台座の方が芸術的」>>
コメント
素敵なページてすね♪
はじめまして、VALVANE さん。
旅あり猫ありと素敵なページですね!
写真がいっぱいで楽しいです。
自分が行った事のない場所について、いっぱい感想が載ってるので、今後も通わせて頂きまーす♪
モン・サン・ミシェルも行ってみたい場所の一つです。
そーか、孤島に戻るんですね。
その頃には私も訪ねることができるようになるといいなー。
by:櫻 | URL | 2006.06.22 23:34 [編集] |
櫻さんへ

いらっしゃいませ。初めまして♪
モン・サン・ミシェルは、とても素敵なところですよ。お城じゃなくて
修道院だけど、見た目はばっちりお城ですし(笑)、楽しめると思います。
行かれたらぜひ、名物のオムレツを食べてみてください。
特にとびきりおいしいってわけじゃないですが、話の種にはなりますよ♪i-235

by:valvane | URL | 2006.06.23 01:21 [編集] |
ワタシこの本読みました
昔ですが。
軽いながらも楽しめました。
3部作なんですよね~。日本は本が安くていいです!
by:princessruby | URL | 2006.06.23 15:13 [編集] |
princessrubyさんへ
軽く読めるので、読みやすくていいですよね。
スケルトン探偵シリーズはこれしか読んでいないのですが、この本
の内容からすると、他もきっと読みやすいんだろうな…と思います。
オーストラリアだって、ペーパーバックなら安いのでは…?

by:valvane | URL | 2006.06.23 17:35 [編集] |
モン・サン・ミッシェルといえば・・・
ムール貝!ですよねぇ?
行ったことないけれど、ここのムール貝は食べたことあります。
美味しかったなぁ・・・・。
by:バリエ | URL | 2006.06.25 16:24 [編集] |
バリエさんへ

え?! モン・サン・ミシェルでも、ムール貝がおいしいんですかi-199
それ、知らなかったです~;; 知ってたら絶対食べてた~;;i-240

でも海辺だし(?)、そうですよね。
隣のサン・マロに行った時は、張り切ってシーフード食べようとしたのですが、
あいにく入荷していたのは牡蠣ばかりで、、 牡蠣が苦手な私には、残念でした。。

by:valvane | URL | 2006.06.25 18:43 [編集] |
リンクさせて戴きました。感謝。
モン・サン・ミシェルの過去と未来が良く判りました。衛星(航空)画像のGoogle Earthで世界遺産を眺めています。そのモン・サン・ミシェルのところに、リンクを貼らせて戴きました。有難う御座いました。
by:歌島昌由 | URL | 2006.07.23 17:00 [編集] |
歌島昌由さんへ
ご紹介くださいまして、ありがとうございました。
Google Earth、だいぶ詳しく見れるようになりましたね。ドレスデン
なんて、あそこまで見れるんですね。
私もギリシャのアトス(世界遺産)を見てみましたが、残念ながらあまり
いい画像は見れませんでした。フリータイプだからでしょうか?
歌島さんがお使いのものは、有料版なんですか?
また機会がありましたら、よろしくお願いします。

by:valvane | URL | 2006.07.23 21:04 [編集] |
アトス(世界遺産)の衛星画像
アトス山はまだ衛星画像で見ていなかったので、挑戦してみました。URL に私の記事をリンクしておきましたのでご覧下さい。解像度が良いのは、その半島の一部だけの様です。なお、私も無償版を使っています。無償版は今年の4月頃にバージョンが上がりました。高解像度の地域が少しずつ増えているようです。
by:歌島昌由 | URL | 2006.07.26 12:17 [編集] |
歌島昌由さんへ
アトスの画像、見せていただきました。私が見たのと、同じでした。
やっぱりギリシャは、まだ、どこも解像度が低いんですね。
アトスで一番良さそうなところでも、あの程度ですものね。。i-238

それなのに、ドレスデンやポンペイは、あそこまで見れるんですね。
なんだかお金の掛け方…ですか? すごく両極端で笑えますね。i-229

by:valvane | URL | 2006.07.26 22:13 [編集] |
行ってみたい!
こんにちは。関連記事からリンクさせていただきました。
valvaneさんは行かれたそうで。うらやましい!
モン・サン・ミシェルは、世界遺産の中でも一番行ってみたいところなんです。
どうせなら、堤防がなくなってみてから行ってみようかな?と思います。
by:えいだ | URL | 2006.11.25 11:21 [編集] |
えいださんへ
いらっしゃいませ。こちらの記事を紹介してくださり、ありがとうございました。
モン・サン・ミシェルは、素晴らしいところですよ。
堤防がなくなってからでもいいと思いますが、その頃には羊の放牧は
見られなくなってしまうと思います。そう思うと、今行かれるのもいいと思います。

by:valvane | URL | 2006.11.25 22:23 [編集] |














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://valvane.blog17.fc2.com/tb.php/371-57ffcd01
フランス、曇りのモン・サン・ミシェル
大天使ミカエルの「この地に礼拝堂を建てよ」とのお告げに従い、司教オベールは、岩山に礼拝堂を建てた。

旅猫写真館 | 2006.10.28 |

世界・ふしぎ発見!「天空の聖地 モン・サン・ミッシェルの謎」
(11/25、画像を追加)11/11放送のTBS「世界・ふしぎ発見!」でモン・サン・ミシェルが放送されていた。【世界・ふしぎ発見!「天空の聖地 モン・サン・ミッシェルの謎」】TBS・2006年11月11日放送第985回 天空の聖地 

栄太(えいだ)の映画日記 | 2006.11.25 |

| ホーム |

  • SEO
  • loading
  • From VALVANE
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。