旅する人のニュースサイト From VALVANE にようこそ!
どんな国を、旅してみたいですか…? From VALVANEでは、海外旅行をされる方がもっと旅を楽しめるよう、旅の情報を集めるお手伝いをしたいと思います。

旅を楽しむために、大切なこと…。
海外旅行を楽しむためには、もちろん観光地の見どころや宿泊施設、航空チケットについての情報も大切ですが、From VALVANEでは何より「安全であること」が大切であると考えています。 トルコ、カボチャの種取りを手伝う姉弟。安心出来てこそ、旅は楽しめるものですからね。そしてその上で、「その国、その地域の歴史や文化、習慣について」もっと理解を深めることが出来たら…。旅はもっと楽しくなると思いませんか?
そのためにFrom VALVANEでは、旅行先の安全性やお国柄などが良く現れていると思われるニュースを中心に、ピックアップしていきます。

          人気ブログランキングへ

・ Wikipedia「バクラヴァ」にて、紹介されています。
・ カナダ、バンクーバーの日本語情報雑誌「Oops!」にて、紹介されました。
  http://www.oopsweb.com/2007/focus/new/1b1.htm (ウェブ版)

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- | --:-- | スポンサー広告
「卵かけご飯」を輸出したい!富山の養鶏会社「仁光園」のチャレンジ
365日たまごかけごはんの本富山県内で初めて生食用鶏卵を香港に輸出した高岡市の養鶏会社「仁光園」が、5月に再度、香港のスーパーで卵を販売することが決まりました。  3月のテスト販売が好評だったためで、仁光園は「今後は卵かけご飯 を日本料理店のメニューに加えてもらい、輸出を定着させたい」と意気込んでいるとのことです。

こういう、ニッポンが元気なニュースって、いいですね。  輸入ばかりしてないで、日本にも良い物いっぱいあるんだから、どんどん輸出ネタを探そうよ! といつも思っている私ですので、つい、うれしくなります。しかし、
「卵かけご飯を日本料理店のメニューに」…??

卵かけご飯って、、 熱いくらいに温かい、炊き立てのご飯に溶き卵を絡めて、お醤油(私はダシ醤油+醤油 )を振って… ではないかと思うのですが、この簡単な庶民のご飯が「日本料理店のメニュー」になるとは、これ如何に?!?! 

…と思ったら、ヒント(?)になりそうな本がありました。写真をクリックで、販売画面に飛びますが、Amazonで販売しているこの本(現在、一時的に在庫切れ )、まんま、たまごかけごはんの本です!! あるんですね~、こんなの。  書評を見ると、「この本の卵かけごはんは、お手軽って感じではありません。例えば、朝の忙しい時間や一人暮らしの男性が、行者にんにくやらスモークサーモンやら、ふぐの子ぬか漬けなんか用意してまで、このメニューは作らないでしょう。そういう「お手軽」感はありませんが、いつもの卵ご飯にちょっとひと工夫っていう、時間にもお財布にも余裕のある方向けって感じです。」…で、なるほど、ちょっと「日本料理店のメニュー」っぽい様子。  

仁光園によると、3月に販売した際、試しに価格を百貨店で約28香港ドル、スーパーで約25香港ドルとしたところ、売れ行きは価格にあまり左右されずに、百貨店で約8割、スーパーで約6割だったそうで、「富裕層を取り込むべき!」と感じたとのこと。そのためにも、卵の味をしっかり味わってもらえる「たまごごはん」で、だけどターゲットは富裕層なので、「庶民の味」っぽくならないような工夫が必要、ということなんですね。(お手軽に食べたい方は、こちらをどうぞ!

おとなのねこまんま あったかごはんを極うまに食べる136

泰文堂
売り上げランキング: 165
おすすめ度の平均: 5.0
5 意外と馬鹿にならない
5 おいしいです
5 ラクだし、美味しいし


そうそう、、なぜ「卵の輸出」をGood! と思うかと言うと、外国にだって、もちろん卵は売っているのですが、日本のとは違うからです。別に、見た目に変わっているわけではなく、味も多分、そこまでの違いは無く、鮮度も日本で販売されているものと、大して変わらないと思うのですが…、外国で売られている卵は、特に書いてはいないものの、基本的に「加熱用」なんですね。生では食べられないんです。もちろん、「卵かけご飯」には出来ません。

これは、サルモネラ菌(食中毒の原因になる)のせいで、卵が鶏の体内で作られる段階で菌が入り込むin-egg型と、卵が産み出される際に菌が殻に付くon-egg型があります。と言っても、菌が付いていれば「=ダメ」ではなくて、菌の数が少なければ(繁殖していなければ)、問題なく食べられます。という訳で、大切なのは、なるべく菌を保有しているヒナは除くこと、養鶏場の衛生管理、卵の選別・包装・流通過程での管理であり、それが日本は意識徹底していますよ!と言うわけなのです。このサルモネラ菌のこともあって、生で食べられる期間は短く、近場にしか輸出できませんが、成功してほしいですね。



参考にどうぞ:
サルモネラ食中毒 より、「2.卵とサルモネラ」
社団法人 日本養鶏協会 より、「たまごの知識」
生卵は本当に大丈夫なのか in 中国北京
中国で生卵を食べる
生卵かけ御飯
「ホカホカの銀シャリには生卵だろ。」外国人ご飯事情
北京で生卵
たまには、軽いエントリー①卵の話
アメリカの生卵食ってます。
生卵を食べる

「卵かけご飯」を輸出したい!ターゲットは海外富裕層
高岡市の養鶏会社「仁光園」が、5月に再度、香港の
スーパーで卵を販売する
headlines.yahoo.co.jp
2009.04.11 | 18:15 | 世界のちょいネタニュース | Comment (2) Trackback (0)
<<有毒な科学染料で染められた犬、「星期狗」は1週間の命 | ホーム | 中国発のスパイ情報網に100ヶ国以上の政府施設が被害!>>
コメント
失礼いたします。
> 管理人様

世界各地に、「高級卵」の売り出しといったところでしょうか。ごはんも、たまごも、そして「しょうゆ」も美味しくないとダメですから、いっそのこと、その全てを輸出へ!!
by:tenjin95 | URL | 2009.04.11 18:36 [編集] |
tenjin95さんへ
そうですね、日本はもっと積極的になってもいいと思います。
今でも日本製品を輸出する企業はありますが、もっと増えてもいい。
口ベタでシャイな日本人が多い分、営業さんには頑張っていただいて、
日本人が喋らなくても「それ、知ってるよ!」と言われるくらいになれば、
(アニメじゃなくて)日本の現実の文化も、日本人感も、
ちょっとずつ、なんとなく伝わる部分もあるのではないかと思います。
by:valvane | URL | 2009.04.11 20:12 [編集] |














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://valvane.blog17.fc2.com/tb.php/1076-eab4dc35
| ホーム |

  • SEO
  • loading
  • From VALVANE
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。