旅する人のニュースサイト From VALVANE にようこそ!
どんな国を、旅してみたいですか…? From VALVANEでは、海外旅行をされる方がもっと旅を楽しめるよう、旅の情報を集めるお手伝いをしたいと思います。

旅を楽しむために、大切なこと…。
海外旅行を楽しむためには、もちろん観光地の見どころや宿泊施設、航空チケットについての情報も大切ですが、From VALVANEでは何より「安全であること」が大切であると考えています。 トルコ、カボチャの種取りを手伝う姉弟。安心出来てこそ、旅は楽しめるものですからね。そしてその上で、「その国、その地域の歴史や文化、習慣について」もっと理解を深めることが出来たら…。旅はもっと楽しくなると思いませんか?
そのためにFrom VALVANEでは、旅行先の安全性やお国柄などが良く現れていると思われるニュースを中心に、ピックアップしていきます。

          人気ブログランキングへ

・ Wikipedia「バクラヴァ」にて、紹介されています。
・ カナダ、バンクーバーの日本語情報雑誌「Oops!」にて、紹介されました。
  http://www.oopsweb.com/2007/focus/new/1b1.htm (ウェブ版)

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- | --:-- | スポンサー広告
カリフォルニア州最高裁、同性婚の「禁止」を支持
アメリカ、カリフォルニア州の最高裁判所は26日、「婚姻は男性と女性の間で(異性間で)行われるもの」とする住民投票の結果を、「支持する」ことを表明しました。これは、昨年、この裁判所が同性婚を認めたのとは真反対の結果であり、進取の気性に富んだカリフォルニアとは思えない判断です。



アメリカ、カリフォルニア州最高裁、同性婚の禁止を支持
※ 動画風ですが、ただの写真です。スタートボタンを押すと、キレイに見えるようになります。 


今回の最高裁の判断は、昨年、最高裁は同性婚を認めた後、11月になって、多数の住民が「住民投票事項8(Proposition 8)」として知られる、同性婚を禁止する条例案に賛成票を投じたためです。ただし、昨年6月から11月の間に結婚が認められた、1万8000組の同性婚については満場一致で有効であることを認め、禁止条例を過去に遡って適用することもないということです。

とは言え、 なんでよ~?!  ですよね。

2006年に全米で行われたアンケートによると、アメリカ人の8割は同性婚に反対とのことですが、誰を好きになろうが、誰と結婚しようが、、それは当事者同士の問題であって、他人様には関係ないじゃないですか。同性同士で結婚したからと言って、それが誰の迷惑になるわけでもないし(「子供の教育に悪い」という意見は却下させていただきます)、なぜ一部の人の「気に食わないから」という理不尽な意見で幸せをつかむ権利を奪われないといけないのか。ストレートでもゲイでもレズでも、誰にでも、幸せを追求する権利はあると思います。




関連エントリー :
フランス、婚外子の割合が半数を超える
Mrs&Mrs ロジャースの物語

おまけ :
ナパ・バレーのワイン農家、ヌードカレンダーに

米カリフォルニア州最高裁、同性婚の禁止を支持
カリフォルニア州の最高裁判所は26日、婚姻は男性と女性
の間で行われるものとする
jp.reuters.com
"California High Court Upholds Gay Marriage Ban"
The California Supreme Court's decision Tuesday
to uphold Proposition 8
www.liveleak.com
2009.05.28 | 18:10 | 世界のちょいネタニュース | Comment (0) Trackback (0)
<<ドイツの裁判所、自国で起きた食人鬼事件を描いた映画に上映許可 | ホーム | コモドドラゴン、血の凝固を妨げる毒を持っていたことが判明>>
コメント














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://valvane.blog17.fc2.com/tb.php/1101-66323ee2
| ホーム |

  • SEO
  • loading
  • From VALVANE
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。