旅する人のニュースサイト From VALVANE にようこそ!
どんな国を、旅してみたいですか…? From VALVANEでは、海外旅行をされる方がもっと旅を楽しめるよう、旅の情報を集めるお手伝いをしたいと思います。

旅を楽しむために、大切なこと…。
海外旅行を楽しむためには、もちろん観光地の見どころや宿泊施設、航空チケットについての情報も大切ですが、From VALVANEでは何より「安全であること」が大切であると考えています。 トルコ、カボチャの種取りを手伝う姉弟。安心出来てこそ、旅は楽しめるものですからね。そしてその上で、「その国、その地域の歴史や文化、習慣について」もっと理解を深めることが出来たら…。旅はもっと楽しくなると思いませんか?
そのためにFrom VALVANEでは、旅行先の安全性やお国柄などが良く現れていると思われるニュースを中心に、ピックアップしていきます。

          人気ブログランキングへ

・ Wikipedia「バクラヴァ」にて、紹介されています。
・ カナダ、バンクーバーの日本語情報雑誌「Oops!」にて、紹介されました。
  http://www.oopsweb.com/2007/focus/new/1b1.htm (ウェブ版)

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- | --:-- | スポンサー広告
日本航空、機内サービスのワインボトルをプラスチック製に
左が、プラスチック製のワインボトルで、右が現行のガラス製ワインボトル。
この「違い」、判りますか…?
少しでも燃料を節約しようと、航空各社がまたまた、「減量作戦」を展開しているとのことです。



プラスチック製のワインボトル(左)で軽量化、燃料節約 by 読売新聞
プラスチック製のワインボトル(左)で軽量化、燃料節約  写真は読売新聞より



2008年7月には、スプーンや機内誌をグラム単位で軽量化する「ダイエットプログラム」を発表した日本航空が、今度はワインボトルに目を付けました。明日、6日から、一部の国際線で提供するワインの容器を、ガラス製(145グラム)からプラスチック製(22グラム)に変更することで、1本当たり約123グラムの減量になる計算です。1本当たりでも123グラムは大きいですが、機内サービスで出されるワイン…、(標準的な750mlサイズより小さいと思いますが)1機当たり約300本載せているとのことなので、計約37キロもの軽量化になるそうです。プラスチックのボトルになることで、ワインの風味がどのようになるのか…、やや気になるところではありますが、まだまだ燃料代が高い今、燃料削減の取り組みは素晴らしいですね。

なお、全日空でも、長距離国際線の旅客機を対象に、新型軽量タイヤ(1機当たりの減量効果は、約80キロ)の導入を進めていて、今秋までに13機に取り付ける予定とのことです。それにしても、全日空でも機内誌のページ数を減らしていた(1冊当たり9グラム減)んですね。

でも、日本航空、全日空共、今年10月以降に発券する航空券から、「燃油特別付加運賃(サーチャージ)」を復活させる方針、かぁ…。



関連エントリー :
日本航空(JAL)、燃油高でスプーン細く、機内誌ページ数減
2座席使う肥満の乗客に「追加料金」を求めるのは正当?
デリー航空の運賃は、乗客の体重で決まります。
お願い「搭乗前にトイレに行ってください」
燃料節約のため、ポーズをキメて頂きます。

燃料節約へ“機内ダイエット”作戦
日本航空は6日から、一部の国際線で提供するワインの容器
をガラス製(145グラム)から
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090804-00000639-yom-bus_all
2009.08.05 | 10:57 | 世界の航空会社・空港ニュース | Comment (0) Trackback (0)
<<中国、原作に忠実でない神話・伝奇ドラマは放送を許可しない方針 | ホーム | 2座席使う肥満の乗客に「追加料金」を求めるのは正当?>>
コメント














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://valvane.blog17.fc2.com/tb.php/1122-aae46b5b
| ホーム |

  • SEO
  • loading
  • From VALVANE
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。