旅する人のニュースサイト From VALVANE にようこそ!
どんな国を、旅してみたいですか…? From VALVANEでは、海外旅行をされる方がもっと旅を楽しめるよう、旅の情報を集めるお手伝いをしたいと思います。

旅を楽しむために、大切なこと…。
海外旅行を楽しむためには、もちろん観光地の見どころや宿泊施設、航空チケットについての情報も大切ですが、From VALVANEでは何より「安全であること」が大切であると考えています。 トルコ、カボチャの種取りを手伝う姉弟。安心出来てこそ、旅は楽しめるものですからね。そしてその上で、「その国、その地域の歴史や文化、習慣について」もっと理解を深めることが出来たら…。旅はもっと楽しくなると思いませんか?
そのためにFrom VALVANEでは、旅行先の安全性やお国柄などが良く現れていると思われるニュースを中心に、ピックアップしていきます。

          人気ブログランキングへ

・ Wikipedia「バクラヴァ」にて、紹介されています。
・ カナダ、バンクーバーの日本語情報雑誌「Oops!」にて、紹介されました。
  http://www.oopsweb.com/2007/focus/new/1b1.htm (ウェブ版)

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- | --:-- | スポンサー広告
Halloween Ghost Walk
本日は万聖節の前夜…つまりハロウィンです。いよいよ今月いっぱいかけて散りばめてきたハロウィン・ネタも、佳境に入ってきました。みなさまもご近所訪問は、もうお済みでしょうか? 何か楽しい出会い、ハプニング、そしてなにより【収穫】はありましたでしょうか? それとも、おや、、そちら様はもう、お疲れになってしまわれましたか? まあまあ、、今日と言う日はまだこれから、今からがお楽しみの時間だと言いますのに。…もう少しお頑張りくださいな。まぁ、そんなわけで本日はこれより総仕上げとしまして、イギリスはロンドンの、 

          Halloween Ghost Walk
 
に参加したときの模様をご紹介します。。


さて、夜も更けてまいりました。
それではそろそろ、本日の集合場所、セント・ポール寺院に向かいましょうか。。

           Ghost Walk 1

同じくセント・ポール寺院前からですが、ほのかにライトアップされた寺院に、月明かりが微妙に
怪しい空気を醸し出しています。ウォークツアー客以外他に誰もいないこの時間、この場所で、
ただ寺院の鐘だけが木々を揺らす風に響いています。

    Ghost Walk 2


                           …。


…と、雰囲気はばっちりのハロウィーン・ウォーキングツアーだったのですが、
写真の方は全く撮れていません
ツアーはセントポール寺院を起点に、「シティ」と呼ばれる金融街の裏道などを1周、ぐるりと回って
くるもので、その途中、ガイドの方は度々立ち止まってはその場所で起きた陰惨な話や怪奇事件、
様々な噂話などを聞かせてくれました。
う~ん、期待されていた方、期待させるだけ期待させといて、すみませんっ
ゴースト・ウォークはこのセント・ポール寺院を起点とするものだけではなく、他にもいくつかの会社
から出ていますし、またハロウィンでなくても(通常のゴースト・ウォークは)実施されていますので(…)、またロンドンに行くことがありましたら、トライして参ります。。

最後に、ロンドン塔の遠景です。
う~ん、なんだかブレブレ写真ばっかりですね…。すみません;;

    Ghost Walk 3











あ~っ、もう!!

本当に、なんにもお楽しみ写真撮れてないなんて!
…いえ、それは私が英語のヒアリングに手一杯で、なかなか写真をバシバシ撮るだけの余裕がなかったことが原因なんでしょうが、いや…;;

唯一まともに撮れた(?)、それらしい雰囲気の写真が、1枚目の写真だけとは!
それだってブレブレで、そのせいで怪しくないものまで怪しく見えてしまっている「駄作」かぁ、、
ちょっと凹む…。(-_-;)
   ※ 1枚目の写真の右下、怪しげな緑色のものが写っていますが、それは「ただの手ブレ」
     (=心霊写真ではない)と思われます。






あ、でも、、ただのオーブですが、2つ写っていますね。
それでも、オーブ自体は珍しくも何ともないですが、中にはっきりと人の顔が見て取れるもの
は、私が撮ったなかでは初めてですね。

これ。↓

Ghost Walk 4

水滴のような丸いものの中に、…わかりますでしょうか?




【旅の参考にどうぞ・・】
The Original London GHOST WALK
Haunted Britain and Ireland
Ghost Tours at Hampton Court Palace
この他にも、ビクトリア駅の観光案内所などに行けば、パンフレットが置いてあります♪


鍵穴から覗いたロンドン
スティーブ・ジョーンズ著 / 友成 純一訳
筑摩書房 (1998.7)
この本は現在お取り扱いできません。


  子供たちの悲惨な生活。乱脈を極める異性関係。すさまじい決闘。ありとあらゆる悪徳がはびこった昔のロンドン。
   都市の実態と時代相が、ここにくまなく覗かれている。

  目次より≫ まず子供たちが… (ロンドン子供残酷物語、ビクトリア朝のロリータたち、悪魔に平手打ち―ウィリア
                      ム・ステッドの過激な人生 ほか)
          愛の狩人たち (ロンドンにおけるセックスの歴史、生活と性の勝手な関係、ビクトリア朝ロンドン悪徳
                      地図 ほか)
          世界は劇場なり (古き良きレジャーかな、驚くべし食生活、ビクトリア朝における自殺 ほか)


※ この本は2005/10/31現在、BK1では取り扱えないようですが、アマゾンの方には、マーケット
   プレイス(中古市場)から何点か出品されているようです。
   アマゾンの「鍵穴から覗いたロンドン」のページへ

2005.10.31 | 22:00 | valvane流、旅の思い出話 | Comment (5) Trackback (0)
<<これ、な~んだ?vol.3 | ホーム | ハンプトンコート in the Nighttime>>
コメント
こちらも・・
ちょっと怖い雰囲気漂う写真ですね
(ちょっとぼけているところがまたそう感じますよ :) )

↓のヘンリー8世!先日私もルーマニアの浮気王について
紹介したのですが、これはさらに侮れないですね。。
こういうゴシップも含めて王族の権威もあったのかな、なんて。

★栗ピューレの件、記事に追記しました~
そして お邪魔していただいたことがあったんですね、ありがとうございます。
こちらこそ宜しくお願いします。

ドラキュラの本は、原作はあのBストーカーなのですが
菊池秀行と言う人の アレンジ?です。
本に詳しい人がいうには、彼の書き方は独特らしい です。
by:go2rumania | URL | 2005.11.01 05:13 [編集] |
go2rumaniaさんへ
また来てくださって、ありがとうございます。

はい、雰囲気だけは出ています。雰囲気だけ…;;
もうちょっと何かあれば、企画として楽しかった(?)のですが。

ヘンリー8世は、凄い人ですよね。
あまりに短気で、また、強迫観念に捕らわれていたような王様ですね。
ちょっとでも不興を買うととんでもないことになったみたいで、家臣はいつも
びくびくしていたみたいです。
まぁ、どこの王家でも、よく聞きそうな話ではありますが。
ルーマニアの王様は恋狂いかもしれませんが、このヘンリーさんは、ただ
ただ恐いだけのお人のような気がします。

栗ピューレの追記、読ませて頂きました♪
でも、やっぱりよくわかりません。やはり実物を食べてみなくては…♪
いつかルーマニアに行くことがありましたら、そのときはよろしくお願いします。v-291
by:ガナッシュ | URL | 2005.11.01 07:18 [編集] |
やっとこさ回復の兆しが見えてきたまーらいおんです。

というか写真ぶれているせいもあるのでしょうが、雰囲気ありますね...。
イギリスってこの手の心霊スポットって多かった気がします。
前の思いっきりな心霊写真は夜中に見させてもらいましたが
かなり来ました\(>o<)/ギャーッ!
フィンランドって歴史があんまりないから、それっぽい雰囲気の場所って
少ないんですよね~。プラハはいっぱいありそうですが....。
by:まーらいおん | URL | 2005.11.01 07:19 [編集] |
朝から。。。
雰囲気のあるお写真を見せていただいちゃいました{{(><)}}ブルブル
ブレ具合が、加工してあるみたいで、味出過ぎですー。
続けて、このネタを読むのは、ちょっと怖いかったです・・・e-236

ひとりで、夜、見に行ったんですか!?

会社の近所、ハロウィンが終わったら、もうクリスマスツリーの組み立てがはじまっていました。。。
季節感があるんだか、ないんだかe-263
by:SuuSuu | URL | 2005.11.01 10:29 [編集] |
コメントありがとー♪

まーらいおんさんへ

こんにちわ。体調はいかがですか? 大分回復されましたでしょうか?
病み上がりで無理はしないで下さいね~!v-24

は・は・は・・・ 雰囲気だけはバッチリなんですけどね~。(^ ^ゞ
ところで、まーらいおんさんは「プラズマだぁ!」派ではないんですか?
(ちょっと聞いてみたかった) (w


SuuSuuさんへ

ようこそ、朝から!v-411
いい味出てるでしょ~? おいしそう?!

この時のは、「ゴーストウォークツアー」という、ガイドさんと歩きでまわるツアーで
全部で十数人くらいが参加していました♪
これイギリスではけっこうメジャーで、いくつもの会社のパンフが、観光案内所に
行くと置いてあります。コースもいろいろあって、「出る」ことで有名なパブに
飲みに行くコースなんかもありますよ♪ なんでもイギリスのパブにとっては「出る」
ことは「縁起がいい」ことだそうで、いつも賑わっているんだそうです。
日本とは逆ですね。

もし興味ありまましたら、上の記事の終わりに、「参考に」ってことで載せておきましたので、
見に行ってみてください♪v-521
by:ガナッシュ | URL | 2005.11.01 12:47 [編集] |














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://valvane.blog17.fc2.com/tb.php/110-382ff619
| ホーム |

  • SEO
  • loading
  • From VALVANE
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。