旅する人のニュースサイト From VALVANE にようこそ!
どんな国を、旅してみたいですか…? From VALVANEでは、海外旅行をされる方がもっと旅を楽しめるよう、旅の情報を集めるお手伝いをしたいと思います。

旅を楽しむために、大切なこと…。
海外旅行を楽しむためには、もちろん観光地の見どころや宿泊施設、航空チケットについての情報も大切ですが、From VALVANEでは何より「安全であること」が大切であると考えています。 トルコ、カボチャの種取りを手伝う姉弟。安心出来てこそ、旅は楽しめるものですからね。そしてその上で、「その国、その地域の歴史や文化、習慣について」もっと理解を深めることが出来たら…。旅はもっと楽しくなると思いませんか?
そのためにFrom VALVANEでは、旅行先の安全性やお国柄などが良く現れていると思われるニュースを中心に、ピックアップしていきます。

          人気ブログランキングへ

・ Wikipedia「バクラヴァ」にて、紹介されています。
・ カナダ、バンクーバーの日本語情報雑誌「Oops!」にて、紹介されました。
  http://www.oopsweb.com/2007/focus/new/1b1.htm (ウェブ版)

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- | --:-- | スポンサー広告
ローマの老舗レストラン「イル・パセット」、法外請求で閉鎖
ローマの老舗レストランイル・パセットIl passetto)」が、法外請求をしたとして、市当局によって閉鎖されました。「イル・パセット」は、ローマの観光スポット、ナボーナ広場近くにある、149年の歴史を誇る、伝統的イタリア料理の老舗レストラン。古くは喜劇王チャールズ・チャプリンやグレース・ケリー、最近ではハリソン・フォードやレオナルド・ディカプリオら著名人も通っていたことで知られ、日本のガイドブックでも紹介されている(※)にも関わらず、日本人観光客に対して、法外に高い料金を請求したとのことです。
※ 成美堂出版発行の「いい旅・街歩きイタリア」 リストランテ・パセット
予算ランチ40ユーロ~、ディナー50ユーロ~、料金は良心的

その金額、なんと 
約700ユーロ(約9万4000円)…!! ←ランチです。


ローマのぼったくり老舗レストラン、イル・パセット by Roma Today
ローマのぼったくり老舗レストラン、イル・パセット by Roma Today


どのようなお店なのか、Roma Today紙による写真を見てみますと、 …布のテーブルクロスですね。花も生けてあって、見るからに高そうです。  そして、「イル・パセット(Il Passetto)」のHPを見てみますと、 …ああ!ますますもって、高そう(※)です。さすが、著名人が通う店だけあります。私には縁がなさそうです。  
※ 店の歴史については書いてありますが、料理や予算については、何も書いていません。


こんな立派そうなお店で、食事をしたわけですから、それなりのお値段がすることは覚悟していたのでしょうが、さすがに、、 請求金額695ユーロ)には驚愕したようで。  2人は、何かの間違いだろうと思いながらもクレジットカードを渡したそうですが、最終的な金額も695ユーロで、しかも、更にチップ代として115.50ユーロが加算…とあっては、さすがに怒って抗議したということです。でも、店長は「この辺ではこれが普通」と取り合わず、話にならないので、警察に駆け込んだ…と。

警察も、あまりに常軌を逸した金額であったために調査を開始。ローマ市長命令も出たことから、衛生当局および価格捜査官が抜き打ち検査を行ったところ、調理場が汚かったり、冷蔵庫が壊れているなどの衛生法違反が見つかり、また、メニューに載っている値段と請求金額が一致していない(行政違反、詐欺行為の疑い)ことが判明。めでたく、、 即!営業停止処分になりました。

ローマのアレマノ市長いわく、
「このレストランは、決して再び営業をすべきでないし、
 営業許可も取り消されるべきだ」
 とのこと。

まぁね、観光収入の比重が大きい町で、こんなのをのさばらせていてはいけませんよね…。って、イタリアで「ぼったくり」なんて、よくある話だと思うのですが、なぜ今回、イタリア各誌で取り上げられるほど、大きく扱われたかと言うと、「被害額に加え、被害者が狙われやすい日本人だった」からだそうです。日本人が狙われやすい(狙いやすい)という認識は、やっぱりあったんですね。。



しかし、2人分のランチの金額ですが、何をどれだけ頼んだら(ウェイター任せにしたという話も)こうなるのか… 気になりませんか? これもロイター(カキ12個とロブスター2キロ、ワイン、スズキ1.5キロ)やらAFP(パスタ2皿、ミネラル・ウォーター1本、ワイン1本、フルーツ)やら…、いろいろ書いているのですが、表現が異なるためか、内容がまちまちです。と思ったら、Roma Today 紙にそのものズバリ、
レシートが掲載されていました!

イル・パセットのぼったくり料金内訳 by Roma Today




パン

白ワイン(ソーヴィニョン)

ミネラルウォーター(ガス入り)

生牡蠣3つと手長エビ2つ

オマールエビのパスタ

魚のグリル
  
ジェラート3種盛り



小計

チップ







  5ユーロ

108ユーロ

  3ユーロ

142ユーロ

208ユーロ

 82.50ユーロ

 31ユーロ



579.50ユーロ

115.50ユーロ



695ユーロ




凄いですね。オマールエビのパスタ… 美味しそうですが、208ユーロ。
1人換算で、約13950円… パスタだけで…

「イル・パセット」オーナーが言う「超高級な魚」とは、スズキを使った「魚のグリル」のようですが、海外では一律的にシーフードは高いとは言え… スズキって、そんなに超高級魚なんでしょうか? 
しかも、1人あたり750グラムも食べた パスタとは別に…?

生牡蠣も… 本当に2人で12個も食べたんでしょうか? 「前菜」として…
オーナーさんは「生牡蠣12個」と言っているようですが、参照させていただいたサイトによると、(イタリア語は皆目理解できませんので、頼ってしまいました )牡蠣は3個とのこと。それは1人分だとしても、2人で6個と、数が合いません。

今回は金額も金額なので、また、彼らがすぐに警察に飛び込んだ ことから発覚しましたが、「高級店なのだから、これ位するのかもしれない…」と騙されたのか、トラブルを嫌って諦めたかした旅行者は、他にも大勢いる気がしてなりません。店が悪いのはもちろんですが、旅行者も1人1人が勇気を持つ…(?)、旅行者としての「責任」を持って、警察に通報して欲しいと思います。1人の客で味を占めた犯罪者は、2人目を狙いますから。。


そうそう、外務省の海外安全ホームページを見ていたら、こんなことが書いてありました。

滞在時の留意事項 5
レストランや商店等で飲食や買い物をした際は、レシートを必ず受領し、しばらく保管しておく必要があります。財務警察の職務質問を受けた際に、所持していないと、店側の脱税を助けるものとして罰金刑を科されることがあります。


財務警察… 今回の「イル・パセット」の調査で活躍した、「価格捜査官」というやつですね。日本ではレシートを受け取らないクセを身に付けちゃっている人、気を付けて下さい♪
 





追記1 :
朝日新聞によると、なんとブランビラ観光相が「法外な値段を請求された「ぼったくり」事件について謝罪し、イタリア政府の費用負担で再びローマを訪れてくれるよう被害者に呼びかけている」とのこと。ただし、朝日新聞の他に独自の内容で報じている報道機関は、1社もない様子(英・伊ニュースを検索)。

追記2 :
朝日新聞によると、ぼったくり被害に遭った山田康行さん夫婦は、「必要ありません。イタリアの税金を使うことになるのでむしろ困ります」と答えたとのこと。

追記3 :
朝日新聞によると、イル・パセットで法外な値段を請求された山田康行さん(35)が19日昼、来日するローマ市の副市長と、東京・六本木のイタリアンレストランで会食することになった。「騒ぎを長引かせたくないので、誘いを受けました」とのこと。ご苦労様です。。



参照したサイト :
「Milanotoday [edizione-b]」より、「お会計は695ユーロです、、、 ええ~!

こちらもどうぞ :
「モシモシ日記 in Roma~ローマでB&B営業中!~」より、
絶対に許さない!!」「口だけなら世界一のはず・・・
ぼったくり被害に遭った旅行者2人が宿泊していた、B&Bのオーナーさん。警察との間に入って活躍。

ローマのレストラン、日本人観光客への「ぼったくり」で閉鎖
イタリア当局は、日本人観光客カップルの昼食に約700ユーロ
(約9万4000円)を請求した
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090703-00000559-reu-int
ローマ、日本人観光客に法外な食事代請求のレストランが閉鎖に
日本人観光客カップルに700ユーロ(約9万4000円)近い食事代
を請求したレストランが、閉鎖処分
www.afpbb.com
ぼったくりランチ9万円 ローマの有名レストラン閉店
ローマ市内にある有名レストランで、日本人観光客がランチ代として
約700ユーロを支払わされた
www.asahi.com
"Il Passetto" serve la truffa a 2 giapponesi: 695 euro per un pranzo
Un pranzo normale, per un conto da nababbi: ai 579,50
euro per quanto consumato
www.romatoday.it
ぼったくり被害者さま、再訪を 伊観光相「政府が費用」
イタリアのブランビラ観光相が、法外な値段を請求された事件について
謝罪し、イタリア政府の費用負担で
www.asahi.com
伊ぼったくり被害の男性「ご招待不要、むしろ困ります」
ローマの有名レストランで日本人のカップルがランチに法外な値段を
請求されたことが
www.asahi.com
ぼったくり被害の男性、ローマ副市長と「和解ランチ」へ
ローマ市の有名レストランで法外な値段を請求された山田康行さんが、
副市長と六本木のイタリアレストランで会食
www.asahi.com
2009.07.05 | 17:04 | 世界の観光地・遺跡ニュース | Comment (8) Trackback (3)
<<サウジのファストフード店、初めてのラクダバーガー販売へ | ホーム | ドレスデン・エルベ渓谷、世界遺産登録抹消をユネスコが決定>>
コメント
この詳細知りたかったんですよ、、
レシートまで見せて頂き、この大岡裁き
ならぬ 最後の午餐ならぬ 誤算、、
堪能しました。

それにつけても、ROMA TODAYまで追いかける知的好奇心、、といか野次馬根性 多いには私たちを楽しませましたよ!

ありがとうございました。
by:イコン | URL | 2009.07.06 22:57 [編集] |
イコンさんへ
コメントありがとうございます。

>知的好奇心、、といか野次馬根性

だって、気になるじゃないですか。報道機関各社で、食べたとされるものの内容が違っているなんて、変ですよ。
ま、それだけですね…。i-239
by:valvane | URL | 2009.07.07 00:38 [編集] |
遅ればせながら・・・・
トラックバックさせてください!
久しぶりにvalvaneさんのサイトを覗いたら、こんな記事があったなんて!
ちょうど今、うちのブログでイタリアへの日本人観光客が激減しているっていうネタで盛り上がっているところでした。
しかし、これはヒドイですね~~。
ROMA TODAYも読んでみましたが、イタリアでも情報が錯綜しているみたいで、レストラン側はイセエビ?ロブスター?を何キロも食ったとか言ってたみたい・・・・
この記事に対するコメントも数多く寄せられてましたが、イタリア人自身も、こんなことをしたら観光客が減るじゃないか~!恥をしれ!との怒りのコメントが多数。
その中に、ローマにある寿司屋が高すぎるからその復讐だ!という『?』なコメントもありましたが・・・。
しかし、これはヒドイ!
by:フェニーチェ | URL | 2009.07.21 01:08 [編集] |
フェニーチェさんへ
イタリアへの日本人観光客、減っているんですか? Yahoo知恵袋の旅行心配性さんの数は、変わらないように思っていたのですが…、心配性ではない方は、サクッと切った、ということでしょうか?i-229

イタリア語は、ごくごく一部の意味が推測できる程度の、よく判らないレベルなので、解説してくださるとうれしいです。ちなみに、メニューについては、(参照元サイトさんによると)「CORRIERE DELLA SERA」の記事を参照しているそうです。

http://roma.corriere.it/notizie/cronaca/09_luglio_1/giapponesi_menu-1601524172170.shtml

IL MENU- Al tavolo della coppietta giapponese (che, fidandosi del cameriere, non ha nemmeno guardato il menu) è arrivato un antipasto con due scampi e tre ostiche a testa. E poi due succulente porzioni di spaghetti all'astice seguite da un pesce al forno. Niente contorno: ad accompagnare solo vino bianco Sauvignon e una bottiglia di acqua frizzante. Per finire, due coppette di gelato con tre gusti differenti che alla fine sono risultati alquanto salati.
by:valvane | URL | 2009.07.21 08:54 [編集] |
摂訳ですが・・・
書いて頂いていたイタリア語の訳はこんな感じです。

メニューさえ見ずにオーダーをウェイターを信じて任せたカップルの元に運ばれた物は;
前菜:1人につき、手長えび2本とカキ3個
パスタ:オマールエビのスパゲッティたっぷり2人前
メイン:魚のグリル(付け合わせなし)
ワイン:ソーヴィニオン(白ワイン)
ガス入りの水1本
デザート:3種のジェラート盛り合わせ(と言っても小さいみたい)

そして、最後に持って来られたのは「とってもしょっぱい勘定」だった。

(この場合の『しょっぱい(塩辛い)』は値段が高いという意味です。

この方々、滞在先のBBのオーナーさんに助けられたんですね~。それは良かった。どうやってあの手ごわいイタリアの警察に泣きついたのかなって思ってたんです。いやいや、助けられて本当に良かった。泣き寝入りしている方々はたくさんいらっしゃるでしょうね・・・。
しかし、BBのオーナーさん、「天晴!」でした!!
by:フェニーチェ | URL | 2009.07.22 22:55 [編集] |
フェニーチェさんへ
翻訳ありがとうございます。
ははは… 本当に、あやうく涙でしょっぱくなりそうな出来事でしたね。

そう、しっかりした旅行者だな~ と思ってみれば、仕事人はB&Bのオーナーさんでした。i-278
納得です。
(と言っちゃ、悪いかな? でも、届け出る根性がある旅行者が少ないのは、事実だ~!)

でも、やはり一筋縄ではいかなくて、大変だったみたいですよ。署長さんが理解ある方だったので、署長さんにお話が付いてからは、早かったみたいですが。
by:valvane | URL | 2009.07.23 00:41 [編集] |
観光大臣が謝罪コメントを出す事態に
「これに懲りず、ぜひもう一度遊びに来て頂きたい、もちろん費用は公費負担」と。
http://www.asahi.com/international/update/0723/TKY200907230071.html
by:SA | URL | 2009.07.23 13:30 [編集] |
SAさんへ
すごいですね。イタリア政府が費用負担で再訪願いですか。
このニュースを見て、前の内容を知らなかった方が検索して、来てくれたんですね。
お知らせいただき、ありがとうございます。i-235
by:valvane | URL | 2009.07.23 21:25 [編集] |














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://valvane.blog17.fc2.com/tb.php/1106-0865ab5d
本日の気になったニュース(IT編)―2009.7.5
Internet Explorerを6から8にアップグレードしたわけですが なんか最近やたらとエラーを起こして落ちるような気がします…。 セキュリティ関連 「ワンクリック不正請求」に関する相談件数、過去最悪に http://japan.cnet.com/news/sec/story/0,2000056024,20396109,0...

のほほんと書くブログ | 2009.07.06 |

イタリアへの観光客激減の一つの原因か・・・・
うちのブログにもよく遊びに来てくださっているValvaneさんのブログFrom VALVANEで、こんな記事を見つけました。 ローマのナボーナ広場の近くにあ...

フェニーチェの西方見聞録 | 2009.07.21 |

-
管理人の承認後に表示されます

| 2013.04.24 |

| ホーム |

  • SEO
  • loading
  • From VALVANE
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。