旅する人のニュースサイト From VALVANE にようこそ!
どんな国を、旅してみたいですか…? From VALVANEでは、海外旅行をされる方がもっと旅を楽しめるよう、旅の情報を集めるお手伝いをしたいと思います。

旅を楽しむために、大切なこと…。
海外旅行を楽しむためには、もちろん観光地の見どころや宿泊施設、航空チケットについての情報も大切ですが、From VALVANEでは何より「安全であること」が大切であると考えています。 トルコ、カボチャの種取りを手伝う姉弟。安心出来てこそ、旅は楽しめるものですからね。そしてその上で、「その国、その地域の歴史や文化、習慣について」もっと理解を深めることが出来たら…。旅はもっと楽しくなると思いませんか?
そのためにFrom VALVANEでは、旅行先の安全性やお国柄などが良く現れていると思われるニュースを中心に、ピックアップしていきます。

          人気ブログランキングへ

・ Wikipedia「バクラヴァ」にて、紹介されています。
・ カナダ、バンクーバーの日本語情報雑誌「Oops!」にて、紹介されました。
  http://www.oopsweb.com/2007/focus/new/1b1.htm (ウェブ版)

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- | --:-- | スポンサー広告
ロシアで『市民密告法』が復活
『市民密告法』――。 

この、いかにもおどろおどろしい語感の法律が可決されたのは、プーチン大統領率いる、ロシア
この法律の正式名称は「市民からのアピールの受け入れに関する法」で、修正案が26日に、上院で可決されました。後は、プーチン大統領の署名を待つばかり…。

これにより、テロに関する市民から治安機関への【密告】が容易になったばかりか、これまでは破棄されることになっていた、「情報提供者の住所、氏名、年齢、職業などの明記」がない情報でも、(テロ情報に関しては)匿名でも受け入れられることになりました。


プーチニズム 報道されないロシアの現実
アンナ・ポリトコフスカヤ
鍛原 多惠子
NHK出版 (2005/06/25)
売り上げランキング: 3,373
おすすめ度の平均: 5
5 現在進行形のジェノサイドの一つ
5 旧KGBと旧ノーメンクラツーラと新旧マフィア
         の支配体制:汚職と賄賂の非現実的な現実
         世界




この、「匿名でも受け入れられる」と言うところが、ミソ。

実はこの法律は、ソ連時代の1968年に制定され、当時は匿名でも市民からの情報を受け入れていたのです。しかし、88年になり、ゴルバチョフ政権のグラスノスチ(情報公開)政策が始まると、 「匿名情報は、悪意ある「密告」につながり、社会の相互不信を招くと判断され、実名などの明記が必要…と修正されたのです。

それを、あえて「復活」させる。
ロシアはいったい… どこへ向かおうとしているのでしょうね?

なお、ロシア議会は、連邦保安局(FSB)がテロ情報を把握した場合、令状なしで特定の人物を拘束、家宅捜索や盗聴なども出来る「反テロ法」の修正も審議中…。
(ちなみに、プーチン現ロシア大統領は、連邦保安局(FSB=「KGB」の後身)の元長官です。)





元記事 : 『市民密告法』ロシアに復活

参考までに、こちらもどうぞ。

・ ロシアでパイプライン爆発・グルジア向けガス供給停止
・ ガスパイプ&送電塔爆発でグルジアがエネルギー危機
・ エネルギーが止まった厳寒の国
・ 露、今度はワイン封鎖 反露のグルジア、モルドバ産


2006.05.02 | 21:48 | 旅人でなくても気になるニュース | Comment (6) Trackback (1)
<<パンを食べなくなったフランス人 | ホーム | ハリネズミが激減?!>>
コメント
これって
おそらく国連の国際組織犯罪防止条約絡みではありませんか?
日本が連休明けに審議に入る共謀法もこれ関連だそうです。
なんでも条約参加国は国内法でも定めるよう促されているそうです。
ロシアは両翼(参加罪と共謀罪)を適用したのかもしれませんね。
by:Ma_cocotte | URL | 2006.05.05 16:33 [編集] |
Ma_cocotteさんへ

…! 凶暴法じゃなくって、共謀法!

なんか、聞いたことあります!
あ~、あれの関連なんですかぁ…;;
じゃあ、ロシアだけではなく、日本やその他の国々も。。i-183

例えテロは起きなくても、恐ろしい世の中になりそうですね。

by:valvane | URL | 2006.05.05 17:30 [編集] |
国際的ビンゴな話題かも
共謀罪については先週あたりからブログ間で人気KWになっているかもしれません。
私も数日前に一本書きました。ご笑覧いただけたら、これ、幸い。
http://malicieuse.exblog.jp/4482350/

が、どうも日本の場合は反対している連中の言動に矛盾があるのが胡散臭い話なのですよ。
私も民衆レベルでの愚論を載せようかと熟考中でする。
by:Ma_cocotte | URL | 2006.05.05 19:45 [編集] |
ロシアだけではないのね...
Valvaneさん、

HN変更了解です(。・x・)ゝ
国連がらみなのかもしれませんが、やっぱ胡散臭い感じですね...。
モスクワの劇場テロも自作自演って噂を聞いたことあるし...。
チェチェンの独立を認めないってのは、それを認めると他の
州も独立してしまうからとか言われていますが、一方でプーチンのアイデンティティーを
確立するためとも聞いたことあります。内情の悪さを、そちらに向けさせてって
感じですかねー。テロよりマフィア取り締まったほうがいいんじゃないですかねー。
ロシア国外に住んでいるロシア人は、マフィアに身元を知られたくないと何とか
聞いたことありますが...。いずれにもしても隣国がロシアの私としては気になる
話題です...。
by:まーらいおん | URL | 2006.05.05 20:27 [編集] |
ちびりました。
ご笑覧くださいましたら、幸いです。
ちょっと露西亜の国内事情はどうなってんだか知りたくなってきました。
by:Ma_cocotte | URL | 2006.05.05 20:56 [編集] |
コメントありがとうございます♪

■ Ma_cocotteさんへ

お知らせありがとうございます。拝見し、コメントさせていただきました。

「共謀罪」と言う名称や、ロシアのことだけ聞いていたら、いったいどんなことに
なってしまうのだろうi-198i-198i-198 …と、怖くなってきますよね。i-238ブルブル

「実行犯ではなくても、犯罪の計画を立てていたその場に居合わせただけで同罪i-198
「ウソの密告であったとしても、(少なくともとりあえずは)しょっ引かれるi-198
そのうちには、
「ただ集まって騒いでいただけで、捕まったりしてi-198i-198

そんなの、まっぴら御免です!i-240
そんな未来には、なって欲しくないです。


■ まーらいおんさんへ

プーチンさんって、不気味な感じがする方ですよね。元KGB…じゃなくって、今はFSB
ですね…の長官だった方ですから、当然かも知れません。
「クーリエ・ジャポン」と言う雑誌は、ご存知でしょうか? その4/6号ですが、プーチン
さん子飼いのアブラモビッチさんと言われる方の紹介記事が載っています。
その方だけ見ても、いかにプーチンさんが不気味で油断ならない人物か、わかろうと
いうものですね。
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/B000BWRFBE/fromvalvane-22/ref=nosim/

by:valvane | URL | 2006.05.06 00:01 [編集] |














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://valvane.blog17.fc2.com/tb.php/318-812b05aa
お露西亜では古いものが新しかったりするらしい。
今朝なんですけれど、VALVANE(ヴぁるヴぁーぬ) さんのブログを拝見しまして、先週4月26日お露西亜の上院で「市民密告法」が可決されたこと を知りました。正式名称は「市民からのアピールの受け入れに関する法」で修正案可決だそうなので、日本國で連休明けから審議予定

■Tant Pis!Tant Mieux!そりゃよござんした。■ | 2006.05.05 |

| ホーム |

  • SEO
  • loading
  • From VALVANE
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。