旅する人のニュースサイト From VALVANE にようこそ!
どんな国を、旅してみたいですか…? From VALVANEでは、海外旅行をされる方がもっと旅を楽しめるよう、旅の情報を集めるお手伝いをしたいと思います。

旅を楽しむために、大切なこと…。
海外旅行を楽しむためには、もちろん観光地の見どころや宿泊施設、航空チケットについての情報も大切ですが、From VALVANEでは何より「安全であること」が大切であると考えています。 トルコ、カボチャの種取りを手伝う姉弟。安心出来てこそ、旅は楽しめるものですからね。そしてその上で、「その国、その地域の歴史や文化、習慣について」もっと理解を深めることが出来たら…。旅はもっと楽しくなると思いませんか?
そのためにFrom VALVANEでは、旅行先の安全性やお国柄などが良く現れていると思われるニュースを中心に、ピックアップしていきます。

          人気ブログランキングへ

・ Wikipedia「バクラヴァ」にて、紹介されています。
・ カナダ、バンクーバーの日本語情報雑誌「Oops!」にて、紹介されました。
  http://www.oopsweb.com/2007/focus/new/1b1.htm (ウェブ版)

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- | --:-- | スポンサー広告
ヒルタ島の野生ヒツジ、温暖化の影響で小型化
スコットランド沖の離島に生息する野生のヒツジ(ソアイ羊)が、年々小型化しているのは、地球温暖化の影響との研究結果を、インペリアル・カレッジ・ロンドンの科学者らが発表しました。

小型化が確認されたのは、野生のソアイ羊(Soay sheep)。スコットランドの沖合い、約65kmの大西洋上に浮かぶ、セントキルダ群島の1つ、ヒルタ島に生息する野生のヒツジで、元々通常の家畜としてのヒツジに比べ、半分ほどの大きさしかない(最大45kg、寿命は最長16年程度)のが、ここ25年ほどの間、小さくなり続けている、というのです。(写真および地図は、ロサンゼルス・タイムズより。)


ソアイ羊 by ロサンゼルス・タイムズ
調査隊は、温暖化によって、痩せた羊でも容易に冬を生き延びれるようになったことで、
群れの個体の平均的な大きさが小さくなった、と結論付けた。


セントキルダ諸島、ヒルタ島 by ロサンゼルス・タイムズ今回の調査は、インペリアル・カレッジ・ロンドン、リーズ大学、ケンブリッジ大学、スタンフォード大学の研究グループが、1986年から2007年にかけて、メスの羊140頭の体重と足の長さを毎年測定。その結果、ソアイ羊の平均体重が、過去20年以上に渡って、年間で約85gずつ減少し、体高も調査開始の頃と比べると、5%小さくなっていることが判ったのです。

これは、温暖化によって気温が上昇し、冬も比較的暖かく、かつ短くなったことで、従来であれば十分に栄養を蓄えた状態でなければ乗り切れなかった「厳しい冬」を、(あまり餌を食べない)小さなヒツジでも乗り切れるようになったため、と考えられていますが、研究者が指摘するように、非常に驚くべきことです。わずか25年の間に、温暖化が生物にもたらす影響が、目に見える形で明らかになったのですから。小さくなり「続ける」というのは、1世代限りの特異的な変化ではなく、遺伝的に受け継がれるようになった、という意味です。

従来の進化論では、体が大きい方が生存競争に有利であり、進化の方向としては、体が大きくなると考えられてきましたが、同種の生物でも地理的に暖かいところほど小型化すると言う、「バーグマンの法則」が、ヒルタ島でも証明されたのです。今回の調査では、「北大西洋振動指数」なるものも用いて、気候変動と海上の気圧変動との相関関係も踏まえて分析していますが、それによると、ヒルタ島周域は冬の訪れが遅れ、春の到来が早まっているそうで、これもバーグマンの法則を裏付けていると言えるでしょう。このまま行けば、「ソアイ羊はチワワのように小さくなってしまうのか?」という質問には、「まだ判らない」そうですが、温暖化の影響、恐るべし!ですね。(温暖化の原因が、人間の活動によるものとは限りませんが…。)




※ CNNや朝日新聞では「ソーエイ羊」とありますが、「ソアイ羊」の方が正しいようです。
※ 温暖化の影響を見るために、ソアイ羊を選んだ理由は、ヒルタ島が孤島であるためと思われます。
   陸地から遠く離れ、監視員以外、誰も住んでいない無人島であるため、人間の商業活動の影響を
   直接受けることがない、調査向きな環境なのです。あ、セントキルダ島は、世界遺産です。


関連エントリー :
ピグミー族の低身長は「環境適応」の結果
氷の島グリーンランドは、本当に「緑の島」だった
体長60センチのヒトデなど、南極海で巨大生物を大量発見

スコットランドの野生ヒツジ、温暖化の影響で小型化と
英スコットランドに生息する野生のヒツジが地球温暖化の影響で
小型化しているとの研究結果
www.cnn.co.jp
Could a warming world lead to pocket-sized sheep?
Changing winter conditions are causing Scotland's
wild Soay sheep to get smaller
edition.cnn.com
Sheep getting smaller in Scotland due to climate change
The average weight and size of sheep on a remote
island have been falling in small
www.latimes.com
温暖化影響“縮むウール”
スコットランドの離島に生息している羊が温暖化の影響で、
1世代ごとに小型化している
www.business-i.jp
2009.07.15 | 18:32 | 世界の動物・植物ニュース | Comment (5) Trackback (0)
<<アボリジニの聖地「エアーズロック」、登山禁止の見通し | ホーム | 観光客よ、戻って来て! パリ観光局が市民に笑顔を呼びかけ>>
コメント
ギリシャの羊は暑いけど、小型化していません。
スコットランドのヒルダ島のものは品種がちがうのかもしれませんが、、。
このごろは暑くて羊肉を含めて、肉類は食べる気がしません。
体温が上がらないように野菜類とフェタチーズを食べています。
by:あがぴょん | URL | 2009.07.16 18:35 [編集] |
 ほかでも書いたけど25年での気温上昇は0.2℃程度、しかも離島では気温上昇はより小さいはず。 0.2℃程度の気温変化で生態系に明瞭な影響があるなら3℃気温は上昇している東京の生態系はめちゃくちゃになっているはず。 アスファルト直上は50℃程度になっているといわれているのだから背の低い生物は絶滅しそうなものだ。
by:匿名の旅人 | URL | 2009.07.17 06:20 [編集] |
コメントありがとうございます
すみません、パソコンのモニターが不調であったため(結局、新品を買いました i-241 )、返事が遅くなりました。


■ あがぴょんさんへ

ギリシャの家畜ヒツジと、このヒルタ(Hirta)島の野生ヒツジとは、品種が違うと思います。
また、単純に暑くなったら小型化するのではなく、四季の長さ(バランス)が崩れることで、生育環境が大きく変わったことが原因であるようです。

家畜は人為的に選択された環境(餌や飼育場所など)で飼育されています。そのため、人為的要因によってサイズ等が変わらないことも考えられます。


■ 匿名の旅人さん

変化は微妙なものですから、気が付いていないだけで、東京の生態系も、何らかの変化が起きているかもしれません。…と、この研究で発表された内容は、「気温上昇」によるものではなく、「気候変動」による生態系への変化です。そこのところを、混同なされないよう。。

また、離島と違い、東京は人為的要因をふんだんに受けていると考えられますので、単純に当てはめることはできないと思います。
by:valvane | URL | 2009.07.19 21:39 [編集] |
 いえいえ この本文中で温暖化の影響でとなっており 地理的に温かいほど小型化する つまり気温上昇を起因としていますから気温上昇で良いのでは無いでしょうか? 気候変動の文字は本文中に見受けられません、まあ原文にあるかもしれませんが。
 また本気で0.2℃の気温上昇が生態系に明確な影響を及ぼすと本気でお考えですか? それなら毎年それ以上の気温の変化がありますよね。 
by:匿名の旅人 | URL | 2009.07.22 05:15 [編集] |
匿名の旅人さんへ
疲れる方ですね。よく読んでください。エントリー中にも「ヒルタ島周域は冬の訪れが遅れ、春の到来が早まっているそうで」と書いています。i-181

生態系への影響は、既にいろんなところで出ていますよ。今回、研究テーマに取り上げられたのはヒルタ島の野生ヒツジでしたが、日本でも魚の生息域が北上するなど、影響が出ています。

日本各地の米どころで、米の収量が減っている話もありますよね。それは日本各地で栽培されているお米は、その土地土地の気候等に合わせて品種改良された品種を植えているのに、気候が変わってしまったからです。それぞれの品種に適した栽培が、ずれてきてしまっているのです。i-268
by:valvane | URL | 2009.07.22 20:56 [編集] |














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://valvane.blog17.fc2.com/tb.php/1112-30d27933
| ホーム |

  • SEO
  • loading
  • From VALVANE
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。