旅する人のニュースサイト From VALVANE にようこそ!
どんな国を、旅してみたいですか…? From VALVANEでは、海外旅行をされる方がもっと旅を楽しめるよう、旅の情報を集めるお手伝いをしたいと思います。

旅を楽しむために、大切なこと…。
海外旅行を楽しむためには、もちろん観光地の見どころや宿泊施設、航空チケットについての情報も大切ですが、From VALVANEでは何より「安全であること」が大切であると考えています。 トルコ、カボチャの種取りを手伝う姉弟。安心出来てこそ、旅は楽しめるものですからね。そしてその上で、「その国、その地域の歴史や文化、習慣について」もっと理解を深めることが出来たら…。旅はもっと楽しくなると思いませんか?
そのためにFrom VALVANEでは、旅行先の安全性やお国柄などが良く現れていると思われるニュースを中心に、ピックアップしていきます。

          人気ブログランキングへ

・ Wikipedia「バクラヴァ」にて、紹介されています。
・ カナダ、バンクーバーの日本語情報雑誌「Oops!」にて、紹介されました。
  http://www.oopsweb.com/2007/focus/new/1b1.htm (ウェブ版)

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- | --:-- | スポンサー広告
中国とインド 国境問題が一部解決
バックパッカーとして、私が一番気になることは、やっぱり安全に関することとか、国境越えに関することですが、まさに「その」ニュースが報じられていました。インド北東部のシッキム州と、中国チベット自治区を結ぶ中印両国の貿易ルートが、今年6月、44年ぶりに再開されることになったのです 


チベット
旅行人編集部
旅行人 (2002/07)
売り上げランキング: 12,153
おすすめ度の平均: 4.5
4 写真が豊富にあってますます行きたくなります
5 チベットのガイドブックとしては世界一かもしれない


より正確には、ヒマラヤ山脈ナトゥラ峠の中印国境地点から、中国側に16km入った地点(チベット自治区の洞青崗地区)。そこに現在、中国が建設中の「市場」があるのですが、その市場の開業に伴って、ナトゥラ峠の国境では、税関業務が再開されることになります。

なお、【ナトゥラ峠の国境】が中印紛争で閉鎖された後、インドは中国のチベット領有を、中国はインドのシッキム州領有をそれぞれ認めてきませんでしたが、関係改善を背景に、両国はそれぞれの領有を原則確認しました。つまり、今回の貿易ルート再開は、この地点での国境問題が決着したことを意味するものでもある、…ということです。

                                     

「越境可能ポイント」というのは、それが増えるだけでもうれしいですが、インドの『シッキム州』は、私の飼い猫の名前の由来となったお茶 の産地。まだそこに行ったことはありませんが、国境線を巡るゴタゴタがなくなって、本当に良かったと思います。




元記事 : 中印貿易路が6月に再開 チベット-シッキム州 国境問題に決着

2006.04.13 | 13:24 | 旅人として気になるニュース | Comment (0) Trackback (0)
<<ニセ韓国製品?出回る | ホーム | 女性「庇護」なのか、女性「差別」なのか>>
コメント














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://valvane.blog17.fc2.com/tb.php/300-70b3668e
| ホーム |

  • SEO
  • loading
  • From VALVANE
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。