旅する人のニュースサイト From VALVANE にようこそ!
どんな国を、旅してみたいですか…? From VALVANEでは、海外旅行をされる方がもっと旅を楽しめるよう、旅の情報を集めるお手伝いをしたいと思います。

旅を楽しむために、大切なこと…。
海外旅行を楽しむためには、もちろん観光地の見どころや宿泊施設、航空チケットについての情報も大切ですが、From VALVANEでは何より「安全であること」が大切であると考えています。 トルコ、カボチャの種取りを手伝う姉弟。安心出来てこそ、旅は楽しめるものですからね。そしてその上で、「その国、その地域の歴史や文化、習慣について」もっと理解を深めることが出来たら…。旅はもっと楽しくなると思いませんか?
そのためにFrom VALVANEでは、旅行先の安全性やお国柄などが良く現れていると思われるニュースを中心に、ピックアップしていきます。

          人気ブログランキングへ

・ Wikipedia「バクラヴァ」にて、紹介されています。
・ カナダ、バンクーバーの日本語情報雑誌「Oops!」にて、紹介されました。
  http://www.oopsweb.com/2007/focus/new/1b1.htm (ウェブ版)

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- | --:-- | スポンサー広告
宇治田原「弘法の井戸」にマナーの悪い取水客
宇治田原町高尾・弘法の井戸 by 京都新聞京都府宇治田原町高尾地区の「弘法の井戸」。この井戸は昔、通りがかった弘法大師が、住民に親切にされたお礼に霊験を発揮、清水がわき出したとされ、以来、住民が野菜を冷やしたり、風呂水に使ったりしてきました。その「弘法の井戸」が10年ほど前、新聞などで「おいしい水」として取り上げられてからは、近隣地域の方だけではなく、大阪などの遠方からも訪れるようになったとのことです。ただし、一部にはマナーの悪い方もいて、

一度にポリタンク10杯分も汲んでいったり、を洗ったり… 
連れてきた犬が、井戸のそばにフンを落としていったり… 

…するそうで、迷惑しているそうです。「水は誰が汲みに来てもいいが、マナーは守って欲しい」。 ものすごく基本的な、当然のことですね。水は誰のものでもなく、みんなのものかもしれませんが、しかし敢えて誰のものかと言えば、地域住民の方のものです。そのことを忘れて傍若無人に振舞う方には、遠慮していただきたいものですね。

…と、「弘法の井戸」ではありませんが、たまたま家の近くに造り酒屋があって、そこの井戸水を頂戴しに行っている私は思いました。ここでも、たまに見かけるんですよね。ポリタンクをいくつも持ってやって来られる、仕事着の方。。後ろに人がずらっ・・・と並んでいるの、ご存じないのでしょうか? そんなに、ご家族が多い?

まぁ、「多いんです!」と言われればそれまでですが、…レストランの中には、どこそこの水を使用しています、汲みに行っています、と書かれているところもあって、、そういうのを見ると、複雑な気分になります。わざわざ、おいしい水を汲みに行って、それでお料理してくれているんだな、と思う一方で、善意で分け与えてくれているもので「商売をしている」のだと思うと、ちょっと…。難しいですね。



洗車、水浴び…マナーの悪さに悲鳴 宇治田原「弘法の井戸」
弘法大師にまつわる伝説で知られる京都府宇治田原町
高尾地区の「弘法の井戸」
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20081114-00000032-kyt-l26
2008.11.19 | 20:23 | 世界の観光地・遺跡ニュース | Comment (0) Trackback (0)
<<穴あきカンタス航空機、整備場で別のカンタス航空機に衝突 | ホーム | 太陽王ルイ14世所有の青ダイヤは、「呪いのホープダイヤ」だった…?!>>
コメント














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://valvane.blog17.fc2.com/tb.php/1060-d0d81650
| ホーム |

  • SEO
  • loading
  • From VALVANE
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。