旅する人のニュースサイト From VALVANE にようこそ!
どんな国を、旅してみたいですか…? From VALVANEでは、海外旅行をされる方がもっと旅を楽しめるよう、旅の情報を集めるお手伝いをしたいと思います。

旅を楽しむために、大切なこと…。
海外旅行を楽しむためには、もちろん観光地の見どころや宿泊施設、航空チケットについての情報も大切ですが、From VALVANEでは何より「安全であること」が大切であると考えています。 トルコ、カボチャの種取りを手伝う姉弟。安心出来てこそ、旅は楽しめるものですからね。そしてその上で、「その国、その地域の歴史や文化、習慣について」もっと理解を深めることが出来たら…。旅はもっと楽しくなると思いませんか?
そのためにFrom VALVANEでは、旅行先の安全性やお国柄などが良く現れていると思われるニュースを中心に、ピックアップしていきます。

          人気ブログランキングへ

・ Wikipedia「バクラヴァ」にて、紹介されています。
・ カナダ、バンクーバーの日本語情報雑誌「Oops!」にて、紹介されました。
  http://www.oopsweb.com/2007/focus/new/1b1.htm (ウェブ版)

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- | --:-- | スポンサー広告
ごぼうの話

ごぼう



Burdock  和名:牛蒡(ごぼう)

開花期は6~8月、アザミのような花が咲く。
野菜としての旬は、4~5月と11月~2月の年2回。
原産は、ヨーロッパ~アジア。ただし、欧米で食べられることはない。
独特の歯ごたえは、炭水化物の1種であるイヌリンと、繊維質のセルロースのためであるが、
この「歯ごたえ」が、欧米人の口に合わないらしい。
花期には高さ1~1.5メートルになるが、花が咲くより早く収穫となる。
かつては手掘りのため、大変な重労働だった。それを嫌って、農家は収穫前の畑ごと売り、
仲買人は専門の労働者を連れてきて収穫していった。
現在は葉を刈り取った後、機械で掘り上げている。
食物繊維が豊富で、ニンジンやホウレンソウの約2倍。水溶性、不溶性どちらの食物繊維も、
バランス良く含んでいる。また、オリゴ糖も含んでいる。


…さて、今日は「終戦記念日」。この後、これがどう繋がるでしょう?

…裁判のときには相当国情が違い、日本の事情を知らない人が裁判をしたため不当と言えば不当と言える裁判があるのだ。一例としては、俘虜収容所の所員が、終戦真際食糧が非常に不足している。併しこれに対してできるだけいい食物を与えたいというのでごぼうを買つて来て食わしたその当時ごぼうというのは我々はとても食えなかつたのだ。我々はもう大豆を二日も三日も続けて食うというような時代で、ごぼうなんてものはなかなか貴重品であつた。そのごぼうを食わしたところが、それが乾パン代りに木の根を食わして虐待したというので、五年の刑を受けたという、こういう例もあるのだという話をしましたが、…       
                        (参議院会議録情報 第015回国会 法務委員会 第4号

…政府は弱いのですよ、負けた国だけ戦犯があつて勝つた国に戦犯が一人もないという馬鹿気た話はない、本当から言えば今度の国際裁判は根本的には問題がある。一番の戦犯は原子爆弾を落したアメリカにこそあると思うのです。だのに外務省は非常に弱腰ですよ。本当にもつと毅然とした態度をとつてくれなければごぼうを食べさしたものを木の根を食べさせたのだということで二十五年の禁錮を受けておるというような馬鹿気た裁判を受けておるのですから、もつともつとこれは毅然たる態度で交渉しなければいかんと思うのです。
                         (参議院会議録情報 第016回国会 厚生委員会 第7号

お笑い外務省機密情報
テリー伊藤
飛鳥新社 (1997/10)
売り上げランキング: 144,543
おすすめ度の平均: 4
4 いやはやなんとも
3 どこまで行っても国賊集団!
5 恐ろしすぎて笑えない、けど"お笑い"だ!


参考:
牛蒡 ごぼうに関する、一般的な情報。
ごぼう ごぼうに関する、一般的な情報。
キッコーマン ホームクッキングより 
  下ごしらえのヒントなど。下の方に、ごぼうを使ったおすすめレシピあり。
快調野菜 ごぼう NHK。ごぼうの栄養について、詳しく解説。
Wear Burdock!CafePress.com 山ごぼうをデザインしたTシャツを着よう!?妙な生き物

                
2005.08.15 | 17:55 | 世界のちょいネタニュース | Comment (4) Trackback (0)
<<聖母マリア被昇天祭 | ホーム | 旅のテーマに「うさぎさん」?>>
コメント
戦争の縮図?ゴボウ裁判!
まあ根っ子に見えんこともないですからねぇ
というよりゴボウも根っ子には変わりないんで…^^;

それはそうと
アメリカってチーズの嫌いな人にピザ食わせて
もし、裁判になったら
さらに、その裁判官もチーズ嫌いだったら
禁固5年とか10年とかになっちゃうんでしょうか?
怖い国ですねぇまったく

しかしゴキブリが高級料理の国にいって
収容所でゴキブリ料理が出たら
僕も訴えたくなるわな…
ゴキブリ食わせるなんて虐待だ!ってね

味や歯ごたえがどうのという前に
一種の侮辱ととられたんでしょうね

始めはそんな馬鹿な!?とか
この裁判官頭馬鹿?とか思ったんですが
考えてみればなるほど気持ちもわからんでもないなぁ
と、言う余地もある気もしてきました

問題は感情的になることではなくて
感情的になった時の答えが裁判に通ってしまうことでしたね
勘違いや価値観の違いによる結果の違い
ゴボウ裁判一つとっても戦争の縮図に見えますね
by:しちょう | URL | 2005.08.19 05:12 [編集] |
お待ちしていました!
ぜひ、しちょう殿のコメントが読みたくて♪

そうなんですよね。そのときの状況、文化の違いからくる思い違いによる、【悲劇】です。
日本人からしてみれば、自分達の口には入らない、その状況の中で入手しうる最上の物を食べさせた、良かれと思ってしたことが、理解されず、訴えられてしまった。
しかも、戦後間もなく、まだあわただしい中、戦勝国の元で行われた裁判…。
反証や証言も、マトモに取り上げてもらえたかどうか、怪しいですね。

靖国参拝、A級戦犯合祀問題…等々、折りにつけて問題視されますが、実際、難しい問題なんですよね。

靖国神社とは、兵士として亡くなった方だけを祀っている神社ではない。
だから、一国の総理が参拝するのは、当然の心情である。
しかし、靖国神社なので、宗教と政治を分離する…というところでひっかかる。
まぁ、これは「靖国神社」で祀るのをやめて、よく意見が登るように「平和記念館」を新たに建てて、そこに移せば良いことだと思いますが。
しかし「A級戦犯の分祀」。これには、当人の遺族の方々には、異論あることでしょう。
そもそも、私もよく知らなかったのですが、「A級」だから罪が重い、「B・C級」だから軽い…ということではないそうですね。
「カテゴリーA」に分類される戦犯だから、「A級戦犯」。それだけのことなのに、ことさらにA級戦犯だけが、重罪人扱いされる…と。
この「A級」「B級」…という名称自体も、多大な誤解を招く原因になっているようです。
で、この「木の根」を食わした日本兵も、B級だったか、C級だったか、戦犯扱いされたままになっている、今も誤解されたままである…と。

なんとも気の毒な話だと思います。
戦後60年を迎え、新たな時代(※)に入った今、こうした敗戦国として甘んじて受けたままになっている【誤解】の数々を、きちんと裁判をやり直して個人の名誉回復に努めるなど、解消する動きが出来てくれることを希望します。
真珠湾の奇襲作戦についても、真実を白日のもとに晒し、日本国民全体が受けている【誤解】を晴らしていただきたいものです。ね、外務省さん?!(※)

それにしても、しちょう! ゴキブリ…はあながち、ないとも言い切れませんぞ?!
某国では、高級料理として「昆虫料理」があるそうですから!!
「気を遣って」食べさせてくれるかも?! (^ワ^)


※ 「戦後60年」を殊更にクローズアップする理由は、単に10年単位だからではないそうです。人間は60歳になると「ボケはじめ」、赤ちゃんに帰るように見えることから、赤いチャンチャンコを贈る慣わしになっていますが、それと同じで「60年経った今、またあの時に立ち返って」という意味があるそうです。

※ 外務省のトホホな話については、「お笑い外務省機密情報」を一読くださればと思います。
by:ガナッシュ | URL | 2005.08.19 12:06 [編集] |
宗政分離の原則で考えると総理の神社参拝は論理的に問題ですね
ただ現実国際情勢的には戦犯者を供養に行く行為が問題になっているので

>「平和記念館」を新たに建てて、そこに移せば良い…

国際問題解決とはまったく関係ないですなぁ
なんせ靖国神社をやめて
平和記念館という名前の場所で戦犯者を供養するとしか
諸外国には見えないと思いますよ

靖国に限らず総理の神社参拝は
そうかんがえると
理屈ではおかしいのですが
現在政治的実害はないんでしょうね

神社は神道の教会にすぎないけれど
靖国は特別ってところですか
by:しちょう | URL | 2005.08.25 04:52 [編集] |
大多数の日本人には、
宗教観ってものがないですからねぇ・・・
首相が宗教施設に堂々と出入りしても、よっぽど特定宗教に特化した法案を通そうとしたりするのでなければ、あまり気にしないと思います。

戦犯供養が問題ということでは、これは先にも述べたように、裁判のやり直しを訴えるしか、手は残ってないと思います。
敗戦国として甘んじて受けたままになっている【誤解】の数々を、きちんと裁判をやり直して個人の名誉回復に努めるなど、解消する動きが出来てくれることを希望します。
by:ガナッシュ | URL | 2005.08.25 10:36 [編集] |














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://valvane.blog17.fc2.com/tb.php/27-f02fefcb
| ホーム |

  • SEO
  • loading
  • From VALVANE
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。