旅する人のニュースサイト From VALVANE にようこそ!
どんな国を、旅してみたいですか…? From VALVANEでは、海外旅行をされる方がもっと旅を楽しめるよう、旅の情報を集めるお手伝いをしたいと思います。

旅を楽しむために、大切なこと…。
海外旅行を楽しむためには、もちろん観光地の見どころや宿泊施設、航空チケットについての情報も大切ですが、From VALVANEでは何より「安全であること」が大切であると考えています。 トルコ、カボチャの種取りを手伝う姉弟。安心出来てこそ、旅は楽しめるものですからね。そしてその上で、「その国、その地域の歴史や文化、習慣について」もっと理解を深めることが出来たら…。旅はもっと楽しくなると思いませんか?
そのためにFrom VALVANEでは、旅行先の安全性やお国柄などが良く現れていると思われるニュースを中心に、ピックアップしていきます。

          人気ブログランキングへ

・ Wikipedia「バクラヴァ」にて、紹介されています。
・ カナダ、バンクーバーの日本語情報雑誌「Oops!」にて、紹介されました。
  http://www.oopsweb.com/2007/focus/new/1b1.htm (ウェブ版)

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- | --:-- | スポンサー広告
これ、な~んだ?vol.10
ガーナでは、ちょっと変わった物が人気だそうです。それが、これ。こちらのガレージに並んでいるゾウニワトリ…、ちびっこたちの好きそうなものばかりで、なんだか100円入れたら動き出しそうなんですが、これ、子供の乗り物じゃないそうです。

あ、でも、、
乗り物…。う~ん、広い意味では、『乗り物』とも言えるかもしれません 


            coffin_showroom
         Accra郊外にある、Isaac Adjetey Sowahさんのショールーム。(by BBC)


Isaacさんも、初めはスタンダードな箱型のものを作っていたらしいのですが、顧客の何人かから「愛着のあるもの。自分たちの職業を表すもの。」にしてくれとの要望があったそうで、そのため、次々とこんな変わったものを作るようになったとのことです。

ちなみに、車型にする場合は、メルセデス(ベンツ)とキャデラックが人気なんだとか…。


            coffin_shoe
    ある靴屋は、最後の旅立ちにあたって「磨かれた黒い靴」に乗ることを希望した。(by BBC)


このような「箱型」ではないものに人気が出始めたのは、1950年代。それ以降、葬儀が社会的にとても重要な儀式であるガーナでは、年間所得を大きく上回る300~800ドルを使ってきれいに飾り立て、芸術品のように仕上げるようになったそうです。


           coffin_chicken
      「めんどり」は、母と子のつながりを象徴するので、特に女性に人気。(by BBC)


そう、これらのカラフルな物たちは、いずれも 『棺』 ――。


どうしてこんな「変わった形の棺おけを選ぶのか」…。母親を亡くしたドナルド・ロックソンさんの場合は、こんな理由でした。

「母は信心深く、よく教会に通っていた。でも、最初の棺おけでは、母の生前の姿が伝わらなかった。信心深い母に似合う、聖書の棺おけにしようと考えた。」


そのためドナルド・ロックソンさんは、葬儀の前日になって、急遽棺おけのデザインを変更することに。そして首都アクラの郊外にある、ダニエル・メンサさんの棺おけ屋を探し出し、携帯電話で保存した母親の姿を製作担当者に見せて、生前の様子を説明。白い棺おけに十字架やバラをあしらい、絹できれいに仕立てて、葬儀が始まる数分前に、なんとか間に合わせることができました~!

ううっ! 間に合ってよかったね…。

なお、この「棺おけがどんどん芸術的になってきた理由」として、ガーナ大学アフリカ研究所のクワメ・ラビさんは、経済危機を挙げ、「生前の暮らしのプライドと評価を示そうとして、どんどんとスタイリッシュになったのではないか」と話しています。



元記事 : 「芸術的」な「棺おけ」が人気、アフリカ西部ガーナ
        In Pictures: Fantasy coffins

こちらもどうぞ♪ : ガーナの棺おけ職人に…西川忠志が出会った。(ウルルン滞在記)
             「よーなぽとinハンガリー」より「葬儀博物館@ブダペスト」

2006.06.14 | 11:53 | What's this?(・_・")? | Comment (4) Trackback (1)
<<サウジが「魔女狩り」に着手(BlogPet) | ホーム | 「醜い羊」求む>>
コメント
じゃ、ワタシの棺おけは猫で、オットの棺おけは列車ですね!
・・・なんか死んでも恥ずかしいような。
by:princessruby | URL | 2006.06.14 15:46 [編集] |
princessrubyさんへ

楽しかった思い出も、恥ずかしい思いも!
共に来世まで持っていってください!(爆)i-237

by:valvane | URL | 2006.06.14 16:44 [編集] |
大真面目なのかもしれないけれど、ギャグにしか思えませんね~。でも、ギャグでも最後にそんなお茶目なことするなんて、粋ですね。ガーナ、実は面白い国なのかも。行ってみたくなりました。(なんて、しばらく動けないのに~。)
しかし、これが、何千年か後に発掘されたら、どう思われるんでしょうね?(笑)
by:きち | URL | 2006.06.14 18:44 [編集] |
きちさんへ
ガーナ、真実、愉快な国かもしれません。。 ガーナのお葬式は、とっても
賑やかにするそうです。故人を思って悲しむ遺族を励ますために。
ロシアのお葬式も、同じ趣旨から賑やかだと聞きましたが、ガーナの陽気さには
かなわないでしょうね~。i-229

何千年後かに発掘されたら…?

その心配はないですよ、きちさん!
これ松材ですし、土葬ですから、きれいに自然に帰ります♪i-234

by:valvane | URL | 2006.06.14 19:35 [編集] |














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://valvane.blog17.fc2.com/tb.php/366-c4be2ae4
(注;ホラー気味)葬儀博物館@ブダペスト 
ガイドブックに載っていない観光紹介シリーズ・その?葬儀博物館@ブダペスト (その?中華市場はコチラ、その?洞窟教会はコチラ、その?空港チャペルはコチラ)今日は、ワタ

よーなぽとinハンガリー | 2006.06.14 |

| ホーム |

  • SEO
  • loading
  • From VALVANE
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。