旅する人のニュースサイト From VALVANE にようこそ!
どんな国を、旅してみたいですか…? From VALVANEでは、海外旅行をされる方がもっと旅を楽しめるよう、旅の情報を集めるお手伝いをしたいと思います。

旅を楽しむために、大切なこと…。
海外旅行を楽しむためには、もちろん観光地の見どころや宿泊施設、航空チケットについての情報も大切ですが、From VALVANEでは何より「安全であること」が大切であると考えています。 トルコ、カボチャの種取りを手伝う姉弟。安心出来てこそ、旅は楽しめるものですからね。そしてその上で、「その国、その地域の歴史や文化、習慣について」もっと理解を深めることが出来たら…。旅はもっと楽しくなると思いませんか?
そのためにFrom VALVANEでは、旅行先の安全性やお国柄などが良く現れていると思われるニュースを中心に、ピックアップしていきます。

          人気ブログランキングへ

・ Wikipedia「バクラヴァ」にて、紹介されています。
・ カナダ、バンクーバーの日本語情報雑誌「Oops!」にて、紹介されました。
  http://www.oopsweb.com/2007/focus/new/1b1.htm (ウェブ版)

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- | --:-- | スポンサー広告
オランダのマリファナ政策 2
先のエントリーでオランダ、アムステルダムの一部地域に「マリファナ禁煙エリア」が設定された話を取り上げましたが、その一方でオランダ政府は、使用者保護の政策も打ち出していました。


    オランダに

    医療用マリファナ専門薬局

                           ができる
    

オランダでは、有名な「コーヒーショップ」 でマリファナを買うことができますが、オランダ医療用マリファナ基金は、同国北部のフローニンゲンに、苦痛に苦しむ患者が高品質のマリファナを廉価で購入できる薬局をオープンさせるそうです。しかもフローニンゲンの薬用マリファナは1グラム5ユーロ(約700円)で、通常の薬局で購入できる、効きの強い医療マリファナより低価格だそうです。(ちなみに、コーヒーショップでは、ジョイント3~4本が10ユーロ(約1400円)程度で、しかもその品質は薬局よりは悪いとか。)
このマリファナ薬局の計画は、ホーヘザンドアッセンの街でも進んでいるとのことです。

オランダはまだ世界でも珍しい「安楽死」及び「積極的安楽死」を認めている国ですが、そのためにも痛み止めとして、マリファナは重要ですもんね。



さよならエルマおばあさん
大塚 敦子
小学館 (2000/07)
売り上げランキング: 31,606
おすすめ度の平均: 5
5 感動的なエルマおばあさんの生き方
5 生きること死に行くことの意味を教えてくれる
5 命の終わりに対する覚悟

いつまでもわすれないよ。スターキティが語るおばあさんの思い出。ある夏の終わり、エルマおばあさんは、お医者さんから病気でもう長くは生きられない、と言われました。これは、おばあさんといっしょにすごした最後の1年間のお話です。(Amazonより)
もう、泣かずにはいられないお話です…。  



【関連エントリー】 大麻・大麻・大麻…!
            オランダのマリファナ政策 2
            <補足>オランダのマリファナ政策

2006.02.08 | 09:57 | 旅人として気になるニュース | Comment (0) Trackback (0)
<<オランダのマリファナ政策 | ホーム | オランダのマリファナ政策 1>>
コメント














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://valvane.blog17.fc2.com/tb.php/228-3904c8e4
| ホーム |

  • SEO
  • loading
  • From VALVANE
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。