旅する人のニュースサイト From VALVANE にようこそ!
どんな国を、旅してみたいですか…? From VALVANEでは、海外旅行をされる方がもっと旅を楽しめるよう、旅の情報を集めるお手伝いをしたいと思います。

旅を楽しむために、大切なこと…。
海外旅行を楽しむためには、もちろん観光地の見どころや宿泊施設、航空チケットについての情報も大切ですが、From VALVANEでは何より「安全であること」が大切であると考えています。 トルコ、カボチャの種取りを手伝う姉弟。安心出来てこそ、旅は楽しめるものですからね。そしてその上で、「その国、その地域の歴史や文化、習慣について」もっと理解を深めることが出来たら…。旅はもっと楽しくなると思いませんか?
そのためにFrom VALVANEでは、旅行先の安全性やお国柄などが良く現れていると思われるニュースを中心に、ピックアップしていきます。

          人気ブログランキングへ

・ Wikipedia「バクラヴァ」にて、紹介されています。
・ カナダ、バンクーバーの日本語情報雑誌「Oops!」にて、紹介されました。
  http://www.oopsweb.com/2007/focus/new/1b1.htm (ウェブ版)

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- | --:-- | スポンサー広告
中国発のスパイ情報網に100ヶ国以上の政府施設が被害!
中国が拠点とみられるインターネット経由のスパイ情報網ゴーストネットに、世界100ヶ国以上の政府施設などで、1300台近いコンピューターが侵入されている( )ことが判りました。

例 : インドネシア、イラン、フィリピンの外務省、ラオス首相府、北大西洋条約機構(NATO)、
    AP通信(英国事務所) のコンピュータなど



SGアンチマルウェア
ジャングル (2007-06-28)
売り上げランキング: 2785
おすすめ度の平均: 4.5
5 最強かな?
4 星4.5くらいですかね



発表したのは、カナダ・トロント大とケンブリッジ大の専門家チームで、調査のきっかけとなったのは、チベット仏教最高指導者、ダライ・ラマ14世の事務所での不正侵入疑惑)。

事務所が他国の外交官にダライ・ラマとの面会を提案するメールを送ったところ、その相手が中国政府から面会を拒否するよう警告を受けた…って、あまりに中国らしいですね。中国では、反政府的なサイトや海外のサイトにアクセスすると、秘密裏に警告を受けるとか何とか…と聞きましたが、それを思い出しました。もちろん、在ニューヨーク中国総領事館の報道担当者は、「中国政府はサイバー犯罪に反対し、厳しく禁止している」と強調したそうですし、また、スパイ活動に中国政府が関与していることを裏付ける事実は報告されていないとのことですが、そうは言ってもね。。

ちなみに、この「ゴーストネット」というヤツでは、スパイウェアが電子メールの添付ファイルなどを装って攻撃対象のコンピュータに侵入。コンピューター内にある特定のファイルを検索、自動発信するほか、マイクやカメラを操作してユーザーの言動を監視することも可能 …と言われているそうです。すごいですね;;



関連エントリー:
中国、外国通信社の報道規制を強化
情報統制の国、中国

中国発のスパイ情報網が発覚 ダライ・ラマなど標的に
中国が拠点とみられるインターネット経由のスパイ情報網
「ゴーストネット」に、世界
www.cnn.co.jp
2009.04.01 | 17:10 | 世界の痛いニュース | Comment (4) Trackback (0)
<<「卵かけご飯」を輸出したい!富山の養鶏会社「仁光園」のチャレンジ | ホーム | コモドドラゴンが生息する公園に無断で立ち入り、漁師死亡>>
コメント
コンピュータに監視カメラなどで人間が管理される社会。
そんな映画を最近みたのだけど、、、思い出せない・・・
しかし現実に起こりえるとは恐ろしいです。
by:ウナム | URL | 2009.04.01 18:43 [編集] |
ウナムさんへ
いくら現代だからって、「まさか~」な話ですよね。
まるで映画のような…。

しかし、こと中国とダライ・ラマが出てくるとあっては、
…ありえるかも?!?! と言う感じですね。
未だに、この報道内容が真実なのか、
疑っていたりもするわけですが、う~む;; i-238
by:valvane | URL | 2009.04.02 00:03 [編集] |
失礼いたします。
> 管理人様

中国は完全にしらばっくれたということですが、しかし、悪質ですね。あの国家には政教分離という概念は全く存在しないようです。
by:tenjin95 | URL | 2009.04.02 09:42 [編集] |
tenjin95さんへ
>あの国家には政教分離という概念は全く存在しないようです。

そうですね。中国政府が認めている「キリスト教団体(カトリック)」は、バチカンが認める「キリスト教団体(カトリック)」とは別物で、バチカンが任命した司祭を受け入れませんしね…。
by:valvane | URL | 2009.04.04 04:08 [編集] |














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://valvane.blog17.fc2.com/tb.php/1075-1e8f3870
| ホーム |

  • SEO
  • loading
  • From VALVANE
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。