旅する人のニュースサイト From VALVANE にようこそ!
どんな国を、旅してみたいですか…? From VALVANEでは、海外旅行をされる方がもっと旅を楽しめるよう、旅の情報を集めるお手伝いをしたいと思います。

旅を楽しむために、大切なこと…。
海外旅行を楽しむためには、もちろん観光地の見どころや宿泊施設、航空チケットについての情報も大切ですが、From VALVANEでは何より「安全であること」が大切であると考えています。 トルコ、カボチャの種取りを手伝う姉弟。安心出来てこそ、旅は楽しめるものですからね。そしてその上で、「その国、その地域の歴史や文化、習慣について」もっと理解を深めることが出来たら…。旅はもっと楽しくなると思いませんか?
そのためにFrom VALVANEでは、旅行先の安全性やお国柄などが良く現れていると思われるニュースを中心に、ピックアップしていきます。

          人気ブログランキングへ

・ Wikipedia「バクラヴァ」にて、紹介されています。
・ カナダ、バンクーバーの日本語情報雑誌「Oops!」にて、紹介されました。
  http://www.oopsweb.com/2007/focus/new/1b1.htm (ウェブ版)

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- | --:-- | スポンサー広告
これ、な~んだ?vol.2
本日の旅写真は、イギリス・ロンドンから。ロンドンと言えば悪名高きロンドン塔ですが、それはまたの機会に譲るとしまして、、そのすぐ近くを流れる、テムズ河沿いを歩いてみました。それでちょっと見つけたのがこれですが、…ちょっと遠くてわかりにくいですね。ズームアップしてみましょう♪
あ、これを撮影したのは Chelsea Physic Garden の近くですが、ロンドンブリッジ近くのテムズ河沿いに、いくつも見られます。

           テムズ河の街灯1



はい、ズームアップしてみました♪ この街灯、何かが巻きついてますねぇ。
なんでしょう、これ? まだちょっと遠いようです。

           テムズ河の街灯2


と言うわけで、また別の日にも機会がありましたので(けっこう気に入っている?)、もう少し別の角度から撮ってみました♪ 
どうでしょう?   …ブレブレですが;; ヾ(・・;)ォィォィ

   …って、あれ?(・_・")?

   …ひょっとして!! Σ( ̄□ ̄;; 

------------------------------- (おことわり) --------------------------------------
※ 突然ながら只今より、このネタは「ハロウィン・ネタ」と化してしまったようです。心臓が弱い方は
   あらかじめ、罹りつけの医師とご相談の上、ご覧いただきました方がよろしいかと思われます。
------------------------------------------------------------------- (以上) -------
おおう?! これ、ですか?! 

でも、なんかちょっと恐いんですけど…;;

  
          
           テムズ河の街灯3




…ロンドン塔に程近いせいか、、夜だからか、、

      そもそもここは魔都ロンドンであるし…、

      なぁんとなく、いくつものが映っているように見えるのは

      『ご愛嬌』ってことで、どうぞおひとつ!! (爆) 
 
                (気のせいだといいのですけど。 …ダメ?)




恐怖の都・ロンドン
スティーブ・ジョーンズ著 / 友成 純一訳
筑摩書房 (1997.5)
通常2-3日以内に発送します。


     猟奇殺人、幽霊、処刑、売春、疫病、怪事件など、血染めの都・ロンドンへようこそ。勇気のある方は
      本書を片手にロンドンへ。そうでない方は家でくつろぎながらロンドンの暗い世界へと旅立って下さい。

     目次より ≫ 理髪師スウィーニー・トッド --人肉パイの仕出し屋
               疫病 --死は花盛り
               べスナルグリーン --ポルターガイストと地下鉄の悲劇
               イーストエンドの生活と売春 --1ペニーで酔っ払い、2ペンスで死ぬ
               処刑 --木から吊るしておいた方がいいのは、ベーコンだけではない
               浴槽の花嫁 --そしてまた、次の妻も…
2005.10.26 | 06:01 | What's this?(・_・")? | Comment (10) Trackback (1)
<<続々法案可決! | ホーム | 新型インフルエンザ発生間近 (BlogPet)>>
コメント
気のせいではなく・・・
なんか写ってますねぇ。v-12
外国人の初老男性らいしきお顔が・・・(滝汗)
これしか分からないのですが、他にも写ってますか?
by:ななみ | URL | 2005.10.26 11:39 [編集] |
ななみさんへ
コメントありがとうございます♪(こんな記事なのに;;)v-404
やっぱり、、カオに見えますよねぇ;;
私もこの記事書くまでは気が付いてなくて、書いてる途中で「うん?」…と思ったんです。
私は写真からだけではよくわからないのですが、…少なくとも4名くらいは見えるかな、、と。

この写真につきましては1週間程度はこのままにして、それ以降は見たい方だけ
クリックしてもらったら、写真ページに飛ぶようにでもしようと思います。。v-476
by:ガナッシュ | URL | 2005.10.26 13:24 [編集] |
午前中。。。
こちらに遊びにこようと思ってブックマークをクリックするけど、ダメでv-12
今、大丈夫になりました。。。
怪奇現象!?v-399
by:SuuSuu | URL | 2005.10.26 18:40 [編集] |
SuuSuuさんへ
それはどちらかと言うと、「FC2の怪v-38」のような気がしますねぇ…。(;^_^A
私も気になっているんですが、これ、ひょっとすると「勢力拡大中v-40」かもしれません…!!

全部のサーバーのブログにコメントしてないので、確かではありませんが、普通は(?)
「たまにコメントが反映されない」と言うものですが、今日第28サーバーの方のところに
お邪魔したところ、「コメントが投稿出来ないようになっているみたいです」とありました。
「反映されないことがあるってだけじゃないの~?」と思って投稿してみたんですが、
…ホントに何度やっても出来ませんでした。v-405

ちなみに、そのFC2ユーザーが使っているのが第○サーバーか…というのは、アドレスを
見ればわかります。
私は http://valvane.blog17.fc2.com/ なので、第17サーバーです。

って、サーバーのせいにしておきました。
by:ガナッシュ | URL | 2005.10.26 22:21 [編集] |
ひえ~~~~~(涙)
私、ロンドン塔のすぐ近くに住んでたことがあるんですけど・・・・。e-263
私にも何か見えますが・・・1人はホントにくっきりと。v-406
夜に1人では見たくないけど、それまで気づかなかった写真にいきなり何かが見えた時の恐怖もイヤですよね(汗)。

うちは19サーバーですね。
うちのとこはコメント、大丈夫のようですが真夜中にいきなりコメント書けなくなったりするとか・・・!
by:日本カモシカ | URL | 2005.10.26 23:04 [編集] |
日本カモシカさんへ
いらっしゃいませ、本場イギリスではもうすぐですね!って、今は日本滞在中ですね。
ダイヤルアップで大変なのに、、来てくださってありがとうございます。v-280

日本カモシカさん、ロンドン塔の近くに住まれてたんですか~?!
それじゃあ、ベテランじゃないですか!!
アン・ブーリンとか、、お見かけになりませんでした?(^_^;)
イギリスは【出る】ことで有名なパブとかありますし、もし体験されてましたらお聞かせください♪

私は霊感は強い方ですが、今まで特に恐い体験をしたことはないです。
下手に関わって厄介事を抱えるのはイヤなので、わざわざ避けて通っているクチです。
心霊写真はあまりないのですが、…ネットでアップする機会が増えてから、拡大された
写真とかを見て「…あっ!」ということが増えました;;
やはり、、このテの才能もあったみたいです。v-393
この写真も、例えば右下の隅っこのは、はっきり見えませんか?
イギリスの幽霊さんって、人口は多いみたいですが凶悪な方は少ないみたいで、、
そこのところに期待したいです。
by:ガナッシュ | URL | 2005.10.27 02:07 [編集] |
こわ~
ガナッシュさん、こんにちは!
川沿いにこんなのがあったんですか~、これ、すっごく怖いですね…v-12
写真からも何かを感じます…(なーんて)
また面白い写真楽しみにしています♪
by:Xiromaki | URL | 2005.10.27 17:07 [編集] |
Xiromakiさんへ
恐いですよね…;;
夜撮ったし、下手に横のライトに照らされているし、ブレているから、
恐さ倍増していますね。v-12

面白写真、まだもうちょっとありますので、またたまにアップしていきますね♪
by:ガナッシュ | URL | 2005.10.27 20:52 [編集] |
ルーマニアよりはじめまして。
ハンガリーのきちさんのところからお邪魔しました。

厳しい顔のお魚さんですね、ホント、
叫んでいそう、、、

紹介されているロンドンの本もちょっと興味深いです。
るーマニァと言えばドラキュラなのですが、先日 旅行者の方が
とあるドラキュラの本を下さいまして、その舞台がロンドンなんです、
う~ん、ロンドン謎が多いのか!?
by:go2rumania | URL | 2005.10.29 05:34 [編集] |
ようこそgo2rumaniaさん♪
私も何度かお邪魔したことがあるのですが、読み逃げしちゃってます;;
ごめんなさい;;v-286

ロンドンですが、あの時代のロンドンはどんな怪奇小説のネタにされても不思議ではない
くらい、怪奇事件に満ちていましたからね~、ひょっとすると大元のブラム・ストーカー
が見た夢(これが小説「ドラキュラ」の基になったらしいですね)も、当時のこうした事件が
背景にあるのかもしれません。
有名な「切り裂きジャック」、「魔女狩り」、「ペスト大流行」なども全て、この時代のもの
ですからね~;;

こちらの本の紹介で挙げた「目次」ですが、これはほんの一部です。この本にはもっともっと
たくさんの事件が紹介されていますので、ぜひ一度お読みになってみてください。
イギリスというかロンドンに対する世界観(?)が広がること、請け合いです。(笑)
また、後に紹介しようと思っていたのですが、続編の『鍵穴から覗いたロンドン』もおすすめです。
こちらは「怪奇事件」ではなく、ただ当時の世俗習慣、文化的背景についてまとめられた
ものですが、こちらも大変興味深いものばかりです。

あ、そうそう、go2rumaniaさんがおっしゃっている「ロンドンが舞台の話」って、なんですか?
検索したところでは『ドラキュラ紀元』というパロディーものの小説があるそうで、それも
面白そうですね。
http://www02.so-net.ne.jp/~muraji/kakuu/d-kigen.htm
http://www.na.rim.or.jp/~majio/blist/books/book4.html
あと、こんな本もありました。
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4130830252/250-8224292-7755439
by:ガナッシュ | URL | 2005.10.29 13:33 [編集] |














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://valvane.blog17.fc2.com/tb.php/104-eff1fa84
テムズ川のほとりで(イギリス)
イギリス、ロンドン――。金融市場として、また流行の発信都市として、世界から注目を集めるイギリスの首都だが、一方で「幽霊と言えば、ロンドン。」と言われるくらい、目撃件数の多さと質で、ダントツのトップを誇る都市でも

Blair Witch -心霊写真の森- | 2006.10.28 |

| ホーム |

  • SEO
  • loading
  • From VALVANE
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。