旅する人のニュースサイト From VALVANE にようこそ!
どんな国を、旅してみたいですか…? From VALVANEでは、海外旅行をされる方がもっと旅を楽しめるよう、旅の情報を集めるお手伝いをしたいと思います。

旅を楽しむために、大切なこと…。
海外旅行を楽しむためには、もちろん観光地の見どころや宿泊施設、航空チケットについての情報も大切ですが、From VALVANEでは何より「安全であること」が大切であると考えています。 トルコ、カボチャの種取りを手伝う姉弟。安心出来てこそ、旅は楽しめるものですからね。そしてその上で、「その国、その地域の歴史や文化、習慣について」もっと理解を深めることが出来たら…。旅はもっと楽しくなると思いませんか?
そのためにFrom VALVANEでは、旅行先の安全性やお国柄などが良く現れていると思われるニュースを中心に、ピックアップしていきます。

          人気ブログランキングへ

・ Wikipedia「バクラヴァ」にて、紹介されています。
・ カナダ、バンクーバーの日本語情報雑誌「Oops!」にて、紹介されました。
  http://www.oopsweb.com/2007/focus/new/1b1.htm (ウェブ版)

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- | --:-- | スポンサー広告
中国四川省、生きた「脚の生えたヘビ」が捕まえられるも蛇酒に
2009年9月11日、華西都市報によると、四川省遂寧市の仁里鎮(村)に住む段瓊秀(ドゥアン・チオンシウ)さん宅で、脚の生えたヘビが発見されたことが分かりました。


四川省遂寧市のある村で、脚の生えたヘビが発見されたことがわかった。by Record China



足の生えたヘビが捕まえられたのは、0時をまわって9日になった、午前1時過ぎ。怪しい物音で目を覚ました段さんが、「泥棒か」とドキドキしながら部屋の明かりをつけたところ、枕元の壁にヘビが  

ヘビは体長40センチと言うことですから、ヘビとしてはそれほど大きいわけじゃありませんが、それでも、、 「シャー、シャー、シャー…」って、怖いですよね

しかもこのヘビ、足が生えていた…

頭から15センチほどのところに、4本の爪が生えた足が付いていたそうです。…と来れば致し方ないのかもしれませんが、段さんは思わず、ヘビを殴り殺し、お酒の入った瓶に詰めてしまいました。そのため、ヘビの体は変色し、分析には時間が掛かるとのことです。

「足の生えたヘビ」については、以前、アルゼンチンで化石が発見されていますが、生きた状態となると、ひょっとしたら初めてだったかもしれません。専門家も「非常に珍しい」と認める、このヘビ…。生きた状態で捕獲できていたらと思うと、やや残念です。




関連エントリー :
「蛇足」ではありますが
中国、伝説の龍は実在した?!
伝説のスッポン、ベトナム北部で発見

ヘビなのに脚が生え、そこには爪も!専門家「非常に珍しい」
2009年9月11日、四川省遂寧市のある村で、脚の生えたヘビが
発見されたことが分かった。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090913-00000001-rcdc-cn
2009.09.15 | 23:43 | 旅人として気になるニュース | Comment (0) Trackback (0)
<<シドニー、70年振りの大規模砂嵐で赤く染まる | ホーム | ビールを飲んだイスラム教徒女性、ムチ打ち刑は執行されるのか?>>
コメント














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://valvane.blog17.fc2.com/tb.php/1134-e5126f14
| ホーム |

  • SEO
  • loading
  • From VALVANE
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。