旅する人のニュースサイト From VALVANE にようこそ!
どんな国を、旅してみたいですか…? From VALVANEでは、海外旅行をされる方がもっと旅を楽しめるよう、旅の情報を集めるお手伝いをしたいと思います。

旅を楽しむために、大切なこと…。
海外旅行を楽しむためには、もちろん観光地の見どころや宿泊施設、航空チケットについての情報も大切ですが、From VALVANEでは何より「安全であること」が大切であると考えています。 トルコ、カボチャの種取りを手伝う姉弟。安心出来てこそ、旅は楽しめるものですからね。そしてその上で、「その国、その地域の歴史や文化、習慣について」もっと理解を深めることが出来たら…。旅はもっと楽しくなると思いませんか?
そのためにFrom VALVANEでは、旅行先の安全性やお国柄などが良く現れていると思われるニュースを中心に、ピックアップしていきます。

          人気ブログランキングへ

・ Wikipedia「バクラヴァ」にて、紹介されています。
・ カナダ、バンクーバーの日本語情報雑誌「Oops!」にて、紹介されました。
  http://www.oopsweb.com/2007/focus/new/1b1.htm (ウェブ版)

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- | --:-- | スポンサー広告
これ、な~んだ?vol.6
ロンドン、テムズ河沿いを歩いていて見つけた、この巨大オブジェ。
いったい、何に見えますか?

ロンドンにて 巨大なオブジェ


この、いろんな雑多な物の、寄せ集めオブジェ。よ~く見ると、あるものの形をしています。すぐ近くで見るより、こうしてちょっと離れて見るのが、

ところで、、最近ロンドン周辺では、大型の彫刻が相次いで盗まれているそうです。その数たるや、この6カ月の間に、約20点 
大型の彫刻は目立つ上、転売が困難なことから、ロンドン警視庁は

「溶かして【スクラップ】にした上で売却される可能性がある」

…として、芸術作品の行方を憂慮しているとか。    

今のところの被害は、「ロンドン南西部のローハンプトン大学の、構内に置かれた大型ブロンズ彫刻、「ザ・ウオッチャーズ(監視人)」(高さ約2メートル)=時価60万ポンド(約1億2000万円)」などだそうですが、それよりも私としては、お気に入りのこのオブジェが盗まれはしないか、何よりスクラップ)にされてしまわないか、そっちの方が気がかりです。

あー、利己的な私。



元記事 : 英で大型彫刻の盗難多発・スクラップにして売却か
こちらも参考にどうぞ : 銅製の彫刻を溶かして売却か――有名彫刻家の作品、盗難が相次ぐ

2006.02.03 | 16:43 | What's this?(・_・")? | Comment (0) Trackback (0)
<< トルコで鳥インフルエンザが拡大 (BlogPet) (BlogPet) (BlogPet) | ホーム | 世界遺産燃ゆ・・>>
コメント














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://valvane.blog17.fc2.com/tb.php/220-d89cf12d
| ホーム |

  • SEO
  • loading
  • From VALVANE
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。