旅する人のニュースサイト From VALVANE にようこそ!
どんな国を、旅してみたいですか…? From VALVANEでは、海外旅行をされる方がもっと旅を楽しめるよう、旅の情報を集めるお手伝いをしたいと思います。

旅を楽しむために、大切なこと…。
海外旅行を楽しむためには、もちろん観光地の見どころや宿泊施設、航空チケットについての情報も大切ですが、From VALVANEでは何より「安全であること」が大切であると考えています。 トルコ、カボチャの種取りを手伝う姉弟。安心出来てこそ、旅は楽しめるものですからね。そしてその上で、「その国、その地域の歴史や文化、習慣について」もっと理解を深めることが出来たら…。旅はもっと楽しくなると思いませんか?
そのためにFrom VALVANEでは、旅行先の安全性やお国柄などが良く現れていると思われるニュースを中心に、ピックアップしていきます。

          人気ブログランキングへ

・ Wikipedia「バクラヴァ」にて、紹介されています。
・ カナダ、バンクーバーの日本語情報雑誌「Oops!」にて、紹介されました。
  http://www.oopsweb.com/2007/focus/new/1b1.htm (ウェブ版)

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- | --:-- | スポンサー広告
ネルソン提督像が「やっと」化粧直し
ロンドン中心部、観光客が多いピカデリー・サーカスからも近い、トラファルガー広場。そこに1843年の建造以来、現在に至るまで風雨にされされながらロンドンを見守っている人物(?)がいます。
その彼は、「ネルソン提督」。 仏・スペイン連合艦隊を破り、ナポレオンの英本土侵攻を阻止した、イギリスの【英雄】ですが、やっとその石像の修復が始まりました。



           ネルソン提督像が化粧直し
                             by Exciteニュース

でも、どうせならもうちょっと早く何とかしてあげて欲しかった…。
だって、こんな風に青空をバックに従えている彼ですが、彼が耐え忍んできたものは風雨だけじゃなかったんですから…!


           アメニモマケズ、カゼニモマケズ、「フン」ニモマケズ…


彼が耐え忍んできたモノ、それは、、


                『フン公害』 だぁ~

                                                


        「四面『鳩』歌」の餌屋さん

        見よ この鳩たちの凄まじさを…

   ハトの餌屋さん、すっかりハトたちに埋もれてしまっています

        写真左端に切れちゃったおじさんも、なんだか歩き辛そうです~


そう、ネルソン提督は、風雨と共に

                   【ハトの糞】

                            にも、じっと耐え続けてきたのでした。。  


ちなみに、彼の石像の足元には、守護者(?)のライオンがいるのですが、
彼も と…っても お疲れなご様子。。  


        いい加減に放してくれよ…;;

子供たちの遊びに付き合わされて、息が切れているようです;;
しかし、まぁ、、 なんてぇツラだ。 



…しかし、、最初の記事にあった写真を見ると、あれだけ大量にいた鳩たちの姿が見えませんね??いったいどこに行ったんでしょう?
まさか…! あの頃新聞で暴露されてたように、高級料理店に売られたとか… ∑( ̄Д ̄;)

…まさか、、ね。(;^_^A


2006.04.04 | 23:59 | valvane流、旅の思い出話 | Comment (2) Trackback (0)
<<住宅難は結婚難@エジプト | ホーム | 話題の成分解析をしてみました♪>>
コメント
思い出しました♪
写真見て、トラファルガー広場の鳩の多さを!
日本の鳩の多さにもびっくりしますが、
ロンドンも多いですよね~。
最近は見かけないって、どうしたんでしょうね?
ネルソン提督よりライオンのほうが印象に残ってるな~、
確かここに昇って写真を撮った記憶があります(笑)。
ガナッシュさんは、最近ロンドンに行かれましたか?
久しぶりに行ってみたいな~♪
by:Beijinglotus | URL | 2006.04.11 13:17 [編集] |
Beijinglotusさんへ

この広場、すごい数の鳩でしたよね~;;
私は鳩につまづきそうになったことを覚えています。
鳩たち、どこでどうしているんでしょうね?
『野生の鳥』というだけで、冷たくあしらわれてたりしないといいのですが。
(ヨーロッパは日本よりも、鳥インフルエンザに敏感に反応しているようですので。)

ライオン、けっこうよじ登っている人、いましたよね。
Beijinglotusさんも、その1人かぁ~♪i-277

by:ガナッシュ | URL | 2006.04.11 19:39 [編集] |














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://valvane.blog17.fc2.com/tb.php/290-e8cd6ac9
| ホーム |

  • SEO
  • loading
  • From VALVANE
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。