旅する人のニュースサイト From VALVANE にようこそ!
どんな国を、旅してみたいですか…? From VALVANEでは、海外旅行をされる方がもっと旅を楽しめるよう、旅の情報を集めるお手伝いをしたいと思います。

旅を楽しむために、大切なこと…。
海外旅行を楽しむためには、もちろん観光地の見どころや宿泊施設、航空チケットについての情報も大切ですが、From VALVANEでは何より「安全であること」が大切であると考えています。 トルコ、カボチャの種取りを手伝う姉弟。安心出来てこそ、旅は楽しめるものですからね。そしてその上で、「その国、その地域の歴史や文化、習慣について」もっと理解を深めることが出来たら…。旅はもっと楽しくなると思いませんか?
そのためにFrom VALVANEでは、旅行先の安全性やお国柄などが良く現れていると思われるニュースを中心に、ピックアップしていきます。

          人気ブログランキングへ

・ Wikipedia「バクラヴァ」にて、紹介されています。
・ カナダ、バンクーバーの日本語情報雑誌「Oops!」にて、紹介されました。
  http://www.oopsweb.com/2007/focus/new/1b1.htm (ウェブ版)

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- | --:-- | スポンサー広告
モンテネグロ独立へ
モンテネグロ旅慣れた方でも「モンテネグロ」は聞き慣れないかもしれません。しかし、旧ユーゴスラビア連邦の1つだと言えば、大体どの辺りか見当が付くと思います。 そのモンテネグロの独立に関して国民投票が行われたのですが、独立賛成に投じた票は、55.5%。過半数に達したものの、あまりに際どい数字であったため、受け入れられるかどうかが注目されていました。

しかし23日、セルビア・モンテネグロのセルビア共和国のタディッチ大統領は、独立賛成派が勝利したモンテネグロ共和国の国民投票の結果を受け入れる意向を表明しました。

一応、モンテネグロ国民投票委員会は3日間の異議申し立て期間を設けていますので、まだ独立決定ではないのですが、もし独立が決定すると、これで旧ユーゴスラビアは完全に解体されることになります。旅行自体にはあまり関係ないですが、、旧ユーゴスラビアでは独立運動が起こるたび紛争になっていたことを思うと、平和裏に解決しそうでうれしいです。



                          セルビア・モンテネグロ
                             大きくして見るGoogleMapに飛ぶ


ちなみに、セルビア・モンテネグロにある世界遺産は5つ。セルビア・モンテネグロ大使館HPに、きれいな写真付きで紹介されています。

 ・ コトル Natural and Culturo-Historical Region of Kotor  
 ・ ドゥルミトル国立公園 Durmitor National Park
 ・ スタリ・ラスとソボチャニ修道院 Stari Ras and Sopocani Monastery
 ・ ストゥデニツァ修道院 Studenica Monastery
 ・ デチャニ修道院 Decani Monastery





元記事 : セルビア大統領、モンテネグロ独立受け入れ表明
参考 : セルビア・モンテネグロ大使館HP

2006.05.24 | 16:51 | 旅人として気になるニュース | Comment (3) Trackback (0)
<<ギリシャとトルコの戦闘機が空中衝突 | ホーム | 動物愛護団体、裸で抗議>>
コメント
独立かぁー
およよ、いよいよモンテネグロ独立となりそうですか~。
ユーゴスラビア内戦から随分と時間がたって、ようやく
この土地にも平安が訪れるのでしょうか。
後は、ボスニアのコソボですか?
かつてチトー将軍の下、複数民族国家として成り立ち
サラエボオリンピックまで開かれたユーゴスラビアも本当に
解体を迎えたのですね.....。
旅行した私としては、悲しく不思議な気分だったりします...。
by:まーらいおん | URL | 2006.05.24 23:43 [編集] |
モンテネグロと言えば・・・
イタリア留学時代にミラノの学校で同じクラスだった友人の一人がセルビア・モンテネグロの出身でした。当時(1998年)、無知な私は、『モンテネグロ』と言われても、全くピンと来ず、色々と話を聞いたものでした。
そしてとうとう独立がかなったんですね・・・。感慨深いです。

さて、話は全然くだらなくなるんだけれど、その彼女が、あまりにも「バンコラン」に似ていて、(知ってますか?昔読んでいた「パタリロ」っていう漫画に出てくるキャラクターなんですけど・・・)カラスの濡れ羽色のまっすぐに長い髪、冨士額・・・、さすがに青いアイシャドーはつけてなかったけれど、目が青いので、私は彼女のことを密かにモンテネグロのバンコランと呼んでいたのでした。
by:バリエ | URL | 2006.05.25 00:57 [編集] |
コメントありがとうございます♪

■ まーらいおんさんへ

まーらいおんさん、旧東欧圏だし、まさかとは思っていましたが、やはり
こちらにもお出でだったんですね…!i-237
私には、あまり情報が流れてこない東側のこと…、感慨深いと思えるようなことも
何もないのですが、まーらいおんさんは歴史の流れをひしひしと感じておられるようですね。

コソボにも、早く平和が訪れますように。


■ バリエさんへ

モンテネグロって、バリエさんにとっても感慨深い国だったんですね。まーらいおんさん
と違って、こちらは完全に想定外!i-203でした。

「バンコラン」…。私よりも、遊びに来ていた友人の方が噴出しておりました。i-278

by:valvane | URL | 2006.05.25 22:20 [編集] |














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://valvane.blog17.fc2.com/tb.php/344-1e7fabb1
| ホーム |

  • SEO
  • loading
  • From VALVANE
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。