旅する人のニュースサイト From VALVANE にようこそ!
どんな国を、旅してみたいですか…? From VALVANEでは、海外旅行をされる方がもっと旅を楽しめるよう、旅の情報を集めるお手伝いをしたいと思います。

旅を楽しむために、大切なこと…。
海外旅行を楽しむためには、もちろん観光地の見どころや宿泊施設、航空チケットについての情報も大切ですが、From VALVANEでは何より「安全であること」が大切であると考えています。 トルコ、カボチャの種取りを手伝う姉弟。安心出来てこそ、旅は楽しめるものですからね。そしてその上で、「その国、その地域の歴史や文化、習慣について」もっと理解を深めることが出来たら…。旅はもっと楽しくなると思いませんか?
そのためにFrom VALVANEでは、旅行先の安全性やお国柄などが良く現れていると思われるニュースを中心に、ピックアップしていきます。

          人気ブログランキングへ

・ Wikipedia「バクラヴァ」にて、紹介されています。
・ カナダ、バンクーバーの日本語情報雑誌「Oops!」にて、紹介されました。
  http://www.oopsweb.com/2007/focus/new/1b1.htm (ウェブ版)

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- | --:-- | スポンサー広告
中国、北京五輪メインスタジアムの芝生を閉会式当夜に切り取る
国家の威信をかけたオリンピックが終わったら、芝生はさっさと剥ぎ取って、切り取って、販売しちゃえ…   って、まぁ、、「らしい」お話ですけどね。

ニュースによると、

「2008年12月3日、北京オリンピックのメインスタジアムとなった国家体育場「鳥の巣」に敷かれた芝生が、記念グッズとして販売された。芝生はオリンピック閉会式当夜、状態の良好なものが切り分けられ、保存されていた。ケースに入れられている芝生は3cmほどに切り分けられ、脱水・防腐処理が施されている。芝生には土もついており、標本のようなものに仕上がっている。」

…のだそうで、流石は「枯れた芝生を緑ペンキで塗装して「緑化運動です」とのたまうお国」だけはあります。


3日、北京オリンピックのメインスタジアムとなった「鳥の巣」に敷かれた芝生が保存加工され、記念グッズとして販売された。芝生の大きさは3cmで土もついた状態。 by Record China


なお、この「芝生」と共に、「聖火の模型」もコレクターズグッズとして販売されるそうです。しかし、この模型…メインスタジアムとなった「鳥の巣」の建築資材で作られているそうで、まさか、スタジアム本体まで解体…??との疑念がよぎるのですが、これって、「余った建築資材」を有効利用したグッズ、ですよね?? そう思いたいです。 もし、スタジアム本体から取り外した資材で作っていて、もし、また「鳥の巣」が国家体育場として使用される日が来たなら、、私はスタンドで応援する勇気はないです。。 



<北京五輪>メインスタジアムの芝生、記念グッズ販売始まる
北京オリンピックのメインスタジアムとなった国家体育場
「鳥の巣」に敷かれた芝生が
headlines.yahoo.co.jp
2008.12.05 | 07:49 | 世界の痛いニュース | Comment (0) Trackback (0)
<<アムステルダム市、飾り窓閉鎖のついでにコーヒーショップも閉鎖 | ホーム | 日本で初めての列福式、ペトロ岐部、中浦ジュリアンら188名が福者に!>>
コメント














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://valvane.blog17.fc2.com/tb.php/1064-e9fab267
| ホーム |

  • SEO
  • loading
  • From VALVANE
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。