旅する人のニュースサイト From VALVANE にようこそ!
どんな国を、旅してみたいですか…? From VALVANEでは、海外旅行をされる方がもっと旅を楽しめるよう、旅の情報を集めるお手伝いをしたいと思います。

旅を楽しむために、大切なこと…。
海外旅行を楽しむためには、もちろん観光地の見どころや宿泊施設、航空チケットについての情報も大切ですが、From VALVANEでは何より「安全であること」が大切であると考えています。 トルコ、カボチャの種取りを手伝う姉弟。安心出来てこそ、旅は楽しめるものですからね。そしてその上で、「その国、その地域の歴史や文化、習慣について」もっと理解を深めることが出来たら…。旅はもっと楽しくなると思いませんか?
そのためにFrom VALVANEでは、旅行先の安全性やお国柄などが良く現れていると思われるニュースを中心に、ピックアップしていきます。

          人気ブログランキングへ

・ Wikipedia「バクラヴァ」にて、紹介されています。
・ カナダ、バンクーバーの日本語情報雑誌「Oops!」にて、紹介されました。
  http://www.oopsweb.com/2007/focus/new/1b1.htm (ウェブ版)

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- | --:-- | スポンサー広告
旅のテーマに「うさぎさん」?
調神社のうさぎ今回は、神社のお話ですが、う~ん、ちょっと驚きました。いろんなところを歩いていると、変った神社というのはたまにありますし、私自身、おみくじの変ったの集めるのが好きで、おみくじ置いていそうな神社を見かけると、行ってみたりするのですが、うさぎですか…。

なんでも、埼玉の浦和には、うさぎがシンボルになっている神社があるそうです。
入口には、狛犬ならぬ狛兎がどっしり。




手水舎でも、うさぎの口から水がちょろちょろ。。  そして、池の噴水も、うさぎなら、朱印もうさぎ

…と、どこまでも「うさぎ」なようです。





おみやげの、神楽焼の兎もかわいいけど、おみくじはどうなっているんだろう??
私としては、そっちも気になりました。






世にも珍しいウサギの神社
浦和駅から徒歩約10分。ケヤキやイチョウの木々がうっそう
と生い茂る神社が現れる。
www.excite.co.jp
兎スポット「調神社」 
こちらの神社のことを、くわしくレポートされています。
 兎に縁のある土地。 
 同じく兎スポット「調神社」より。ウサギに縁のある土地
 (神社など)の紹介。 
 tirukuru.jp  
ツキを呼ぶ伝説、浦和調神社 
浦和調神社についてのレポートあり。写真たっぷりです。
www.geocities.co.jp
2005.08.14 | 16:42 | 世界の動物・植物ニュース | Comment (3) Trackback (0)
<<ごぼうの話 | ホーム | チョコレート・フォンデュ・ファウンテン>>
コメント
こんばんは♪
日本野良猫協会でお世話になってます^^あきです。
こちらにも遊びに参りましたw うさぎ三昧の神社なんてあるのですねぇ。なんとも不思議な!!思わずリンクも全部見に行っちゃいました。埼玉かあ、遠い…(笑)関東へ出かけた際は、是非行ってみます♪
by:あき(aki) | URL | 2005.08.14 21:32 [編集] |
こんばんわ
あきさん、こちらにも来てくださって、ありがとうございます。(^o^)
かわいい&驚きですよね、うさぎ神社だなんて♪
私もいっとき、埼玉に住んでいたことがあったのですが、こんな神社があるとは
知りませんでした。
知ってたら、絶対行ってたのに。残念★

でも、探せば意外といっぱいあるかもしれませんよ? > うさぎ神社

私もリンク先のページを見に行って、思い出したのですが、「兎」と言うのは
日本神話では『清浄』のシンボルとみなされているからです。
                       → 『不浄』は「狸」です。
北海道にもあるといいですね。

by:ガナッシュ | URL | 2005.08.14 23:37 [編集] |
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
by: | | 2005.08.15 16:08 [編集] |














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://valvane.blog17.fc2.com/tb.php/26-d273a7cb
| ホーム |

  • SEO
  • loading
  • From VALVANE
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。