旅する人のニュースサイト From VALVANE にようこそ!
どんな国を、旅してみたいですか…? From VALVANEでは、海外旅行をされる方がもっと旅を楽しめるよう、旅の情報を集めるお手伝いをしたいと思います。

旅を楽しむために、大切なこと…。
海外旅行を楽しむためには、もちろん観光地の見どころや宿泊施設、航空チケットについての情報も大切ですが、From VALVANEでは何より「安全であること」が大切であると考えています。 トルコ、カボチャの種取りを手伝う姉弟。安心出来てこそ、旅は楽しめるものですからね。そしてその上で、「その国、その地域の歴史や文化、習慣について」もっと理解を深めることが出来たら…。旅はもっと楽しくなると思いませんか?
そのためにFrom VALVANEでは、旅行先の安全性やお国柄などが良く現れていると思われるニュースを中心に、ピックアップしていきます。

          人気ブログランキングへ

・ Wikipedia「バクラヴァ」にて、紹介されています。
・ カナダ、バンクーバーの日本語情報雑誌「Oops!」にて、紹介されました。
  http://www.oopsweb.com/2007/focus/new/1b1.htm (ウェブ版)

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- | --:-- | スポンサー広告
救急車やパトカーで登校
なにかと驚かされることの多い中国ですが、診療所の救急車をバス代わりに使うことを許可した元診療所長に対し、職権乱用罪で懲役1年、執行猶予2年の有罪判決が言い渡されました。この診療所長は2004年01月、出稼ぎ労働者らが故郷に帰る春節(旧正月)を前に、診療所の運転手から

「救急車を使って商売をしたい」

と相談され、許可したとのことです。結局、運転手は、広東省から出稼ぎ労働者を乗せて戻る途中、大型バスと衝突し、11人が死亡、4人が負傷する大事故を起こしました。
                                                      

大事故になったから大きく取り上げられたものの、小さかったら… 「普通に、よくあること」とされていたんでしょうか? と言うのも、こう言うのは決して珍しいことではなく、中国の子供たちは救急車やパトカーで、学校まで送り迎えされているそうです もちろんそれは救急車やパトカーに限ったことではなく、共産党幹部など黒塗り公用車が支給されている者は、「家族の買い物や旅行などに使う場合も多い」(元人民大学教授)そうです。

ま、日本でも消防車でコンビニに乗り付けて、買い物をしていった…ことが問題視されたこともありました。でも「消防署内には食堂もないし、仕事柄、いつ、いきなり出動になるか分からないから、おちおち食べに出られない事情も考慮して欲しい。」ということでした。
しかしこの中国のは、ちょっと理由が違いますね…

ちなみに、「安徽省六安市規律検査委員会などが昨年秋に3日間、調査を実施したところ、学校への子供の送迎に使われた86台の車両のうち公用車は42台と、 「公用車の利用率」は約5割にも達していたことが判明した。公用車のうちパトカーや救急車が31%に及んだ。」そうです。
…事件や事故が起きたとき、どうなるんでしょうね?
それに、「商売したいから♪」と話を持ちかけた運転手は、罪に問われなかったんでしょうか?


参考記事 : 中国、救急車使って商売 学校はパトカーで
関連記事 : 浙江:温州で公用車使用を制限、1キロで0.8元

2006.02.18 | 15:42 | 世界のおもしろニュース | Comment (0) Trackback (0)
<<「あの人」の住まいブログが読みたい | ホーム | マントンのレモン祭り (BlogPet)>>
コメント














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://valvane.blog17.fc2.com/tb.php/238-da016ac8
| ホーム |

  • SEO
  • loading
  • From VALVANE
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。