旅する人のニュースサイト From VALVANE にようこそ!
どんな国を、旅してみたいですか…? From VALVANEでは、海外旅行をされる方がもっと旅を楽しめるよう、旅の情報を集めるお手伝いをしたいと思います。

旅を楽しむために、大切なこと…。
海外旅行を楽しむためには、もちろん観光地の見どころや宿泊施設、航空チケットについての情報も大切ですが、From VALVANEでは何より「安全であること」が大切であると考えています。 トルコ、カボチャの種取りを手伝う姉弟。安心出来てこそ、旅は楽しめるものですからね。そしてその上で、「その国、その地域の歴史や文化、習慣について」もっと理解を深めることが出来たら…。旅はもっと楽しくなると思いませんか?
そのためにFrom VALVANEでは、旅行先の安全性やお国柄などが良く現れていると思われるニュースを中心に、ピックアップしていきます。

          人気ブログランキングへ

・ Wikipedia「バクラヴァ」にて、紹介されています。
・ カナダ、バンクーバーの日本語情報雑誌「Oops!」にて、紹介されました。
  http://www.oopsweb.com/2007/focus/new/1b1.htm (ウェブ版)

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- | --:-- | スポンサー広告
続々発見 新種の動植物
最近になって、世界中で新発見が相次いでいましたが、未だにこの地球上には未発見の新種の動植物に始まって、【未開の地】なんてものまで存在するんですね。 ニュースが削除されてしまう前に、ちょっとメモっておきたいと思います。全文が読みたい方は、元記事にリンクしていますので、飛んで行ってくださいね~♪


◆ インドネシアに太古の世界が…探検で新種発見      2006年02月08日

   専門家チームが、ニューギニア島西部にある、雲をかぶったフォジャ・マウンテンの一部を
   探検調査したところ、新種の鳥類、蝶、カエル、植物などが大量に棲息する「ロスト・ワールド」
   を発見したと、非営利民間団体コンサベーション・インターナショナルが発表した。
   発見があった一帯は、フォジャ近辺の標高2200メートルの地に住む人々さえも、踏み込んだこ
   とが無いと語っている地域で、まさに【未開の地】。  
   探検隊は顔にあざやかなオレンジの斑点を持つ新種のミツスイを発見したが、これは地元の住
   民しか知らない鳥で、この島で新種の鳥が観測されたのは60年ぶり。さらに20種類以上のカエ
   ル、4種の蝶、5種のヤシなどの植物が新発見された。
   また、彼らは「ベルレプシュの6本線の極楽鳥」なる鳥の写真撮影に初めて成功したが、これは
   標本でこそ知られていたものの、棲息地不明だったもの。他にも正面が金色のニワシドリや、珍
   しい木登りカンガルーも発見した。
     …「20種類以上のカエルに、4種の蝶、5種のヤシ etc」が1度に発見されるって、どんなところよ

ジュラシック・パーク
ユニバーサル・ピクチャーズ・ジャパン (2006/04/19)

価格: ¥882 (税込)
発売予定日は2006/04/19。ただいま予約受付中!


◆ マレーシアの密林に巨大生物!?足跡50センチ    2006年02月03日

   マレーシア南部のジョホール州にある密林で、体長約3メートル、2足歩行する毛むくじゃら
   の巨大生物の目撃証言が相次いでいる。密林では長さ約50センチの足跡も発見された。
   巨大生物が目撃されたのは、約4万9000ヘクタールの「エンダウ・ロンピン国立公園」の密
   林

   昨年11月、複数の公園従業員が3体を目撃。2体は体長約3メートル、1頭はやや小さく子供の
   ようで、いずれも全身毛むくじゃらで2本足で密林の中に立っていたという。

          巨人の足跡
     一応これが「」らしいんですけど、わかります? 写真は元のページにリンクしてま~す♪
     それにしても、、「ジョホール」って 旅好きにはもちろん、サッカーファンの方にも聞き覚えのある
      地名だと思うのですが、「ジョホール」で、ねぇ…。



◆ サンゴの森に新種の魚 カリブ海、潜水調査で発見      2006年02月14日

   発見した場所は、プエルトリコの南東約250キロに浮かぶオランダ領サバ島の沖。魚では体
   長1センチほどのハゼの新種2種類が確認され、体色はそれぞれ薄い赤と白。過去にここで生
   息が確認された魚は50種に満たなかったが、今回の調査で一気に200種(!)に達した。海藻
   類も豊富で、少なくとも12種が新種と分かった。
                                  …「サバ島 で、ハゼ発見!」かぁ~!

◆ 世界最小クラスの魚発見-インドネシアの沼地         2006年01月25日

   スイスやシンガポールの魚類研究者らは、世界最小クラスの魚を発見したと発表、英王立協
   会紀要に掲載された。このインドネシアのスマトラ島の沼地で見つかった魚は、コイ科とみら
   れ、成魚でも体長は7・9ミリにしかならないという。
                                   これの活け造りなんて、まさに職人技!

◆ パンダは白黒だけじゃない 「毛色の違う」亜種も       2006年01月12日

   えっと… これについては先のエントリーで、既に取り上げましたが、ここにもちょっと。そう、パ
   ンダと言えば「白黒」と言うのが「常識」でしたが、「カフェオレ」パンダもいたんですね。

えっと、【未知】だったのは【動植物】ではないんですが…;;
◆ パナマの黄金ガエル、正体不明の菌で絶滅の危機に    2006年02月07日

   黄金のカエルは、パナマでは宝くじや観光客用パンフレットなどに掲載されるなど人々から親し
   まれており、実物を見た人は幸運に恵まれるとも言われている。
   そんな黄金ガエルだが、「元々危機的な状況にあったが、病原性の強い菌の発生で、絶滅しそ
   うな状況
にまで追い込まれている。」と、スミソニアン熱帯研究所の両生類専門家は述べた。南
   イリノイ大学のリポートによると、パナマで急速に広がりつつある正体不明の菌は、動物の皮膚
   の上で繁殖し、感染した動物は、菌に体を覆い尽くされると窒息して死に至るという。
   なお、先月発行された科学誌ネイチャーに掲載された別の研究では、地球の温暖化がこのよ
   うな菌類の発生原因となっている可能性が指摘されている。



2006.02.17 | 11:52 | 世界の動物・植物ニュース | Comment (0) Trackback (0)
<< マントンのレモン祭り (BlogPet) | ホーム | 流行っているのか、アクセス解析?!>>
コメント














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://valvane.blog17.fc2.com/tb.php/237-12744879
| ホーム |

  • SEO
  • loading
  • From VALVANE
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。