旅する人のニュースサイト From VALVANE にようこそ!
どんな国を、旅してみたいですか…? From VALVANEでは、海外旅行をされる方がもっと旅を楽しめるよう、旅の情報を集めるお手伝いをしたいと思います。

旅を楽しむために、大切なこと…。
海外旅行を楽しむためには、もちろん観光地の見どころや宿泊施設、航空チケットについての情報も大切ですが、From VALVANEでは何より「安全であること」が大切であると考えています。 トルコ、カボチャの種取りを手伝う姉弟。安心出来てこそ、旅は楽しめるものですからね。そしてその上で、「その国、その地域の歴史や文化、習慣について」もっと理解を深めることが出来たら…。旅はもっと楽しくなると思いませんか?
そのためにFrom VALVANEでは、旅行先の安全性やお国柄などが良く現れていると思われるニュースを中心に、ピックアップしていきます。

          人気ブログランキングへ

・ Wikipedia「バクラヴァ」にて、紹介されています。
・ カナダ、バンクーバーの日本語情報雑誌「Oops!」にて、紹介されました。
  http://www.oopsweb.com/2007/focus/new/1b1.htm (ウェブ版)

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- | --:-- | スポンサー広告
ネオナチ警報!ドイツで外国人襲撃相次ぐ
まだ9日に「W杯を前にネオナチ危険地域を公表」とのエントリーを書いたばかりですが、ベルリン市東部で14日未明、イタリア人男性(30)がネオナチとみられるスキンヘッドの男らにバットで殴られ、頭やひざに重傷を負う事件が起きました。

イタリア人男性が襲われた現場は、旧東ベルリンのプレンツラウアーベルク地区。14日午前1時頃、通りを歩いていた男性が黒い服を着て髪を剃った3人組に国籍を聞かれ、イタリア人だと答えると1人がバットで殴りかかりました。その際、外国人を差別する言葉を叫んだとのことです。

また、同じ14日にドイツ東部アイゼナハでも、チュニジア人男性が2人の男に襲われて負傷していますし、4月にエチオピア系ドイツ人男性が襲われた場所も、ベルリン近郊のポツダムでした。
旧東ドイツ圏だけで…と言うわけではないと思いますが、
「旧東ドイツ圏では、ネオナチによる外国人襲撃事件が起きる確率が高い。」
と言うのは、どうも本当のようですね。






元記事 : ドイツで外国人襲撃相次ぐ・W杯控えネオナチに警戒

2006.05.15 | 21:27 | 旅人として気になるニュース | Comment (2) Trackback (0)
<<イギリス流歯間掃除 | ホーム | 旅の絵本>>
コメント
そうみたいですねー
おいらも昔旧東ベルリンに滞在したときに、そんな話を聞いていたので
少しびくびくしていました。結局は何事もなかったのですが
東のほうが総じてそういったことが起こりやすいみたいですね..。
これは、東西の経済格差、東西差別などから来ていることなのでしょうか...。
チェコではありませんが、おいらの友達はプラハでスキンヘッドの集団に
ぼこられて、全治1ヶ月ぐらいの怪我を負いました...。
ネオナチかどうかはわかりませんが、欧州にそんな連中が
広がらないことを祈るばかりです。
フィンランドは当分きそうにないとおもいますが(´ー`)
by:まーらいおん | URL | 2006.05.18 05:21 [編集] |
まーらいおんさんへ

げっっ…! まーらいおんさんのお友達、襲撃されちゃったんですかi-198
全治1ヶ月って、ひどーい!i-240

旧東ドイツに限った話ではないと思いますが、怖いですね。
観戦旅行に行かれる方は、怪しい集団には近づかないなど、充分ご注意を!

by:valvane | URL | 2006.05.18 14:44 [編集] |














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://valvane.blog17.fc2.com/tb.php/332-3a5533f3
| ホーム |

  • SEO
  • loading
  • From VALVANE
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。