旅する人のニュースサイト From VALVANE にようこそ!
どんな国を、旅してみたいですか…? From VALVANEでは、海外旅行をされる方がもっと旅を楽しめるよう、旅の情報を集めるお手伝いをしたいと思います。

旅を楽しむために、大切なこと…。
海外旅行を楽しむためには、もちろん観光地の見どころや宿泊施設、航空チケットについての情報も大切ですが、From VALVANEでは何より「安全であること」が大切であると考えています。 トルコ、カボチャの種取りを手伝う姉弟。安心出来てこそ、旅は楽しめるものですからね。そしてその上で、「その国、その地域の歴史や文化、習慣について」もっと理解を深めることが出来たら…。旅はもっと楽しくなると思いませんか?
そのためにFrom VALVANEでは、旅行先の安全性やお国柄などが良く現れていると思われるニュースを中心に、ピックアップしていきます。

          人気ブログランキングへ

・ Wikipedia「バクラヴァ」にて、紹介されています。
・ カナダ、バンクーバーの日本語情報雑誌「Oops!」にて、紹介されました。
  http://www.oopsweb.com/2007/focus/new/1b1.htm (ウェブ版)

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- | --:-- | スポンサー広告
密航者の遺体を乗せた「幽霊船」が漂着
4月29日、カリブ海の島国、バルバドスにて。漂流していた1隻の船が、漁師によって発見されました。バルバドス警察と沿岸警備隊が船の内部を捜査したところ、ミイラ化した11体の、西アフリカ系の若い男性らの遺体が発見されました。


                バルバドスに漂着した「幽霊船」
           遺体が発見された船。捜査は、複数の国によってなされている。BBC

検死によると男性らは、アフリカのケープベルデ諸島からスペイン領のカナリア諸島に移民しようと船出したまま、行方不明となっている約50人の一部で、飢えや脱水症状により死亡した模様です。
→ ボートがたどったルートを、地図で見る。(BBCニュース) 

また船内からはセネガル語の遺書も見つかっており、「家族にお金を送りたかったけど、もうだめです。この広いモロッコ海で最期を迎えることになりました」とあったそうです。

…しかし、これはほんの一例です。ここしばらく欧米諸国で移民に対する規制が年々厳しくなってきていますが、その時流の中でスペインだけ不法滞在移民の規制が甘く、昨年など、スペイン政府は、国内の不法移民約70万人を対象に「一定の条件を満たせば滞在を合法化する」としました。そのため、ますます、新たな移民がスペインの島嶼部(アフリカ大陸と隣接している)などへ殺到する事態になったのです。

その数、今年だけで既に、 約7000人
とは言え、これは無事密入国を果たした者の数であり、アフリカからカナリア諸島ないしスペイン本島上陸を目指して危険な海を渡るうちには死亡する者も多く、年間で数百人とも言われています。
彼らだって、移民しようと船出したきり、行方不明になった者の話は聞いていると思います。それでも、死の危険を冒してでも密航する気にさせるものって…、いったい何でしょう?



関連エントリー : 移民希望者にテストを導入 オランダ
            免許証はターバン不可 フランス

バルバドス当局、「幽霊船」犠牲者の身元確認を急ぐ
カリブ海の島国バルバドスは、4月末に漂着した船に乗っていた
ミイラ化した遺体11体に関して、国際刑事警察機構…
www.excite.co.jp/News/world/20060601151402/JAPAN-215582-1_story.html
Mystery over ghost ship migrants
Authorities in Barbados are still trying to discover how a boat
carrying the bodies of 11 men was found adrift off the Barbadian
news.bbc.co.uk/2/hi/africa/5029230.stm
密航急増:アフリカからスペインに 不法移民の合法化で
欧州連合(EU)諸国の中では不法滞在移民の規制が甘く、諸島部
などがアフリカ大陸とも隣接するスペインへの密入国や不法な…
www.mainichi-msn.co.jp/kokusai/europe/news/20060525k0000e030026000c.html
2006.06.02 | 05:56 | 旅人でなくても気になるニュース | Comment (2) Trackback (1)
<<ギリシャとトルコの戦闘機が空中衝突(BlogPet) | ホーム | イスラム防衛戦線、震災地で救援活動>>
コメント
もぐもぐもぐもぐ、あ、こんばんは

ヨーロッパ目指すアフリカ人多いですよね。至る所でナイジェリア人を多く見ました。
さすがに人口多いな~って思いました^^; セネガルから陸路で西サハラ北上する際、
モーリタニアと西サハラ(モロッコ?)の国境の警備官に聞くとナイジェリア人がちらちら
目立つとの事・・・その時は黒人なんていなかったんですけどねw

今月旅立つんですがスペイン・・・構えちゃいますね・・・w
是非とも治安安静を願うばかりでございます。

ちなみにアフリカ内部でもナイジェリア人の入出国はワイロ要求されてました。
ナイジェリアでは他のアフリカ国からの入出する人からお金を巻き上げてるみたいでして・・・
ドロドロしてます^^;

VALVANEさん、またこっそり来ますね
by:m | URL | 2006.06.03 02:30 [編集] |
mさんへ

おはようございます。私が言えたものではないですが、mさんも、そのお時間に
食事だなんて、どこに住んでいるのやら所在地不明気味な方ですね。i-234

mさんは、アフリカ大陸を横断されたんですかi-198
すご~い、なんだか私とは格が違っちゃっているような;;
アフリカ大陸には、まだ1歩も足を踏み入れたことがありませんが、モロッコと
アルジェリアには行ってみたいです。

そのナイジェリア出入国の際のワイロは、「国」という単位で見るなら、「お互い様」
なんですね;; 国民はいい迷惑ですが。
ちょっと違いますが、日本も外国に「うちには日本人は(3ヶ月以内なら)ノービザ
で入国を許可してやっているんだから、うちの国民にも同様の対応をしてほしい。」
と規制緩和を求められているそうです。
同じだけの厚遇を求めるのは、当たり前ですよね~。というか、日本が外国人に
対して、そんなにも門戸を閉ざした国だったなんて、そのとき初めて知って、驚きました。

もうすぐスペインに行かれるんですね。どのくらい行かれるんですが?
私はほんの2・3日しか行ってないので、またゆっくり行きたいと思っています。
どこもいいけど、なぜかレオン地方やサンティアゴ・デ・コンポステーラに惹かれます。
どうしてなんでしょうね…?

by:valvane | URL | 2006.06.03 05:36 [編集] |














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://valvane.blog17.fc2.com/tb.php/353-bcf5116f
-
管理人の承認後に表示されます

| 2013.04.19 |

| ホーム |

  • SEO
  • loading
  • From VALVANE
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。