旅する人のニュースサイト From VALVANE にようこそ!
どんな国を、旅してみたいですか…? From VALVANEでは、海外旅行をされる方がもっと旅を楽しめるよう、旅の情報を集めるお手伝いをしたいと思います。

旅を楽しむために、大切なこと…。
海外旅行を楽しむためには、もちろん観光地の見どころや宿泊施設、航空チケットについての情報も大切ですが、From VALVANEでは何より「安全であること」が大切であると考えています。 トルコ、カボチャの種取りを手伝う姉弟。安心出来てこそ、旅は楽しめるものですからね。そしてその上で、「その国、その地域の歴史や文化、習慣について」もっと理解を深めることが出来たら…。旅はもっと楽しくなると思いませんか?
そのためにFrom VALVANEでは、旅行先の安全性やお国柄などが良く現れていると思われるニュースを中心に、ピックアップしていきます。

          人気ブログランキングへ

・ Wikipedia「バクラヴァ」にて、紹介されています。
・ カナダ、バンクーバーの日本語情報雑誌「Oops!」にて、紹介されました。
  http://www.oopsweb.com/2007/focus/new/1b1.htm (ウェブ版)

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- | --:-- | スポンサー広告
火災から主人を救った犬が焼死
ドイツはバルト海のウーゼム島の、2階建てアパートで火事が起きた。いち早く気付いたベルジアン・シェパードが、ソファで寝ていた42歳の男性の上掛けをはぎ取った。その後、寝室で寝ていた45歳と47歳の夫婦にも大声で吠えたてて火事を知らせた。おかげで3人は窓から飛び降りて無事だったが、ふとアパートを振り返ると、火は既にアパートの最上階全体に燃え広がっていて、犬は死んでしまった。3人は犬の名前を叫び続けたが、犬は飛び降りるのが怖かったため、逃げられなかったのではないかとみられている。

犬もいっしょに、抱きかかえて飛び降りていれば…と思うけど、すっかり動転していて、それどころじゃなかったんでしょうね。かわいそうに。。



【元記事】 火災から住人の命を救った忠犬、焼死 
       再送:ドイツで火災に気付いた犬が住人救う、自らは焼死 



犬にまつわる不思議な話
宇佐 和通著
学研 (2004.10)
通常1-3週間以内に発送します。

飼い主と一緒に食事をしていたり、きれいに着飾った犬を見かけることも多い。そんな家族の一員のような犬たちにまつわる不思議で心温まるエピソードを集めた物語集。あなたの犬も、こんなことしていませんか?



猫にまつわる不思議な話
宇佐 和通著
学研 (2003.5)
通常2-3日以内に発送します。

前足で開けた襖を、後ろ足で閉めるようになったら、その猫は化け猫だ。あなたの猫は大丈夫? 盲導猫、グラウンドゼロを生き延びた猫など、猫が人間との関わり合いの中で見せる、不思議な一面をまとめたもの。


2005.12.10 | 13:30 | 世界の動物・植物ニュース | Comment (0) Trackback (0)
<<三陸“駅”で、ちょうど食べごろ | ホーム | プルーフ・オブ・マイ・ライフ>>
コメント














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://valvane.blog17.fc2.com/tb.php/158-1c6b5c35
| ホーム |

  • SEO
  • loading
  • From VALVANE
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。