旅する人のニュースサイト From VALVANE にようこそ!
どんな国を、旅してみたいですか…? From VALVANEでは、海外旅行をされる方がもっと旅を楽しめるよう、旅の情報を集めるお手伝いをしたいと思います。

旅を楽しむために、大切なこと…。
海外旅行を楽しむためには、もちろん観光地の見どころや宿泊施設、航空チケットについての情報も大切ですが、From VALVANEでは何より「安全であること」が大切であると考えています。 トルコ、カボチャの種取りを手伝う姉弟。安心出来てこそ、旅は楽しめるものですからね。そしてその上で、「その国、その地域の歴史や文化、習慣について」もっと理解を深めることが出来たら…。旅はもっと楽しくなると思いませんか?
そのためにFrom VALVANEでは、旅行先の安全性やお国柄などが良く現れていると思われるニュースを中心に、ピックアップしていきます。

          人気ブログランキングへ

・ Wikipedia「バクラヴァ」にて、紹介されています。
・ カナダ、バンクーバーの日本語情報雑誌「Oops!」にて、紹介されました。
  http://www.oopsweb.com/2007/focus/new/1b1.htm (ウェブ版)

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- | --:-- | スポンサー広告
モネの「睡蓮」自然光の下で公開
モネの「睡蓮」――。 
世界中から高い評価を受け、印象派絵画の好きな日本人にも高評価を受けている作品群。その大部分が、パリ旅行の定番「オランジュリー美術館」で展示・保管されています。
そのオランジュリー美術館が長い改装工事を終え、17日からの再開に伴って、モネの「睡蓮」もまた、6年3ヶ月ぶりに一般公開されました。

睡蓮モネ(ジャン・クロード・モネ)が、パリ近郊ジベルニーのアトリエで最晩年に描いた8枚組の作品(連作)で、縦約2メートル、幅は総計で100メートル近くにもなる巨大な作品です。1960年代から今回の改装工事が始まるまでの約40年間、「自然光で見てほしい」とのモネの遺志にもかかわらず「睡蓮」は光が差し込まない部屋で展示されていましたが、改装により、再び天窓から柔らかい光が届くことになりました。


        モネの「睡蓮」 改装前のオランジュリーにて
               オランジュリー美術館 改装前の「睡蓮の間」


実はこの「改装工事」、フタを開けてみると予想外の「発見があり、そのために工期は1年半以上延び、総工費も当初計画を大幅に上回る2900万ユーロ(約38億6000万円)に膨れ上がったのだとか。

しかし03年夏、美術館の下から16―17世紀に建てられたパリを外敵から守るための城壁が発見される。高さ2・5メートル、長さ55メートルの遺跡は地下を斜めに走り、予定されていた改築の実施を妨げた。2つの歴史団体は、ルーブル美術館の地下ホールと同様に保存することを要求。論争の末、20メートルだけ修復し保存することになった。    (by 西日本新聞)


しかしそんな<苦難>を乗り越え、オランジュリー美術館は再開。モネの作品も再び柔らかな光を得て、生き生きと蘇りました。


          モネの「睡蓮」 改装後のオランジュリーにて(共同)
            オランジュリー美術館 改装後の「睡蓮の間」


同美術館学芸員のフィリップ・ソニエ氏のコメントですが、

「光の扱い方は、印象派の基礎的な部分ですから♪

…最高です。素晴らしいです、アナタも!

再オープンした美術館には、他の展示室と独立して楕円(だえん)形の空間が2つ並び、それぞれに高さ約2メートル、幅二十数メートルの「睡蓮」が4枚ずつ、ぐるりと掲げられている。そして、円すい形の吹き抜けの頂点から、障子のような膜を通して自然の光が注ぎ込むのだ。鑑賞者はまるで、池の中を回遊しているような錯覚にとらわれる。
地下などを拡張し、新たに3100平方メートルのスペースを確保。総面積6300平方メートルとなり、他の作品もゆったりと展示できるようになった。    (by 西日本新聞)






元記事 : 「睡蓮」6年ぶり公開へ オランジュリー改装終え
       「睡蓮」40年ぶり自然光の下に パリ・オランジュリー美術館 モネの遺志再び

PS-1 モネが「睡蓮」を描いた「ジヴェルニーのアトリエ」ですが、残念ながら公共交通手段は
     ありません。どうしても行きたい方は、「ジヴェルニーのアトリエ」が訪問地に含まれた
     パックツアーに参加されるか、国際運転免許証を取得した上で渡仏し、レンタカーを借
     りるかしてください。
PS-2 モネの「睡蓮」ですが、オランジュリー美術館は人が多すぎて、ゆっくり見れません。そ
     れが不満な方は、同じくパリにあります「マルモッタン美術館」へどうぞ。そちらにも「睡
     蓮」がありますが、人が少ないので落ち着いて見れます。
     ・・> マルモッタン美術館収蔵のモネ作品

2006.05.22 | 15:30 | 世界の観光地・遺跡ニュース | Comment (2) Trackback (0)
<<動物愛護団体、裸で抗議 | ホーム | イスラム女性の写真掲載は控えるべき>>
コメント
あたしが行ったときには、丁度工事中だったんですよね・・・

ついに一般公開ですか。
初めてパリという地でモネの作品を見たとき、
「やばいものを見た」と思いました。
それまでは、印象派って特に好きというわけでもなかったんですけど。
捕まっちゃいましたね~!

また行く楽しみが増えますわ♪
by:リサリサ | URL | 2006.05.26 17:05 [編集] |
リサリサさんへ

リサリサさんが行ったときは、工事中だったんですか~e-263
あちゃ。。

一口に印象派と言っても、いろんなタッチの作品がありますが、
どれも素敵ですよね。引き込まれる感じ?
またぜひ、行ってみてください♪i-234

by:valvane | URL | 2006.05.26 17:40 [編集] |














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://valvane.blog17.fc2.com/tb.php/341-adb8209d
| ホーム |

  • SEO
  • loading
  • From VALVANE
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。