旅する人のニュースサイト From VALVANE にようこそ!
どんな国を、旅してみたいですか…? From VALVANEでは、海外旅行をされる方がもっと旅を楽しめるよう、旅の情報を集めるお手伝いをしたいと思います。

旅を楽しむために、大切なこと…。
海外旅行を楽しむためには、もちろん観光地の見どころや宿泊施設、航空チケットについての情報も大切ですが、From VALVANEでは何より「安全であること」が大切であると考えています。 トルコ、カボチャの種取りを手伝う姉弟。安心出来てこそ、旅は楽しめるものですからね。そしてその上で、「その国、その地域の歴史や文化、習慣について」もっと理解を深めることが出来たら…。旅はもっと楽しくなると思いませんか?
そのためにFrom VALVANEでは、旅行先の安全性やお国柄などが良く現れていると思われるニュースを中心に、ピックアップしていきます。

          人気ブログランキングへ

・ Wikipedia「バクラヴァ」にて、紹介されています。
・ カナダ、バンクーバーの日本語情報雑誌「Oops!」にて、紹介されました。
  http://www.oopsweb.com/2007/focus/new/1b1.htm (ウェブ版)

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- | --:-- | スポンサー広告
「ダ・ヴィンチ・コード」判決文にも暗号
いやぁ、よく訴えられますね。ダン・ブラウン著、「ダ・ヴィンチ・コード」。盗作かどうかで訴えられること数回 、最も知られたところでは「レンヌ=ル=シャトーの謎―イエスの血脈と聖杯伝説」の作者2人に訴えられた件ですが、それについては、ロンドンの高等法院が(4月)7日、原告側の訴えを退ける判決を下しました。

                      
無罪!!

だって、「本質的にまねたわけではない」から。


ダ・ヴィンチ・コード ヴィジュアル愛蔵版
ダン・ブラウン 越前 敏弥
角川書店 (2005/09/01)
売り上げランキング: 1,200
おすすめ度の平均: 5
5 絶対こっち!
5 すでに上下巻を読んだけれども大満足
5 資料集 さながらの濃厚さです


そりゃ~、、そうでしょ それを盗作と言っちゃあ、全て盗作になりますよ。欧米の「伝説」風な物語とか、ファンタジーとかって、そのほとんどが、多かれ少なかれ…、聖書やそこから派生した「聖杯伝説」に基づいているんですから。
要は、、元はどうであれ、それを完全に自分のモノにして、オリジナルの世界観を作り出せるかどうか、だと私は思います。

まぁ、それは置いといて…、実はこのロンドンの高等法院で下された判決ですが、判決文の中に裁判官がオリジナルの暗号文を忍ばせていたことが判り、話題になりました。

この裁判官はピーター・スミス判事で、4月7日の判決で「ダ・ヴィンチ・コード」は盗作とは言えないとの判断を示しました。が、その際の判決文(全部で71ページ)のうち、5~13の各ページに、他の文字と字体の異なる太字の斜体文字が含まれていたのです。それを不可解に思ったダン・テンチ弁護士は、それを抜き出し、『ダ・ヴィンチ・コード』にも登場する、「フィボナッチ数列」に従って並べ変えると、、「スミス・コード(スミスによる暗号)…」で始まる文字列ができることに気付きました。

驚いたテンチ弁護士が、暗号文についての自分の見解をスミス裁判官にメールで報告したところ、しばらく後に、暗号を隠した事実と、フィボナッチ数列こそが解読のカギであることを認めるメールが裁判官から届いたそうです。

なお、判決文に隠されていた暗号とは

      「Jackie Fisher, who are you? Dreadnought
               (ジャッキー・フィッシャー、あなたは誰? ドレッドノート)


という文で、海軍好きとして知られるスミス裁判官が敬愛する、「英国海軍提督ジャッキー・フィッシャー」による「名言」だそうです。また、「ドレッドノート」というのは、そのフィッシャー提督がデザインした戦艦のことだとか。


判決文にこんな「暗号」を忍ばせるなんて「お遊び」、、日本の法廷では考えられないと思うんですが、「イギリスらしいな~と思ったニュースでした。

えっと、聞きかじりなので、違っていたら申し訳ないです。が、確か…、「イギリスでは法律ももちろんあるものの、法律よりも何よりも、「過去の判例」を参考にして、裁判官の独自の裁量で裁けるところが大きい。」のだとか。だからこそ出来た、今回の「お遊び」ですよね。

      「暗号の準備に40分、そしてそれを文に隠す作業にさらに40分を費やした」
                              スミス裁判官がテンチ弁護士に宛てたメールより






元記事 : 判決文も解読不能? ダ・ヴィンチ・コード訴訟に「暗号」
       小説『ダ・ヴィンチ・コード』裁判、判決文に隠された暗号の解読に成功

関連?エントリー : カツラ選びの大原則 

関連記事 : 

「ダ・ヴィンチ・コード」、またも盗作疑惑
今度はロシア人の美術史家ミハイル・アニキンが、「ダ・ヴィンチ・コード」は2000年の著書「Leonardo Da Vinci: Theology in Paint」の盗作として、ダン・ブラウンに対し、謝罪と「ダ・ヴィンチ・コード」で得た利益の半分を要求した。

「ダ・ヴィンチ・コード」をめぐる著作権侵害裁判で再び無罪判決
米ニューヨーク州の第2連邦巡回控訴院が、(略)無罪判決を下した。作家のルイス・パーデュー氏が、2000年に出版した「神の娘」と1983年に出版した「ダ・ヴィンチ・レガシー」の著作権を侵害されたとして訴えていた。

MSN、ダ・ヴィンチの復元音声が聞ける映画「ダ・ヴィンチ・コード」特集
MSNでは、5月1日より「ダ・ヴィンチ・コード」の特集サイトを開設。レオナルド・ダ・ビンチやモナリザの肖像画を元に復元された合成音声や、日本音響研究所の鈴木松美氏による解説を含めた音声復元メイキングビデオを5月15日より配信する。また、ドクター中松や荒俣宏のインタービュー映像、マルコ・テンペストのによるダ・ヴィンチにまつわるマジック映像などもあわせて配信する。視聴は無料。
                             
ダ・ヴィンチ・コードの判決文暗号 海軍提督浮上も新たなナゾ!?
各文字は他の文字とは字体の異なる斜体の太字で印刷され、それらを抜き出して最初から順番に並べると、「SMITHYCODEJAEIEXTOSTGPSACGREAMQWFKADPMQZVZ」という文字列が浮かぶ仕掛けだ。
判事はフィッシャー提督の偉業が忘れ去られるのを嘆いて提督を称える思いを暗号文に込めたようだ。ただ、解読された文には提督のライバルだったチャールズ・ベレスフォード提督の発言を引用したともいい、新たな謎を呼んでいる。

2006.04.29 | 14:33 | 世界のちょいネタニュース | Comment (1) Trackback (1)
<<「ツーリスト・ポリス」が観光客から金を奪う?! | ホーム | 噂の「ブラックカード」 (BlogPet)>>
コメント
クレズマーさんへ
初めまして。TB頂きまして、ありがとうございました。承認制にしていたので、判り辛かったかもしれませんね。どうぞ、お気になさらず…。
コメントについて、削除希望とのことでしたので、もったいないと思いつつ、削除させていただきました。もしまたこのような機会がありましたら、送信ボタンの上にあります「管理者にだけ…」にチェックを入れてください。ないしょコメントが出来ます。i-235
by:valvane | URL | 2008.01.23 00:46 [編集] |














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://valvane.blog17.fc2.com/tb.php/313-08339923
イギリス人のユーモア
2年程前に、英文学者の冨山太佳夫さんが『笑う大英帝国』という本を出しました。これは、イギリス人がいかに冗談が好きかというのを、だいたい18世紀くらいまで遡って跡づけたものです。冨山さんの文章自体は「笑う」とまではいかなかったものの、そこで紹介されている..

読書地図 | 2008.01.22 |

| ホーム |

  • SEO
  • loading
  • From VALVANE
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。