旅する人のニュースサイト From VALVANE にようこそ!
どんな国を、旅してみたいですか…? From VALVANEでは、海外旅行をされる方がもっと旅を楽しめるよう、旅の情報を集めるお手伝いをしたいと思います。

旅を楽しむために、大切なこと…。
海外旅行を楽しむためには、もちろん観光地の見どころや宿泊施設、航空チケットについての情報も大切ですが、From VALVANEでは何より「安全であること」が大切であると考えています。 トルコ、カボチャの種取りを手伝う姉弟。安心出来てこそ、旅は楽しめるものですからね。そしてその上で、「その国、その地域の歴史や文化、習慣について」もっと理解を深めることが出来たら…。旅はもっと楽しくなると思いませんか?
そのためにFrom VALVANEでは、旅行先の安全性やお国柄などが良く現れていると思われるニュースを中心に、ピックアップしていきます。

          人気ブログランキングへ

・ Wikipedia「バクラヴァ」にて、紹介されています。
・ カナダ、バンクーバーの日本語情報雑誌「Oops!」にて、紹介されました。
  http://www.oopsweb.com/2007/focus/new/1b1.htm (ウェブ版)

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- | --:-- | スポンサー広告
若き「グラン・プラス」の悩み
Happy Valentine!

ブリュッセル(ベルギー)では、赤信号が 型になっていた()そうで、お洒落ですね♪
そんなブリュッセルの中心にあるのが、世界遺産、グラン・プラス。ゴシック、バロック様式の建造物に囲まれた長さ110メートル、幅80メートルの広場は「世界で最も美しい広場」と呼ばれ、ベゴニアの花を敷き詰める夏の風物詩「フラワーカーペット」(2年に1度開催)が有名です。
また、小便小僧こと、ジュリアン君の衣装が保管・展示されているブリュッセル市立博物館(王の家)も、このグラン・プラスにあります。(そして、バレンタインにつきもののゴディバも…


  英雄セルクラースの像

そんなお洒落な場所、グラン・プラスですが、この場所にも悩みはありました。大気汚染です。

今は広々とした中庭のような広場となっているブラン・プラスですが、60年代には市場として使われていて、商店主や買い物客の車であふれ返っていたそうです。そのため車の排ガスによる大気汚染が酷く、市庁舎など広場を取り囲む建物は「真っ黒」になり、酸性雨が景観悪化に追い打ちをかけました。 

そこで市役所は、80年代後半に美化のための修復作業に着手しましたが、これにも障害がありました。建物の1階にはカフェや土産物店が軒を連ねるため、店の前を作業用の布で覆うと「営業妨害になる」と苦情が出たんだそうです。(確かに、今でもグラン・プラスを取りまくようにした店舗に入っているのは、カフェにしろ何にしろ、いわゆる「有名どころ」ばかりのようです。)
結局、なんとか、観光客の少ない冬季に作業を進めることで妥協が成立し、市庁舎は約10年がかり)で98年に修復が終わったものの、これからも他のビルで修復作業が続くとのことです。

…と、ついでに。 

この記事通り…じゃないですが、このグラン・プラスを訪れた観光客が「ついでに」立ち寄っていくのは、お馴染みの「小便小僧」ですが 、もう1つ「ついでに」立ち寄っていくところがあります。
それが写真奥に鎮座まします、「英雄セルクラースの像」
地元の大学生たちが「試験で良い点が取れる」と験を担いで触り出したのが事の始まりだそうですが、今でもこの像に触れると「幸せになる」とされ、御利益を求める観光客が後を絶たないとのこと。おかげで像の摩耗は激しく、復元は難しいそうです。
でも、そんなこと言われたら、つい触りたくなりますよね~! 
ゴディバの買い食いも、サイコーでしたよ♪  



参考記事 : 世界遺産と生きる:/10 ベルギー・グランプラス 「汚染」に悩む広場
参考にどうぞ : ベルギー観光局

2006.02.14 | 08:06 | 旅人として気になるニュース | Comment (0) Trackback (0)
<<初春や 紅梅の咲く こねこの手 | ホーム | マントンのレモン祭り>>
コメント














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://valvane.blog17.fc2.com/tb.php/234-12e623d3
| ホーム |

  • SEO
  • loading
  • From VALVANE
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。