旅する人のニュースサイト From VALVANE にようこそ!
どんな国を、旅してみたいですか…? From VALVANEでは、海外旅行をされる方がもっと旅を楽しめるよう、旅の情報を集めるお手伝いをしたいと思います。

旅を楽しむために、大切なこと…。
海外旅行を楽しむためには、もちろん観光地の見どころや宿泊施設、航空チケットについての情報も大切ですが、From VALVANEでは何より「安全であること」が大切であると考えています。 トルコ、カボチャの種取りを手伝う姉弟。安心出来てこそ、旅は楽しめるものですからね。そしてその上で、「その国、その地域の歴史や文化、習慣について」もっと理解を深めることが出来たら…。旅はもっと楽しくなると思いませんか?
そのためにFrom VALVANEでは、旅行先の安全性やお国柄などが良く現れていると思われるニュースを中心に、ピックアップしていきます。

          人気ブログランキングへ

・ Wikipedia「バクラヴァ」にて、紹介されています。
・ カナダ、バンクーバーの日本語情報雑誌「Oops!」にて、紹介されました。
  http://www.oopsweb.com/2007/focus/new/1b1.htm (ウェブ版)

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- | --:-- | スポンサー広告
うるさい犬に「夜間外出禁止令」を検討
どの国や地域にも共通する悩みとして、「ペットの鳴き声」と言うものもあると思います。これは犬に限ったことではありませんが、犬を屋外の犬小屋などで飼っている場合は特に、遠吠えに加えて、人が家の前の道を通るたびに吠えまくることもありますよね。そんなペット犬などの、夜通しの吠え声に悩むノルウェー西部のFjell町当局は、平日の午後10時以降、これら騒がしい犬を屋外に出すことを禁じる条例を検討していることを明らかにしました。つまり、うるさい犬の屋外飼育は(少なくとも夜間は)禁止…と。

これは、吠え声で安眠を妨げられることを防ぐのが狙いですが、まだ条例の対象となる【吠え声の度合いの基準】は決まっておらず、該当しそうな犬の数もわかっていないとのこと。


…これ、どうやって判定するんでしょうね? 
町の職員が夜中に、犬を屋外で飼っている家を1軒1軒訪問して調べるんでしょうか?
高速道路の騒音問題と同じように、計測器を持っていって、「はい、○○デシベルを越えていますので、外には出さないようにしてくださいね~」って…?
夜遅くに、ご苦労様です。 

…あ、いや、、そんな犬を飼っている方も、大変かもしれませんね。共働きとかで、全員帰りが遅い家でも、遅い時間の散歩がダメなわけですし…;; 


WANモア・レッスン アウトドア編

スタービット (2005/12/15)
イヌが人間社会で共存共栄して生活していくには、乗り越えなければならない現代社会のルールがあります。
ドアベルやドライヤー、雷、花火などの音に反応し、ご近所や周囲に迷惑をかけてしまうことなど、イヌの問題行動として認識されていますが、このCDを、繰り返し聴かせてあげることで、様々な生活音に慣れ、飼い主さんはもちろんイヌ自身へのストレスを和らげてくれます。 (by Amazon)



ところでこの条例、口だけでなく、ちゃんと違反した飼育者には【罰金】を課すことを想定しているそうですが、世論調査によると、町民の55%がこの措置を支持しており、町議会で可決されるのはほぼ確実だそうで、いかに眠れぬ夜を過ごしている方が多いかわかりそうですね。






元記事 : 吠え声が過度な犬、夜間の「外出禁止令」を検討

P.S. …とは言ってみたものの、実はこれは単にヨーロッパ人が(日本人に比べて)“神経質”なだけかもしれません。(いや、日本人が無神経なのか?!) 世界各国の事情は分かりませんが、フランス(パリ郊外)のお家で部屋を借りていたときも、「夜10時以降は、テレビはイヤホンで聞くこと!」と申し渡されましたし、イギリス(ロンドン)で借りていたときも、大家さんが飼い犬をなだめるのに必死になっていた日がありました。「夜10時以降に騒ぐと、警察に通報されるかも知れない。」のだそうです。

2006.05.11 | 13:56 | 世界の動物・植物ニュース | Comment (4) Trackback (0)
<<「ラム酒の樽から死体…」は都市伝説だった! | ホーム | 「上海も韓国の領土だった」???>>
コメント
こんばんは~。

私の妹の犬はまさしくこれに当てはまりますね。
とにかくうるさい(^^;
ご近所のことを考えて夜間は家の中に入れていますが
そうすると、家の中でほえるほえる。
しつけ教室に入れようにも料金が高い、ってことで
人間が妥協するしかないかぁ・・・とあきらめているようです。
自分の家の犬なら我慢できることでも、他人の犬には
我慢できないことがたくさんあるでしょうから、この条例で
救われる人はたくさんいるかもしれませんね。
でも、我慢の限界も人それぞれで・・・だから具体的には
決定できないのでしょう。生き物相手だと、法律・条令の
決定も難しいもんですね~。
by:Mint | URL | 2006.05.11 19:50 [編集] |
Mintさんへ

ありゃ、ま★ Mintさんの妹さんが飼われているi-239が、
そうなんですか~;;
難しいですよね~、こういう「ご近所さん」関係は。i-229
自分ちのことでも「うるさい」と思うのに、他所の犬だったらなおさらね。

家の中に入れたからって、キャンキャン言う声が全く聞こえなくなるわけじゃない
んですが、まぁ、「出来るだけのことはした」と言えるので、この条例で救われる
のは、みんなかもしれませんね。i-234

by:valvane | URL | 2006.05.11 23:35 [編集] |
野良犬と飼い犬
はじめまして。
アテネの場合はプラカですが、野良犬も飼い犬も吠えないですね。
アテネの野良犬の方が静かで飼い犬農法がしつけが悪い場合があります。
アテネの野良犬はもと飼い犬だから大人しいのかもしれません。
旅行者の捨てていった犬が多いようです。
今日は近所の動物クリニックで私のかわいい野良犬君の首輪を買いました。
by:agapi | URL | 2006.05.12 02:15 [編集] |
agapiさんへ
いらっしゃいませ♪ 来てくださって、うれしいですi-178

ほうほう…、アテネの野良犬は元飼い犬だから(かどうかはわからないけど)
おとなしくて、吠えない…と。
みんなしつけの仕方が上手なんですね~♪i-237
でも、その野良犬たちが「元飼い犬」というのは、つらいです。。

旅行者が捨てていく…って??
バカンスでやってきた人たちが、連れてくるだけ連れてきて、そのまま
置き去りにしちゃうんですか?
フランスやイタリアなども、夏のバカンスになるとそういうことが増える
とは聞いたことがありますが、…その影響でしょうか?
う~ん;;i-241

agapiさんお気に入りの野良くんがいるんですね♪
彼がなるべく安全で、健康に生活できますように。

by:valvane | URL | 2006.05.12 10:21 [編集] |














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://valvane.blog17.fc2.com/tb.php/327-868557ce
| ホーム |

  • SEO
  • loading
  • From VALVANE
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。